「コラム」の記事一覧 - 107ページ目

ひと足早く春が来る房総の道の駅は廃校利用の「保田小学校」!

生まれ変わったユニークな学校に行ってみよう!  日本全国のアチコチで小学校や中学校が廃校になっている。出身者にとっては、懐かしい少年少女時代の思い出が壊されるようで悲しい事象だ。2015年12月11日に、千葉県に誕生した...

続きを読む...

WRCに挑んだ意外とも思えるラリーカー達

あんなクルマやこんなクルマもラリーカー!?  マシンが淘汰されていくのは競技の宿命、と言ってしまえばそれまでだが、ラリーの頂上イベントである世界ラリー選手権(WRC)に参戦するマシンは(その時々の)レギュレーションに則っ...

続きを読む...

混迷に惑わされた日本のル・マン・チャレンジャー(トヨタ/日産/ドーム/マツダ)

ル・マンの熱気、再び日本でも  1990年代の混迷の時期を過ぎると、スポーツカーレースは、ある一点に向けて収束していった。いつの時代にもスポーツカーレースのトップ“ブランド”となっているル・マン24時間レース…正確には、...

続きを読む...

懐かしいグループ4前夜のラリーカー(1961-1982年)[ランチア/フィアット/ルノー]

前輪駆動や後輪駆動とラリー必勝のセオリーはカオスだったころ  FIAが統括する世界ラリー選手権(WRC)は1973年に始まったが、もちろんラリー競技自体はそれ以前から開催されていた。そして、そこに挑戦していたラリーカーは...

続きを読む...

【物申す】仏教徒もキリスト者も交通ルールを守って!

大好評フェルディナント・ヤマグチ「新春毒舌」の始まりです!  あけましておめでとうございます。  編集部とは週一ペースで原稿を入れる約束をしているのですが、諸般の事情ですっかり間が空いてしまいました。今年は約束をキッチリ.…

続きを読む...

脱オヤジクルマ宣言! セダンの人気を奪ったクルマ達

技術の進歩で多様化進む用途に合わせて選ぶ時代  多種多様なジャンルが増え、どんどん影が薄くなっているのがセダンだ。昔は市販車からレーシングカーまでセダンばかりだった。昨今では往年の名車も名前が消えていく一方。日本の自動車…

続きを読む...

スポーツカー選手権はメーカー参入で狂乱時代(1968-1975)[アルファ・ロメオ/ポルシェ/フェラーリ/ルノー]

1968年からプロトタイプは3リッター以下、スポーツカーは5リッター以下に新規定  1953年に始まった世界スポーツカー選手権は、その後何度かシリーズ名を変更。さらにテクニカル&スポーツ両面から規則の変更を重ねて...

続きを読む...

熱狂のシルエットフォーミュラ時代(1976-1981)

クルマ少年の憧れだったグループ5レースはわずか5年で終了  第一次のオイルショックなどの影響からメーカーの活動が制限されるようになり。結果的に衰退していったメーカー選手権にテコ入れしようと、FIAは1976年のメーカー選...

続きを読む...

国沢光宏が2016年の自動車業界を天気予報形式で解説![北米編]

2016年の北米地方は全体的に曇り気味でしょう!?  リーマンショック後、厳しい状況が続いている北米各車。少しずつ少しずつ少しずつ好転してはいるが、各社とも天候不順が続いている。では、北米編を予報しよう。 〈GM〉  2...

続きを読む...

日本中を沸かせた日産のスーパーシルエット

日本のスーパーシルエットマシンの代表作!  1975年までオープントップのグループ6=プロトタイプ・スポーツで争われていたスポーツカー世界選手権は、翌76年からはグループ5=シルエットフォーミュラで争われることになった。...

続きを読む...

WRCで活躍した精鋭の2WDマシン(1973-1982)

2輪駆動全盛期にWRCに挑んだチャレンジャー  ドライバーの世界一を決めるF1GPと、クルマの世界一を決めるスポーツカー世界選手権(WSC)は、ともに1950年代序盤に始まっているが、ラリーの世界一を決める世界ラリー選手...

続きを読む...

日本から世界に挑んだF1チャレンジャー

日本のF1文化を語り継ぐレジェンドマシンたち  2015年12月26日(土)から、2016年1月3日まで、冬休みの特集として「モータースポーツ企画」をお届けします。F1からWRCラリー車まで、また年代も問うことなく幅広く...

続きを読む...

ウィークリーランキング