原宿にポール・スミス(本人)降臨! コラボMINI2台を前にマシンガントークショー (1/2ページ)

原宿にポール・スミス(本人)降臨! コラボMINI2台を前にマシンガントークショー

この記事をまとめると

■MINIとポール・スミスのコラボで2台のワンオフカーを制作

■東京の原宿にて期間限定で展示

■イベントに先立ちメディア向けにポール・スミス氏のトークイベントが行われた

約20年ぶりの再コラボ!

 ポール・スミスと聞いて、洋服やバッグを思い浮かべたアナタ! 極々一般的な知識をお持ちです。もしクルマがいの一番に浮かんだら、相当重度な自動車マニアといえるでしょう。

 そんなポール・スミスさんが来日するイベントがあると聞いて、いてもたってもいられなかった私。じつはその名を聞くと、ファッションもクルマも同時に浮かぶので、ちょっと変わったタイプなのかもしれません。当然自動車メディアの編集を仕事として選ぶぐらいですから、クルマは大好き。そしてかつては、財布もバッグもポール・スミス、もうちょっとおカタイ前職時代は通勤スーツもシューズもポール・スミスと、かなりこのブランドにハマっていたんです。

 それはさておき、今回のポール・スミスさんが登場するイベントは、自動車ブランドのMINIが主催したもの。

【関連記事】グッチ・エルメス・ヴェルサーチ! どっちが主役かわからない一流ファッションブランドとのコラボ車の中身

MINI×Paulsmithのイベント会場画像はこちら

 念のために説明しておくと、ポール・スミスさんは、1970年代から同名のブランドを展開する英国のファッションデザイナー。極東に住むしがないサラリーマンの私ですらファンになるぐらい、世界的に有名なブランドに成長させた、超有名人です。

ポール・スミスさん画像はこちら

 一方自動車のMINIは、もともと英国ブランドのクルマ。BMC(ブリティッシュ・モーター・コーポレーション)が1950年代から販売していて、その姿と名前はクルマ好きならずとも「オシャレカー」としてけっこう知られ、女性ファンも多いモデルです。2001年からMINIはBMW傘下のブランドとして、ある意味まったく別モノのクルマになるのですが、デザインイメージをシッカリ踏襲することで、ファンが離れるどころか増えている印象。クルマ好きはBMCのモデルをオリジナルミニとかオールドミニとか呼び、BMWになったあとのMINIをBMWミニなんて呼んだりしますが、まぁそんなのはマニアの話で、一般の人にとって、MINIと名が付いていればどちらでもいいでしょう!

 じつはポール・スミスさんとMINIは1990年代にコラボし、ただでさえファッションアイコン的なルックスをもつMINIを、さらにオシャレに加飾した特別モデルを登場させているのです。ある意味、そもそもが世界的なファッションデザイナーのお眼鏡に適うようなオシャレなクルマじゃなきゃ、コラボできなかった可能性はありますね。あとは英国繋がりなんてのも影響していたのかもしれません。

1998年に登場したポール・スミスとのコラボミニ画像はこちら

 さて、前置きが長くなりましたが、今回のイベントとは、再びポール・スミスとMINIがコラボし、新たに2台のワンオフカーを作り上げ、それを公開するという内容です。

 平日の午前中だというのに若きファッションモンスターたちがこれ見よがしに闊歩する街、東京は原宿にあるイベント会場に入ると、すでに2台のMINIがスタンバイ。そのうちの1台、青い「MINI Recharged」のほうは、いわゆるオリジナルMINIです。

2台のミニ画像はこちら

 一体どんな仕様なのか……なんて思って眺めていると、写真でしか見たことがないポール・スミスさんが降臨! 軽い紹介を挟み、BMWグループのMINIデザイン部門責任者のオリバー・ハイルマーさんとのトークセッションがスタートです。このメディア向けイベントは、基本このふたりのトークがすべて。

ポール・スミスさんとオリバー・ハイルマーさん画像はこちら

 クルマにしてもファッションにしてもデザイナーというと、浮世離れした気難し屋のイメージ(完全な私の偏見ですね!)。ところがオリバーさんとポールさんのトークは、じつは台本ナシじゃないの? ってぐらいの、一流芸人のフリートークのよう。英語で繰り広げられる掛け合いを同時通訳でレシーバーを通して日本語で聞くわけですが、さぞかし通訳さんは苦労されたことでしょう。日本語ネイティブな私が、イヤホンから流れる日本語で追うのもやっとなほどの、ユニークなマシンガントークでした。デザイナーさんてもしかしたら、気さくな陽キャ的人種が多いのでしょうか?

トークセッションのイメージ画像はこちら

 そのトークによれば、BMWからポール・スミスさんに1本の電話があり、

「またコラボしようよ!」

「だったら単にデコレーションするんじゃなく、それ以上のこともできるよね。BMWがテーマとするサステナビリティとか」

「OK!」

 といった感じでプロジェクトが進んだようです。ちなみに、コロナ禍ということもあり、一度ミュンヘンに行っただけで、あとは「魔法」がやってくれてクルマが完成したのだとか。

画像ギャラリー


新着情報