いつ押せばいい? 押すとどうなる? 間違って押したら?? いま急増中のクルマのSOSコールの中身 (1/2ページ)

いつ押せばいい? 押すとどうなる? 間違って押したら?? いま急増中のクルマのSOSコールの中身

この記事をまとめると

■近年、クルマに装着されているSOSコールボタン

■実際にどんな使われ方をしているのか、実例を挙げて紹介

■位置情報を共有してくれるのがヘルプネットの最大の利点

SOSコールを使用したことがある人は少ない

 現行モデルの多くに装備されているSOSコール。正式名称はヘルプネットと呼ばれるサービスですが、実際にこのサービスを使用したことがあるという人は少ないはず。ヘルプネットとはどんなものなのかをおさらいするとともに、実例や間違えて押してしまった時の対処法などを紹介。

そもそもヘルプネットとは?

 世間的にはSOSコールで知られているヘルプネットは、株式会社日本緊急通報サービスが提供しているサービス。緊急時に携帯電話通信網を使用し、位置情報や車両情報、センサー情報をデータとしてオペレーションセンターに送信すると同時に通報を受け付けるというシステムになっている。ヘルプネット搭載車はSOSコールのイメージのようにボタンを押して通報することも可能だが、事故発生時に衝撃やエアバックの作動などを検知して自動で通報してくれるのもヘルプネットサービスの特徴と言える。

【関連記事】【ちょっとしたトラブルでも押していい? 】今流行のクルマのSOSコールを使っていいケースとだめなケース

日産自動車のヘルプネットの仕組み画像はこちら

実例

 もしものことが起こらない限り使用しないヘルプネット。そのため、実際に役に立っているのか具体的なイメージが湧かないかもしれないが、役立った事例もしっかりとある。

 たとえば現在話題となっている煽り運転を受けた場合。ボタンを押してヘルプネットに通報すると共に、警察に繋げてもらい警察と待ち合わせることで難を逃れた例などがある。ほかにも路地から飛び出してきた車両と事故を起こしてしまった時に、ヘルプネットに連絡して警察に通報。場所が分からなくてもヘルプネットに通報するタイミングで自動的に位置情報も送られるので、オペレーターが場所を把握しており、初めての土地でのアクシデントでも安心できたそうだ。

煽り運転のイメージ写真画像はこちら

画像ギャラリー


新着情報