【試乗】日本で乗れないのが悲しすぎる! アメリカで試乗した「マツダCX-50」は理想的なSUVだった (1/2ページ)

【試乗】日本で乗れないのが悲しすぎる! アメリカで試乗した「マツダCX-50」は理想的なSUVだった

この記事をまとめると

■マツダのスモール商品群を今後リードしていく存在となるCX-50に山崎元裕さんが試乗した

■マツダCX-50の走りはコーナリングでの安定感が印象的で、安心してペダルを踏み込んでいける

■CX-50はマツダの未来を感じさせるモデルにあい上がっており、日本導入予定がないのが残念だ

スモール商品群なれどサイズはラージ商品群の末っ子くらい立派

 マツダの商品戦略が、これからますます魅力的なものになっていきそうだ。そのような確信にも近い印象を受けたのは、昨2021年の11月に縦置きエンジンを前提とした、新たな「ラージ商品群」のプランを発表したときだった。

 すでに発売されたCX-60に続き、これから続々と誕生するだろうCX-70、CX-80、CX-90といったニューモデルの数々。そしてラージ商品群があれば、もちろん「スモール商品群」もマツダの商品戦略には存在するわけで、こちらはエンジンの横置き搭載が前提。その最新モデルともいえるCX-50を、カリフォルニアの地でドライブすることができた。

【関連記事】カローラクロスとCX-50を同じ工場で生産!? プラットフォームもパワートレインも共有してないのにトヨタとマツダが北米で合弁工場を設立したワケ

マツダCX-50のリヤスタイリング画像はこちら

 CX-50のボディサイズは、全長×全幅×全高で4720×2050(左右のミラーを含む)×1623mm。ホイールベースは2814mmという数字で、一見このCX-50もラージ商品群の末っ子なのかと思わせる堂々たる数字だ。

マツダCX-50のサイドビュー画像はこちら

 しかし、エンジンルームを覗き込めば、そこには確かに横向きに搭載された2488ccの直列4気筒ターボエンジン、すなわちマツダ自慢のSKYACTIV-G 2.5エンジンが目に飛び込んでくる。

マツダSKYACTIV-G2.5エンジン画像はこちら

 ちなみにこのCX-50には、ノンターボとターボの2タイプが設定されているが、試乗車として用意されたのは最高出力で256馬力/5000rpm、最大トルクでは434Nm/2500rpmを誇る後者のほう。これに6速ATを組み合わせ、4WDの駆動方式を採用しているのが大まかな構成となる。

画像ギャラリー


新着情報