「ホンダ NSX」の記事一覧 - 2ページ目

ホンダ NSXに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

日本の2大スーパースポーツが真逆の事態! NSXは終わるのにGT-Rが存続できるワケ

この記事をまとめると ■NSXが約6年で販売終了となる一方で、GT-Rは14年という長きに渡って販売を継続 ■NSXは2000万円近くの高額になり、運転を楽しむためだけに使える人は限りがある ■GT-Rは車内で会話を楽し...

続きを読む...

新時代のフラッグシップの開発は継続! NSXタイプSのマーケティング担当を直撃取材した

この記事をまとめると ◼︎NSXタイプSのマーケティング担当者にインタビュー ◼︎ホンダは次世代のフラッグシップスポーツカーの研究、開発を引き続き進めていく ◼︎多くの人に「NSXタイプS」を見てもらえるよう、展示イベン...

続きを読む...

最後にして最強のNSX! 開発責任者に「タイプS」の「中身」と「想い」を直撃した

この記事をまとめると ■あらゆるシーンでスーパーカーを体感してほしいという想いから「タイプS」となった ■パーツなどの製造の問題から350台という設定になった ■限定色は日本に限定10台の展開 ホンダ史上最高峰のスポーツ...

続きを読む...

日本のホンダファン軽視が原因? 「2代目NSX」が初代のような「伝説の名車」になれず短命に終わったワケ

この記事をまとめると ■2代目ホンダNSXが生産終了せざるを得なくなった理由をまとめた記事である。 ■2022年12月で生産終了するNSXだが、今から新車を購入することはほぼ不可能である。 ■日本のホンダファン、NSXフ...

続きを読む...

消えるNSXの最後を飾るのが「タイプR」じゃなくて「タイプS」? じつは日本とは違った北米での「タイプS」の扱い!

NSXタイプSはただの特別仕様車ではなくスペシャルなモデル  2代目NSXの最後を飾るモデルとして先日発表された「タイプS」。日本仕様の詳細は明らかになっていないが、北米仕様では新たなエクステリアデザインを採用しただけで...

続きを読む...

2022年12月で2代目NSX販売終了! そして最後のモデルとなるType Sの先行情報を初公開

2代目NSXの最後のモデルは「Type S」として350台を販売  ホンダNSXは、ホンダのクルマづくりにおけるチャレンジ精神の証であり、日常のドライブからワインディング走行、サーキット走行まで、幅広い場面で楽しめるスー...

続きを読む...

ホンダが完全監修! 日本が世界に誇るスーパースポーツを組み立てる「週刊 Honda NSX」が創刊

エンジン音や各種可動部まで再現した1/8のビックスケール!  ホンダが世界に誇るスーパースポーツカーとして世界中で人気の高いNSXが、ハイクオリティかつビッグスケールで組み立てが楽しめるキットを提供し続けているデアゴステ...

続きを読む...

2021年も半分過ぎたがHPには「2020年モデルの販売は終了しました」の文字! ホンダNSXは今どうなっている?

日本を代表するスーパースポーツとして君臨する  日産GT-Rと肩を並べる日本を代表するスーパースポーツであるホンダNSX。初代モデルは日産R32型スカイラインGT-Rが登場した翌年となる1990年に登場し、当時の国産スポ...

続きを読む...

ファンはいたのに現実は厳しかった! 「法規制」の強化で「存続」できなかった名車7台

環境意識の高まりとともに排ガス規制が厳しくなった  ミッドシップとなる専用のプラットフォームを使い、軽自動車ながら動力性能以外はスポーツカーとして見ても本物感にあふれていたホンダS660の来年3月での生産終了が発表され、...

続きを読む...

やっぱり「赤バッジ」熱烈希望! 2代目ホンダNSXにタイプRが設定されない理由

すでにミッドシップスーパースポーツとして高い次元にある  ホンダのレーシングスピリットを市販車において具現化した「タイプR」。その原初のモデルは、1992年11月に発売された初代NSX(NA1型)だった。  しかし202...

続きを読む...

最高のスーパーカーNSXのスペックは? 初代から新型モデルまで解説

ハイブリッドシステムを搭載したスーパースポーツモデル  現行モデルとなる2代目NSXは初代が2005年に販売終了してから12年のときを経て、2017年に復活した。2シーターのスポーツカーでありながら3つのモーターを搭載し...

続きを読む...

みんな口を揃えて「いいクルマ」! なのにナゼか「街で見かけない」国産車6選

話題性とともに盛り上がりを見せるモデルも存在するが……  2021年、トヨタ・ヤリス、ライズ、アルファード、ホンダ・フィット、スズキ・ハスラーなど、街中で、郊外で、見かけない日はないぐらい売れている車種と対照的に、素晴ら...

続きを読む...

なんと「色」で70万円も! バイクが買えるほどの「有料ボディカラー」とその採用国産車3台

車両価格からすると誤差の範囲でも高額なカラーも存在!  新車を買おうというときに迷うのがボディカラー。カタログのイメージカラーは似合って見えるし、かといってリセールバリューを考えると無難な色も捨てがたい。はたまた気に入っ…

続きを読む...

いま価格高騰しまくりの王道名車がズラリ! 50代の「青春時代」を彩ったスポーツカー4選

腕を磨いたクルマや憧れを現実にできたモデルも存在!  いま50代の人というと、小中学生のころにスーパーカーブームがあり、運転免許を取得した時期には「走り屋ブーム」があり、そしてドリフトムーブメントにつながっていくといった...

続きを読む...

手のひらサイズの本格派! ザ・ミニカー最新作「ホンダNSX」がアオシマオンラインショップ限定で発売

手ごろな価格ながら専用台座も用意される本格的な仕上げ  青島文化教材社は、同社のSKYNETブランドのザ・ミニカーシリーズの最新作として「1/64 ホンダNSX」をアオシマオンラインショップ限定で発売した。全5色で185...

続きを読む...

デイリーランキング