「日産 ブルーバード」の記事一覧

日産 ブルーバードに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

レトロおしゃれな「国産旧車」がたった100万円! 旧車趣味の入口にオススメの50年以上前のクルマ3台

この記事をまとめると ■100万円台から狙える旧車をピックアップ ■現代にはないデザインということもあり、魅力的な作りをしている個体も多い ■旧車なので維持管理にはそれなりの手間と労力がかかることを覚悟する必要がある 旧...

続きを読む...

ロンドンブーツの亮さんのレストア宣言で話題! 旧車界の大人気アイドル「510ブルーバード」ってどんなクルマ?

この記事をまとめると ■人気お笑い芸人「ロンドンブーツ」の田村亮さんが510ブルーバードの所有を告白 ■510ブルーバードとはどんなクルマだったのかを解説 ■旧車の世界では大人気な1台として人気が高い 旧車の大人気車種「...

続きを読む...

なんか「スゴそう」だけど「なんちゃって」もある! 「サメエラフェンダー」が印象的なクルマ3選

この記事をまとめると ■サメエラフェンダーと呼ばれるフェンダーについて解説 ■最近ではフェンダーにダクトがついているものがそう呼ばれる傾向にある ■クルマの愛称になるほど愛されたモデルもある サメエラフェンダーってどんな...

続きを読む...

自動車動物園へようこそ! 全部わかればクルマ界のムツゴロウさん確実な「生き物系」車名&愛称のクルマ19選

この記事をまとめると ■世界中から生き物由来の車名がつけられたクルマを紹介 ■車名とキャラがミスマッチなモデルもあるのがポイントだ ■「クジラ」や「てんとう虫」といった愛称で親しまれているクルマもある 生き物由来の車名が...

続きを読む...

大正時代から繋がる「ダットサン」が消滅の危機! 懐かしのクルマを振り返る

この記事をまとめると ■長い歴史を持つ「ダットサン」ブランドが廃止される予定だ ■1932年に誕生したブランドで、今年で90年目を迎える ■アメリカで浸透したブランドとして、海外でも愛されていた 日産の前身「ダットサン」...

続きを読む...

なんと「シルフィ」がひっそり消えていた! オヤジの青春「ブルーバード」の熱すぎる系譜

この記事をまとめると ■日産の顔だったブルーバードは12代も続いたクルマだった ■13代目にあたるモデルは「シルフィ」と名付けられたが2021年10月に販売終了 ■海外では「セントラ」や「パルサー」としてブルーバードの系...

続きを読む...

理解できなければ凡人? 自動車界のオシャレ番長「ピニンファリーナ」が手がけた意外な日本のクルマ3選

この記事をまとめると ■フェラーリなどを手掛けるピニンファリーナがデザインした日本車を紹介 ■1960年代から日本車に既に関わっていた ■ここで紹介したクルマ以外にも数多く手掛けている 日本車も手掛けた名門ピニンファリー...

続きを読む...

80年代のパワー戦争黄金期はよかったなぁ……昭和オヤジが熱狂した「2リッターターボ」の名エンジン3機

この記事をまとめると ■1980年代はまだ各社が馬力を競っていた時代 ■とくに2リッターターボは各社が開発に力を入れていた ■注目すべき名エンジン3機を紹介する 各社が鎬を削ったターボエンジン全盛期  エコが叫ばれる現在...

続きを読む...

「4WDは悪路用」の常識を一変! 速さのためにフルタイム4WDで武装した80年代の名車5選

この記事をまとめると ■アウディクワトロの登場がきっかけで世界中で4WDが普及した ■昔は国産各社がラリーなどに出ていて成績を残していた ■黎明期に培った技術が今でもメーカーを支えている レースでもWRCでも大活躍した4...

続きを読む...

マニアすらも驚くレアっぷり! しかも安くてイケてる「脱定番」旧車4選

この記事をまとめると ■近年は旧車の価格が急騰している ■すべての旧車が高騰しているわけではないので手頃な価格で狙える旧車もある ■整備や部品の調達などで苦労することも多く、安いからと手を出すと痛い目にあうことも 魅力的...

続きを読む...

「銭ブル」「タコツー」「おばけローレル」! 「遊び心」が全国区になった驚きのクルマの愛称8選

ブサカワ系からイカツイものまで愛称のつくモデルは幅広い  最近ではめっきり見かけなくなったのが、クルマの愛称。ハコスカやダルマなど、車名よりも浸透しているもので、実際仲間内のやり取りでもよく使われたものだ。クルマがそれだ…

続きを読む...

自動車ファンを狂喜乱舞させた「これぞ技術の日産」を感じさせる歴史的名車7選

新たな設計思想や先進的な装備など現代に続く技術も  若い人にはピンと来ないかもしれないが、かつて日産といえば、「技術の日産」がキャッチフレーズだった。  ルノーの傘下になるまでは「プリンス自動車工業」が手掛けていた固体燃.…

続きを読む...

クルマが主役じゃないけど存在感抜群! アニメに登場するモデル3選

名脇役の乗るクルマにもファンは注目している  いつの時代も漫画やアニメの影響力はバカにできないものがある。連載当時ではただの古いスポーティーカーだったAE86を一気にスターダムに押し上げたのも「頭文字D」の影響が多分にあ...

続きを読む...

デイリーランキング