アルファロメオの「常識」を覆す「怪物」! 異端児「アルファロメオSZ&RZ」の衝撃的な姿 (1/2ページ)

アルファロメオの「常識」を覆す「怪物」! 異端児「アルファロメオSZ&RZ」の衝撃的な姿

この記事をまとめると

■アルファロメオは1989年のパリサロンで公開した「ES30」を「SZ」として発売した

■ザガートの名が与えられたが、関係性はフロントに同社のエンブレムが掲げられるのみ

■約1000台を販売したSZに続き、オープンモデルのRZも約230台が販売された

毒気の強いスタイリングで「モンスター」と呼ばれたSZ

 あれは1989年秋に開催されたパリサロンでのこと。そのザガート・ブースで「ES30」とネーミングされたコンセプトカーが発表されたときの衝撃を、オレはいまでも忘れることはできない。

 それは近い将来、アルファロメオのプロダクションモデルとしてデビューを飾るのだろうという期待が半分。それにしても奇抜にすぎるスタイルが、それまでのアルファロメオと何の関連性も持たないところに、ただのショーモデルかと一抹の不安を覚えたのが半分。そしてなぜかこのクルマの、毒の強い姿に惹きつけられて、その場をなかなか立ち去れない。ES30とのファーストコンタクトはこんなものだったと記憶している。

 ES30、すなわち「エクスペリメンタル・スポーツカー・3.0L」を意味していたこのコンセプトカーは、見事にこの年のパリサロンで主役のひとつとなった。最終的にその好意的な反響から、アルファロメオ、いや実質的にフィアットはES30の量産化を決定。フィアットのチェントロ・スティーレ(デザイン・センター)で、マリオ・マイオーリ率いるチームが、そのスタイリングのリニューアルを行った。

【関連記事】優等生に飽きた人に禁断の果実! 一度ハマったら抜けられない「イタフラ」のオススメ中古車4選

アルファロメオSZのフロントスタイリング画像はこちら

 新たな車名は「SZ」。それはもちろんスプリント・ザガートの意であるが、過去のジュリエッタSZと何ら歴史的な関連性があるわけではない。ザガートとの関係も、フロントに同社のエンブレムが掲げられるのみだ。

アルファロメオSZのザガートエンブレム画像はこちら

画像ギャラリー


新着情報