MKタクシーが超高級SUV「マイバッハGLS」を導入! 驚きの豪華っぷりを紹介する!! (1/2ページ)

この記事をまとめると

■MKタクシーがマイバッハGLSを使ったハイヤーを導入した

■マイバッハは元々飛行船のエンジンなどを手掛けていた

■今では世界のセレブ達が愛用するプレミアムブランドとしての地位を確立している

マイバッハってそもそもどんなブランド?

 2024年4月、東京など全国の主要都市で運行するMKタクシーが、超プレミアムブランド「マイバッハ」初のSUVであるマイバッハGLSを、タクシー/ハイヤーとして導入したと発表しました。ビジネスでの特別なゲストや大切な人と過ごす時間に、究極の快適さと洗練された上質さを備えた移動体験を提供したい、ということだそうですが、いったいどんなタクシー/ハイヤーなのだろうと興味津々な人も多いのではないでしょうか?

 そもそもマイバッハとは、現在はメルセデス・ベンツのハイブランド「メルセデス・マイバッハ」として世界中のVIPたちに愛されていますが、若いころから優秀な技術者であったヴィルヘルム・マイバッハによってドイツで創立されたブランドです。その才能を見出したのが自動車エンジンの父、ゴットリープ・ダイムラー。マイバッハはダイムラーの右腕として内燃機関の開発に力を注ぎ、その性能は高く評価されていました。

 ダイムラー亡きあとに独立し、当初は巨大飛行船LZ127、通称“ツェッペリン”のエンジン製造を担っていましたが、第一次世界大戦後にドイツでは航空機の製造が禁じられたため、自動車開発に踏み出します。そして1921年に最初のモデル「マイバッハW3」を発表。これが大いに評価され、ドイツ車初のV12気筒エンジン搭載車を発売するなど、プレミアムブランドとしての地位を確立していったのです。

 ところが戦後のドイツは経済的に疲弊しており、経営は厳しく1960年にダイムラーベンツによって買収されます。紆余曲折を経て、マイバッハが華々しく復活を遂げたのは、1997年の東京モーターショーでした。「メルセデス・ベンツ マイバッハコンセプト」が世界初披露されたのです。

 これはSクラスをベースに、全長6mを超える巨体に6リッターのV12気筒エンジンを搭載し、ダイムラー・ベンツをして「ホイールのあるラウンジ」といわしめる豪華さとなっていました。その5年後の2002年には、「57」「62」という最先端の超プレミアムセダンを発表。その発表会ではなんと、豪華客船として知られるクイーンエリザベス2号から車両をヘリコプターで吊り上げ、発表会場まで運んでくるという前代未聞の演出が度肝を抜いたそうです。

 ところが、このモデルの販売は芳しくなく、生産終了を余儀なくされてしまいます。しばらく沈黙のときが流れていましたが、2015年に再びメルセデス・マイバッハSクラスとして復活を遂げました。100年を超える歴史あるマイバッハのDNAがしっかりと注がれた高級車としての誇りと、メルセデスが追求する高い安全性が惜しげもなく投入された超プレミアムなモデルたちが、続々と登場しています。


まるも亜希子 MARUMO AKIKO

カーライフ・ジャーナリスト/2023-2024日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員

愛車
MINIクロスオーバー/スズキ・ジムニー
趣味
サプライズ、読書、ホームパーティ、神社仏閣めぐり
好きな有名人
松田聖子、原田マハ、チョコレートプラネット

新着情報