F1より遙かに軽い500kg台の超軽量マシン! 公道を走れることに違和感しかない「BAC MONO」って何もの? (1/2ページ)

F1より遙かに軽い500kg台の超軽量マシン! 公道を走れることに違和感しかない「BAC MONO」って何もの?

この記事をまとめると

■イギリスのBAC社のMONOは行動を走れるフォーミュラカーのようなクルマ

■540kgという車重に対して332馬力の直4を搭載しウエイトパワーレシオは1.62kg/ps

■並み居るスーパースポーツカーに勝るとも劣らないパフォーマンスを有している

コスワース製直4を搭載する車両重量540kgの超軽量マシン

 フォーミュラカーで公道を走りたい欲求、誰しもあるかと思います。なにしろF3000に無理やりナンバー付けちゃった人もいるくらいですけど、そこまで苦労や無茶をせずとも、今ならいいマシンがあります。

 イギリス、リバプールのBAC社(Briggs Automotive Company)がリリースしている、こちらのMONOは、ご覧のとおりひとり乗り(モノシート)で、フォーミュラカーにアウタースキンをかぶせたようなスタイリングに、名チューナー「コスワース」がチューンナップしたフォード製4気筒ターボエンジンを搭載。540kgという車重に対し、332馬力と言いますから、ウエイトパワーレシオは1.62kg/psと驚くべき数値。

【関連記事】オペルも「なかなかヤルね」な1台! 日本でも売られたオープンスポーツ「スピードスター」の正体とは

BAC MONOのフロントスタイリング画像はこちら

 ちなみに、似たようなコンセプトでKTMからはクロスボウというふたり乗り公道フォーミュラみたいなマシンもありますが、こちらは790kgで240馬力ですから3.29kg/psといささかパンチに欠けているようです(そうはいっても、走ったらめっさ速いことは確実です)。

 それにしても、気合が入ったマシンだといろいろ調べてみると、なるほどハンパないマシンになるわけだと納得。つまりは、「フォーミュラカーを公道で乗りたい欲求」の塊みたいな兄弟によって作られたマシンということが判明した次第。

BAC MONOとブリッグス兄弟兄弟画像はこちら

 ニールとイアンのブリッグス兄弟は、幼いころから父親の影響でレース間近で育ってきたようです。長じて、イアンはメルセデス・ベンツやポルシェのデザイン部門、ニールはフォードのエンジニアとしてフォーカスRSなどホットなマシンの開発者に。また、兄弟はドイツの名レーサー、フランク・イェリンスキーとの出会いがMONO開発の原動力になったとも述べています。イェリンスキーは、若いふたりにF2やF3といったシングルシーターのレース、経験について教えてくれたそうですから、さぞかしワクワク&ゾクゾクしたに違いありません。

 その後、BACを興した兄弟は2011年にドイツで開催されたRetro Classic ShowにMONOのコンセプトモデルを出品。ジュネーブのモーターショーとかぶっていただけに「数少ない友人と家族だけ」しか来ないと思っていた兄弟は、1500人ものマスコミ、観客に囲まれ「最初の1台」を売ることに成功。

BAC MONOのコンセプトモデルのリヤスタイリング画像はこちら

 水面下、というかバックヤードビルダー的に開発を進めていたふたりにとって、これは感動的なスタートだったようです。

画像ギャラリー


新着情報