「トヨタ/レクサス エスティマ」の記事一覧

トヨタ/レクサス エスティマに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

2トーンカラーで映え感倍増! 「追加料金」を支払ってでも単色を避けるべきクルマとは

この記事をまとめると ■ツートーンが新車で選べるクルマをピックアップ ■選べるならツートーンを選んだ方が遊び心があり楽しいカーライフになりやすい ■多くの場合は追加料金が必要な場合が多いので注意したい 今、昔流行ったツー...

続きを読む...

2作目は「失敗しがち」なジンクスを打ち破った! 初代を霞ませるレベルで売れた2代目クルマ4台

この記事をまとめると ■2代目が大ヒットしたクルマを紹介 ■初代モデルは尖った性格をしているモデルが多かった ■今でも人気車種の一翼を担っているモデルがある チェンジ精神旺盛な初代があったからこそ名車が生まれた  新型車...

続きを読む...

恐るべき弱肉強食の世界! バカ売れジャンルがゆえに厳しい競争で「消えた」ミニバンたち

この記事をまとめると ◼︎今では絶版となったミニバンをプレイバック ◼︎人気モデルも多く、今でも乗り続けている人が多い ◼︎最終モデルなどは最近まで売っていたのでまだまだ実用に耐える ひとつの時代を作った懐かしいミニバン...

続きを読む...

ターボに比べて日陰の存在! ほぼ絶滅したスーパーチャージャー搭載でヒットを飛ばしたクルマ5選

この記事をまとめると ◼︎スーパーチャージャーを採用したクルマを紹介 ◼︎大きなレイアウト変更が不要だったのでスポーツカーのほか商用車でも重宝された ◼︎80年代〜90年代のクルマに多く採用されていたが今でも生き残ってい...

続きを読む...

やっぱりいまのクルマは「個性がない」! 唯一無二感たっぷりの愛され国産車4台

この記事をまとめると ■今の時代じゃ生まれることのない尖ったクルマを紹介 ■尖りすぎた故に後継車種は出てこなかった ■攻めた内容ではあった、時代を作ったクルマとして今後も語り継がれるだろう チャレンジ精神が生んだとびっき...

続きを読む...

電動車最大のメリットなのにナゼ? 輸入EVやPHVが「外部給電できない」裏にある意識の違い

この記事をまとめると ■欧州メーカーのHVやPHVには外部電源供給装備がほとんど備わっていない ■欧州電動車がここ数年の登場に対し、日本の電動車は20年近くの歴史があり、装備も充実 ■最近の欧州は大規模自然災害が起こって...

続きを読む...

どれがおすすめ? トヨタのミニバン徹底比較

この記事をまとめると ■トヨタはミニバンのラインアップが豊富で現時点で6車種をラインアップ ■それぞれの特徴についてまとめた ■最近販売を終了した中古で買える3モデルの情報も伝える トヨタはミニバンが充実している  世界...

続きを読む...

乗ってるクルマで見る目も変わる! 印象をプラスにもっていく「200万円以下」の中古車5選

上司ウケの高いモデルや使い勝手の高いモデルも!  そろそろ新生活の準備をスタートするころですね。新たな職場や学びの場では、初対面での印象というのがとても大事になると思います。もし、車通勤・通学を予定しているのであれば、ク…

続きを読む...

「乗り替えるクルマがない」と嘆くのは「喰わず嫌い」! 絶版車オーナーが満足できるハズの現行車5台

「らしさ」を彷彿とさせる満足感の高いモデルも存在!  絶版車に乗っているユーザーが今もその絶版車に乗っている理由には、「現行車に代わりになるクルマがないから」ということも大きいかもしれない。その気持ちはよくわかるところも…

続きを読む...

トヨタ・エスティマの歴史と最終モデルの魅力を紹介!

2020年3月をもって販売終了となった  エスティマは1990年から2019年まで生産されたトヨタのミニバン。2度のフルモデルチェンジを経て3代目となった。しかし、残念ながら2020年3月をもって販売を終了。今回はそんな...

続きを読む...

見てもわからない「中身」の衝撃進化! 中古車選びで「要注意」の劇的マイナーチェンジ4選

使い勝手や乗り心地を考慮して改良が施された  現行モデルのマイナーチェンジであれば、比較的、改良の内容が分かりやすいものの、いざ、中古車を選ぶ際、いったいどの時期のクルマがベターであるかは、なかなかわかりにくいと思う。当…

続きを読む...

数多くのモデルが誕生! トヨタ・グランエースへ続くトヨタが生み出したミニバンの歴史を辿る

5ナンバーサイズでスペース効率を求めた商用車から始まった  ワンボックスカーは海外ではほとんど見られず、日本独自のジャンルと言える。その理由は税制にある。自動車税はかつて、排気量とクルマのサイズで決まっていた。5ナンバー...

続きを読む...

イマドキのデートカーは見た目より中身! カップルの愛が深まるミニバン4選

2列目席の快適性やエンターテインメントシステムの充実がポイント  ミニバンは多人数乗用車とも呼ばれるぐらいで、家族や仲間と大人数で移動するためのクルマ、と決めつけてはいけない。カップルの乗車でも、移動中は前席、どこか眺め.…

続きを読む...

マークXにエスティマにキューブも消滅! いまトヨタや日産が車種整理を行うワケ

少子高齢化で縮小する日本市場の変化に対応している  世界的な環境対応だけではなく、トヨタが販売網の再編を進めるなど、日本の自動車業界は大きな変革期となっている。とくに2019年は、ビッグネームのモデルが続々とディスコンと...

続きを読む...

自動車メーカーの狙いは? 生産終了に伴い「ファイナルエディション」という名の特別仕様車が登場するワケ

「これで最後」購入を迷っていたユーザーの背中を押す意味も  東京モーターショー2019で初めて実車が展示されたスバルWRX STIのEJ20ファイナルエディションや、本年度末で生産を終了することがアナウンスされているトヨ...

続きを読む...

デイリーランキング