「ホンダ NSX」の記事一覧

ホンダ NSXに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

悪者は逃走不可! 実際に存在する日本と世界のバカッ速パトカーたち

この記事をまとめると ■通常のパトカーとは違うスポーツカーを使ったパトカーを紹介 ■取り締まりというよりかは、事故防止の抑止力として存在している ■世界に目を向けると数千万円クラスのスーパーカーも採用されている みんなの...

続きを読む...

これぞホンダ魂! 打倒フェラーリで開発された初代NSXはやっぱり珠玉の名車だった

この記事をまとめると ■バブル期にF1にも参戦していたホンダが作ったスーパースポーツがNSX ■総アルミボディにチタンキーなど衝撃的な内容だった ■誕生からの歴史と中身を振り返る 最高のハンドリングを至上命題に開発  日...

続きを読む...

バブル景気と衝撃の崩壊が起こった1990年代! 当時の若者が喉から手が出るほど欲しかったクルマ4台

この記事をまとめると ■1990年代はバブル期もありクルマが飛ぶように売れた ■当時の若者が憧れたクルマをピックアップする ■今なお高い人気を誇り中古車相場が高いクルマも存在 1990年代はクルマがもっとも輝いた時代! ...

続きを読む...

もう二度と誕生しない! リトラクタブルヘッドライトだからこそ成り立った「美し過ぎる」国産車5選

この記事をまとめると ■リトラクタブルライトはスペシャリティカーの象徴だった ■クルマ好きの間では大ブームとなっており今でも人気が高い ■今ではコスト以外に法規的な理由によって作れない スペシャルの象徴だった「リトラクタ...

続きを読む...

レーシングカーの証? 市販車にも付いてるけど何? 「GT3やGT4」の意味

この記事をまとめると ■「GT●」の車名はFIA規定の競技車両カテゴリー公認取得モデルに与えられたもの ■参戦コストの増加で衰退したGT1、GT2に対し、GT3は一定以上の成功を収めている ■近年、車両価格が2000万円...

続きを読む...

名乗らない「隠れミッドシップ」は多かった! 前エンジンの「フロントミッドシップ」の絶大な効果と課題

この記事をまとめると ■フロントミッドシップはエンジンをドライバーの前方にレイアウトする ■フロントアクスルとリヤアクスルの間にエンジンが搭載されていればミッドシップとみなす ■フロントミッドシップは速さを引き出す上では...

続きを読む...

【試乗】最後に手に入れたスーパーハンドリング! 30台限定の「NSXタイプS」が見せた圧巻の操縦性とは

F1黄金期の裏側で密かにNSXの開発が進められていた!  ホンダ青山のショールームでF1が展示されている。記憶に残るのは赤白のマルボロカラーで塗られたマクラーレンホンダだ。このF1参戦はホンダとしては第二期の挑戦だったが...

続きを読む...

ホンダであってホンダにあらず! 日本導入は見送られた北米展開のブランド「アキュラ」とは

この記事をまとめると ■レクサスよりも早くに日本のプレミアムブランドとして立ち上げられた「アキュラ」 ■北米では顧客満足度調査で自動車メーカーとしてアキュラ単独で幾度も1位に輝いている ■過去にはアキュラブランドの日本展...

続きを読む...

「買う人がいない」んじゃなく「売り方」に問題あり! 「売れない」国産スポーツカー3台の抱える問題点

この記事をまとめると ■需要は意外にもあるのにメーカーの熱意が薄いことが売れないひとつの原因 ■価格が競合と比べても中途半端で売れないケースがあるので価格設定も考え直すべき ■限定車は生産台数を決めるのではなく、受注生産...

続きを読む...

日本の2大スーパースポーツが真逆の事態! NSXは終わるのにGT-Rが存続できるワケ

この記事をまとめると ■NSXが約6年で販売終了となる一方で、GT-Rは14年という長きに渡って販売を継続 ■NSXは2000万円近くの高額になり、運転を楽しむためだけに使える人は限りがある ■GT-Rは車内で会話を楽し...

続きを読む...

新時代のフラッグシップの開発は継続! NSXタイプSのマーケティング担当を直撃取材した

この記事をまとめると ◼︎NSXタイプSのマーケティング担当者にインタビュー ◼︎ホンダは次世代のフラッグシップスポーツカーの研究、開発を引き続き進めていく ◼︎多くの人に「NSXタイプS」を見てもらえるよう、展示イベン...

続きを読む...

最後にして最強のNSX! 開発責任者に「タイプS」の「中身」と「想い」を直撃した

この記事をまとめると ■あらゆるシーンでスーパーカーを体感してほしいという想いから「タイプS」となった ■パーツなどの製造の問題から350台という設定になった ■限定色は日本に限定10台の展開 ホンダ史上最高峰のスポーツ...

続きを読む...

日本のホンダファン軽視が原因? 「2代目NSX」が初代のような「伝説の名車」になれず短命に終わったワケ

この記事をまとめると ■2代目ホンダNSXが生産終了せざるを得なくなった理由をまとめた記事である。 ■2022年12月で生産終了するNSXだが、今から新車を購入することはほぼ不可能である。 ■日本のホンダファン、NSXフ...

続きを読む...

消えるNSXの最後を飾るのが「タイプR」じゃなくて「タイプS」? じつは日本とは違った北米での「タイプS」の扱い!

NSXタイプSはただの特別仕様車ではなくスペシャルなモデル  2代目NSXの最後を飾るモデルとして先日発表された「タイプS」。日本仕様の詳細は明らかになっていないが、北米仕様では新たなエクステリアデザインを採用しただけで...

続きを読む...

2022年12月で2代目NSX販売終了! そして最後のモデルとなるType Sの先行情報を初公開

2代目NSXの最後のモデルは「Type S」として350台を販売  ホンダNSXは、ホンダのクルマづくりにおけるチャレンジ精神の証であり、日常のドライブからワインディング走行、サーキット走行まで、幅広い場面で楽しめるスー...

続きを読む...

デイリーランキング