新車時よりスゴイ「911」に再生して送り出す! いま世界のポルシェファンが熱視線を送る「シンガー」って何? (1/2ページ)

noteで書く
新車時よりスゴイ「911」に再生して送り出す! いま世界のポルシェファンが熱視線を送る「シンガー」って何?

この記事をまとめると

■ポルシェ911のレストモッドで注目される「シンガー・デザイン・ビークル(SDV)」

■SDV初の量産車となるDLSは75台限定で約2億円、すでに完売

■ターボのスタディモデルをグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードでお披露目予定

964ベースとは思えないほどのクオリティの仕上がり

 ポルシェファンならずとも、シンガーの名を冠した911が話題になっているのはご承知のとおり。これは、ロブ・ディキンソンという英国人が2009年に南カリフォルニアで始めた「シンガー・ビークル・デザイン(SVD)」という会社によるレストモッドモデル。これまで数々の空冷911がSVDによってレストア、そしてモディファイされて路上に送り出されてきました。

 ベースとなった空冷911はほとんどが964タイプで、いずれもナロー911風のボディにオーバーフェンダーやダックテール、あるいはライトウェイトモデルの始祖911R風プレクシグラスをリヤフードに用いるなどクラシカルかつ、レーシーなルックスが特徴。なお、シンガーを見わけるポイントとして(例外あり)簡単なのはワイパーの設置方法が993のように2本がセンターに寄り添っているところがあげられます。

【関連記事】「ボクサーエンジン」と「180度V型エンジン」は別もの! 水平対向エンジンの識別は「クランクシャフト」にあった

シンガー・ポルシェのフロントスタイリング画像はこちら

 また、SVDはコスワースやウィリアムズといった外部チューナーにエンジンチューンを委託し、3.6リッターから4リッターまでさまざまなステージのエンジンをラインアップ。もちろん、シャシーもハイパフォーマンスにマッチしたもので、フロントサスをダブルウイッシュボーンに換装したり、カーボンローターをブレーキに用いたり、まさに金に糸目をつけないカスタムが目白押し!

シンガーがウィリアムズにオーダーしたエンジン画像はこちら

 さらに、ポルシェマニアを唸らせたのが高品質なインテリアのフィニッシュ。顧客のオーダーを反映しながらも、ポルシェの文法を巧みにモダナイズする手法はシンガーの名を高めた大きなファクターといえるでしょう。

シンガー・ポルシェのインテリア画像はこちら

 そもそも、このセンスにあふれたSVDの創始者であり、CEOを務めるディキンソン氏の経歴からして特筆に値する人物です。18歳からコヴェントリーでアート、デザインを学んだ後はかのロータスでピーター・スティーブンス、サイモン・コックスといった今をときめくカーデザイナーと一緒に仕事をしたかと思うと、突如のジョブチェンジ。故郷のグレート・ヤーマスでシュゲイザーバンド「キャサリン・ホイール」を結成し、ギタリストやボーカルとして活躍したのでした。

 やがて、10年間のバンド活動にピリオドを打つと、ソロアルバムの制作を目的に渡米。南カリフォルニアに本拠を構えることに。

シンガー・デザイン・ビークルのCEOのロバート・ディキンソン氏画像はこちら

 このキャリアから、社名に「Singer(歌手)」とつけたかというとさにあらず。会社創立前にディキンソン氏が友人のバーヴィル氏と相談した際、ポルシェの名エンジニアたるノルベルト・ジンガー(Norbert Singer:956/962や911GT1などポルシェのレーシングカー開発で超有名)にちなみ、「ノルベルト」はどうかと打診されたのです。が、ディキンソン氏はこれをあっさり却下。理由は「ノルベルトは気に入らない。シンガーならアリ」とのこと。もちろん、自身のキャリアとの整合性もあったのでしょうが、いかにもポルシェフリークな氏らしいネーミングではありますね。

noteで書く

画像ギャラリー


新着情報