愛車をぶつけて自宅車庫を壊した! 修理を自動車保険で……は不可能だった (1/2ページ)

愛車をぶつけて自宅車庫を壊した! 修理を自動車保険で……は不可能だった

この記事をまとめると

■自宅の塀や車庫に自分のクルマをぶつけてしまった場合の自動車保険の取り扱いを解説

■自動車保険の対物賠償は他人の物に対して有効なので、自宅の場合は補償対象外となる

■車両保険に加入していた場合は車の修理費は補償されるが、やはり自宅は補償対象外

自動車保険の対物賠償は自分の物には適用されない

 年齢を重ね、自宅に帰ってきてからの駐車に神経を使うようになった。クルマの衝突安全性能が高まることにより、クルマの周囲を自分の目で確認するのが難しくなっている。代わりに、カメラやセンサーなどで障害物などとの接近を確認できる装置が備わるようになったが、それでも、画像やセンサー情報から、クルマの四隅の状況を認識するのに時間を要したり、実感しにくかったりするからだ。

【関連記事】駐車場が付いてない! 1時間1200円!? 地方出身者には衝撃の「東京の駐車場事情」と安く停める裏技

クルマのバックカメラ画像はこちら

 しかしそれは、年齢だけではなく運転に不慣れな人も感じることかもしれない。画像やセンサーの情報を、頭の中で解釈する作業が必要だからだ。

 そのようなことから、自宅の車庫や塀などにクルマをぶつけてしまう懸念がないわけではない。その場合、自動車保険はどのような補償になっているのか。

 自動車保険には、対物賠償といって損害を与えた物の修理などに支払われる保険がある。だが、それは他人の物であることが前提で、自分の物への補償はされない。

自動車保険の契約内容画像はこちら

 車両保険に加入していれば、自損事故と呼ばれる補償もあるが、これは自分のクルマの修理に関わる補償なので、クルマをぶつけて壊れた自宅の車庫や塀まで保証してくれるわけではない。

 じつは自宅の物への補償は、自動車保険の対象になっていないのである。

画像ギャラリー


新着情報