「ランボルギーニ アヴェンタドール」の記事一覧

ランボルギーニ アヴェンタドールに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

偶然なのか本当に似せたのか? 言われるとソレにしか見えなくなる「動物っぽい」クルマ7台

この記事をまとめると ■動物に似ているクルマたちを紹介 ■たまたま似てしまったものもあれば意図的に狙ったデザインもある ■生き物に似ているせいでファンじゃない人からは変な目で見られるモデルも…… あの生き物のそっくりさん...

続きを読む...

「J」はランボルギーニにとって特別な文字! 伝説の「J=イオタ」から続くホットすぎるモデルたち

この記事をまとめると ■ボブ・ウォレスによってたった1台が製作されたランボルギーニ・イオタ ■イオタは売却後に事故で失われ、ランボルギーニでは伝説のクルマとなっている ■イオタを意味する「J」の文字が与えられたランボルギ...

続きを読む...

かつてはフェラーリ圧勝もいまやランボルギーニが僅差に迫る! それでも販売台数の「逆転」がないと言い切れるワケ

この記事をまとめると ■ランボルギーニの2021年世界販売台数は8405台で過去最高セールスを記録した ■フェラーリの世界販売台数は1万1155台でかつてに比べれば販売台数の差は縮まった ■フェラーリのSUVが発売されれ...

続きを読む...

日本車では完全に絶滅! もはや消えるしかない「V12エンジン搭載」の生き残り車を集めてみた

この記事をまとめると ■国産車ではV12エンジンは先代のセンチュリーをもって消滅した ■世界的に見てもEV化が進んでいるのでV12エンジンが消えるのも時間の問題かもしれない ■輸入車メーカーが日本で販売するV12エンジン...

続きを読む...

グッチ・エルメス・ヴェルサーチ! どっちが主役かわからない一流ファッションブランドとのコラボ車の中身

この記事をまとめると ■クルマ業界とファッション業界がコラボしたクルマを紹介 ■ほとんど1台限りのモデルや限定車だが、今でも買えるモデルが存在する ■ブランドとのコラボモデルは高額になりがちだが、中古車だと手頃な場合もあ...

続きを読む...

いま何もかもが絶好調のランボルギーニにも「黒歴史」あり! かつての「やっちまった」モデルたち

この記事をまとめると ■ランボルギーニが2021年に販売した自動車販売台数が同社最多を記録 ■絶好調のランボルギーニであるが、過去には大失敗したモデルが数多くある ■ランボルギーニがかつてリリースした「やっちまった」モデ...

続きを読む...

世界の大メーカーが「反則スレスレ」の本気バトル! なぜ市販車でニュルのタイムを争うのか?

この記事をまとめると ■日本ではニュルのタイムはクルマの高性能ぶりを示すベンチマークとして捉えられている ■ホンダvsルノー以外にもポルシェvsメルセデスAMGなどがタイムを削りあっている ■現在の市販車最速はポルシェで...

続きを読む...

全部「ガルウイング」は間違い! 呼べば確実に「通ぶれる」跳ね上げドアの「正式名称」3つ

この記事をまとめると ■インパクトの大きさからスーパーカーやスポーツカーに採用される跳ね上げ式ドア ■ガルウイングと一緒くたにされる跳ね上げ式にはそれぞれ異なる呼び名がある ■ヒンジの位置によりガルウイング、シザードア、...

続きを読む...

数値が小さくても「運動性能」に優れるわけじゃなかった! クルマ好きが大事にする「パワーウェイトレシオ」の落とし穴

この記事をまとめると ■パワーウェイトレシオは車両重量を最高出力で割ったクルマの性能を示す一つの指標 ■パワーウェイトレシオが優れている方が動力性能も優れているとは限らない ■トルクウェイトレシオに優れるEVだが総合的な...

続きを読む...

限定車ベースの超限定車まであった! 最後の自然吸気V12ランボルギーニ「アヴェンタドール」の「華麗すぎる」特別モデルの世界

この記事をまとめると ■ランボルギーニのフラッグシップであるアヴェンタドールがまもなく生産終了を迎える ■10年以上に渡り生産されたアヴェンタドールには数多くの派生モデルや限定モデルが存在 ■アヴェンタドールは自然吸気の...

続きを読む...

V12エンジンのみで走る最後のランボルギーニ! アヴェンタドールLP780-4 Ultimaeを日本初お披露目

アヴェンタドール10年の歴史のフィナーレを飾る限定モデル  エコや環境問題が声高に叫ばれる昨今、自然吸気の大排気量マルチシリンダーエンジンは絶滅の危機に瀕している。そんな絶滅危惧種なエンジンを持つクルマの1台にランボルギ...

続きを読む...

電動化時代に消えゆく可能性も! 3気筒から16気筒まで各レイアウトの市販車「最強エンジン」を決める

この先味わえなくなる可能性大の珠玉のユニットたち  欧州からは2035年にガソリンエンジン搭載車の新車販売禁止という政策も聞こえてくる今日この頃。内燃機関ファンにとってエンジン車を味わえる時間は思っているよりずっと短いか...

続きを読む...

ポルシェ911が激安に感じる謎現象! 日本でお金を積めば「多分」買える「超〜高額車」ランキングTOP10

お金を積んでも買えないクルマも存在する 車両本体価格が超絶高いクルマといえば、たとえばの話、いささか古いモデルだが「マクラーレン P1」あたりが該当する。なにせ車両本体だけで9661万5000円、世田谷区内の一等地でまあ...

続きを読む...

チラ見だけで目の保養! 置いとくだけで「羨望の眼差し」を向けられるクルマ5選

ファミリーでも乗れるスーパーカーも存在! 「隣の芝は青い」ということわざがあるように、人間のサガというもので、気にしないぞと思っていても、ついつい目がいってしまうものですよね、お隣さんのガレージへ。愛犬のお散歩や、運動不…

続きを読む...

7台限定! 惜しまれつつ生産終了となるランボルギーニ・アヴェンタドールの日本限定モデルが登場

インテリアも個性的なアクセントカラーが施される!  アウトモビリ・ランボルギーニは、フラッグシップであるアヴェンタドールが2021年に生産終了となるため、その集大成となるスペシャルモデル「ジャパン・リミテッドエディション...

続きを読む...

デイリーランキング