964型911に設定されていた紫色の復活で昭和オヤジが歓喜! ポルシェ718ボクスター/718ケイマン「スタイルエディション」を発表 (1/2ページ)

964型911に設定されていた紫色の復活で昭和オヤジが歓喜! ポルシェ718ボクスター/718ケイマン「スタイルエディション」を発表

この記事をまとめると

■ポルシェ718ボクスター/718ケイマンに設定された新モデル「スタイルエディション」を発表

■外装色に964型ポルシェ911に採用されていた紫色を新たに設定

■内装はブラックレザーを基調にしたことで落ち着いた印象を与える

紫のボディカラーが懐かしい718シリーズの新モデル

 ポルシェのスポーツカーのエントリーモデル「718ボクスター/718ケイマン」。最大の特徴は、駆動方式をミッドシップにしたことで、兄貴分の911とはまた違った乗り味ながら、ポルシェらしい高い走行性能を実現していること。走りにこだわったスポーツカーのお手本として人気のモデルだ。

 そんなポルシェ718ボクスター/718ケイマンに新たなモデル「スタイルエディション」が発表され、受注を開始した。

【関連記事】【試乗】旋回加速度は驚異の1.5G! 地上の戦闘機「ポルシェ911GT3RS」をシルバーストーンで全開走行

ポルシェ718ボクスター/718ケイマン「スタイルエディション」の走行写真画像はこちら

「スタイルエディション」最大の特徴は、964型ポルシェ911カレラRSに設定されていた紫のボディカラー「ルビーストーンレッド」を現代的に解釈し直した特別色「ルビースターネオ」を設定していることだ。当時の911を知っている人には懐かしさを感じさせるモデルと言えるだろう。

 特別なのは外装色だけでなく、それ以外にも識別できる特徴は多い。

ポルシェ718ボクスター「スタイルエディション」の「ルビースターネオ」画像はこちら

 外装では、ホイールカバーにポルシェカラークレストをあしらった20インチの718スパイダーホイールやブラックのスポーツテールパイプ、リヤのハイグロスシルバーのポルシェロゴが標準モデルとの違いを演出。

ポルシェ718ボクスター「スタイルエディション」の20インチ718スパイダーホイール画像はこちら

 さらに、718ボクスターにはエンボス加工された「Boxster」のロゴがソフトトップに施される。

ポルシェ718ボクスター「スタイルエディション」のソフトトップ画像はこちら

画像ギャラリー


新着情報