• TOP > コラム

「コラム」の記事一覧

【コラム】新大阪駅で繰り広げられるスズキvsダイハツの展示バトル

展示プロモーション活動に見るクルマ好きへの提案の重要性  1カ月に1度か2度の大阪出張があり、いつも新幹線を利用している。羽田〜伊丹空港を使うと、トータルで40-50分程度速いのだが、飛行機は待ち時間が長く、歩く距離も長...

続きを読む...

タクシードライバーがお客としてはいけない「NGの話題」とは?

うっかり話すと大トラブルになることも  新人ドライバー研修のときには、自動ドアの開閉練習やタクシーメーターの迅速な操作などの実務的なもののほかに、心構えのような座学も用意されている。そこで「乗客との会話で話題にしてはいけ…

続きを読む...

【ル・マン決勝直前プレイバック】5年ぶりにル・マンに復活したR33 GT-R LMに起きた悲劇

レーサーの本能がチームの指示を忘れさせた  佐藤琢磨選手の優勝で盛り上がった第101回インディ500マイルレースに続き、今度は第85回ル・マン24時間レースが開催される。  日本からも、1973年のシグマ・オートモーティ...

続きを読む...

メーカー選手権のヒーローたち【アルファ・ロメオ Tipo33】

戦前の夢を再現すべく2リッターV8エンジンを専用開発  イタリアを代表する自動車メーカーとして、戦前はグランプリレースやスポーツカーレースで縦横無尽の活躍を見せていたアルファ・ロメオ。第二次大戦後、GTAやGTAmによっ...

続きを読む...

【マリオ高野が実体験で語る】苦しい自動車ローンが男を磨く!

ローン地獄は数々の幸せをもたらしてくれた  クルマが若者にとってなくてはならない必須アイテムだった昭和の時代、ワカモノたちは欲しいクルマを手に入れるためならローン地獄に陥ることを厭わず、クルマ以外のすべてを犠牲にしてでも…

続きを読む...

佐藤琢磨インディ500優勝の陰にスポッターのロジャー安川の活躍あり!

元インディカードライバーのロジャー安川と二人三脚で掴んだ栄誉  6月7日新聞主要紙の朝刊の全面広告に、日本人としてインディ500初優勝の佐藤琢磨選手を称える広告が載った。提供はホンダ。エンジン供給メーカーだから不思議では...

続きを読む...

【スポーツカー乗り女子の提言】女子こそスポーツカーに乗るべき

自分の新しい一面と出会えること請けあい  仕事や子育て家事とせわしない毎日を送るそんなストレス社会で生きる現代の女性達に乗って欲しいクルマがある。それは「スポーツカー」だ! 女性が所有するクルマでもっとも少ない車種だと思…

続きを読む...

【美人自動車評論家】吉田由美のレッドブルエアレース観戦記 室屋選手母国2連覇!

決勝はペナルティなしの冷静なアタックで勝利をもぎ取った!  6月3日に続いてレッドブルエアレース千葉大会決勝取材へ行ってきました。昨年に続き2年連続2日間の取材です。もちろんお目当ては日本人パイロット室屋義秀選手。  昨...

続きを読む...

【美人自動車評論家】吉田由美の「零戦」飛行に想う平和への願い

「レッドブルエアレースで日本人にとって特別な飛行機」  今年も「レッドブルエアレース」にやってきました。  そして今年もなんだかんだ言って2days。しかも幕張まで通い。今年は室屋義秀選手が前戦のレースで優勝し、去年もこ...

続きを読む...

【今さら聞けない】ブリスターフェンダーって何?

明確な定義はないが標準仕様に対して膨らんでいるものを指す  スポーツカーの定番装備のひとつがブリスターフェンダー。最近ではスポーツカー自体が減っているので昔ほどは使われないが、一部のクルマには採用されている。フェンダーの…

続きを読む...

【美人自動車評論家】吉田由美の「わたくし愛車買っちゃいました!」その22

誰もが知らないうちに技術の恩恵を受けている旭化成の隠れた凄さ 「旭化成」とEVメーカー「GLM」が異色(?)のコラボレーションで開発したコンセプトカー、その名も「AKXY」(アクシー)。名前の由来は「Asahi Kase...

続きを読む...

懐かしの戦略! ユーノスやアンフィニなどマツダ5チャンネル体制とは

販売力をアップさせる目的で各メーカーが多チャンネル化を進めた  日本のメーカーでは、そのメーカーの販売網をより強固なものにするために販売チャンネルを複数用意していた時代があった。  現代ではトヨタがその手法を残すのみ(ト.…

続きを読む...

1 / 2912345...1020...最後 »