車内にもち込みたくないからってリヤワイパーに愛犬の排泄物を入れたコンビニ袋……は違反! どう処理すべきかプロの愛犬家に聞いてみた (1/2ページ)

この記事をまとめると

■愛犬の排泄物を袋などに入れてクルマの外に吊るすユーザーがたまにいる

■車体になにかをぶら下げていること自体が道路交通法違反となる

■出発前に排泄物の処理をする場所やグッズを用意しておくことが大切だ

ペットの排泄物はクルマの外にぶら下げてもOK?

 今年のゴールデンウイークも各地の高速道路、高速道路を下りたリゾート地に向かう一般道で大渋滞が発生。ノロノロ運転だけに、前のクルマの後ろ姿を眺めつつ走るわけだが、そこで気になったのが、愛犬とドライブしているクルマのリヤワイパーなどに引っかけられた袋。それはもちろん、愛犬の排泄物を入れて、ぶら下げているのだ。車内に置くと臭うから……というのが、飼い主の主張だろう。

 が、それは道路交通法違反になる。そもそも車体になにかをぶら下げていること自体が道路交通法違反であり、道路交通法第55条に「乗車若しくは積載のために設備された場所以外の場所に積載して車両を運転してはならない」とある。

 というより、そもそも、排泄物をぶら下げて走っていること自体、カッコ悪いし、もし万が一、風圧で飛ばされたりしたら、後続車に大迷惑。突然の飛来物に驚いて運転を誤り、事故を招く危険性もある!! こちらも、道路交通法で「道路において進行中の車両等から物件を投げること(飛ばすこと)」が禁止されているのである(道路交通法 第76条第4項第5号)。磁石でボディにくっつくペット用品の「うんちボックス」も、厳密に言えば「乗車若しくは積載のために設備された場所以外の場所に積載して車両を運転してはならない」に引っかかるだろう。

 では、ドライブ途中に愛犬が排泄したとき、どうすればいいのだろうか。モータージャーナリスト兼、ドッグライフプロデューサーでもある筆者からすれば、まずは愛犬をどこで排泄させるべきか、から考えるべきだと思っている。

 つまり、ドライブ出発前に排泄を済ませておくのが基本で、現在、ジャックラッセルのララとキャバリアのアーモンドと暮らし、しょっちゅう愛犬同伴のドライブ旅行(仕事の撮影を含む)に出かけているわが家がどうしているかと言えば、ドライブ途中では、高速道路のSA/PAなどでドッグランと「うんちボックス」がある場所で愛犬をリフレッシュのためにも散歩させ、排泄させることにしている。そうすれば、排泄物を車内(車外!?)に持ち込むことは避けられるのだ。つまり、ドライブプランニングで、どこで安全快適に愛犬が排泄させられるかを、あらかじめ決めておくべきなのである。


青山尚暉 AOYAMA NAOKI

2023-2024日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員

愛車
フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアント
趣味
スニーカー、バッグ、帽子の蒐集、車内の計測
好きな有名人
Yuming

新着情報