「トヨタ/レクサス プリウスPHV」の記事一覧

トヨタ/レクサス プリウスPHVに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

今後の選択次第では苦境に立たされる可能性も! トヨタが電動車に「3種の電池」を使う理由

この記事をまとめると ■トヨタはニッケル水素・リチウムイオン・バイポーラ型ニッケル水素の3つの電池を使用 ■加えて全固体電池も鋭意開発中だ ■この先10年でどのバッテリーを使うかの経営判断が先行きを左右する ハイブリッド...

続きを読む...

ひと昔前の家庭のテレビ並! クルマのモニター「デカさ」選手権をしてみたら衝撃だった

この記事をまとめると ■今のセンターディスプレイは8インチ〜10インチ程度のサイズが主流となっている ■スバルのレヴォーグやテスラは縦に大きい縦長モニターを採用している ■48インチというとんでもないサイズのモニターを持...

続きを読む...

電動車最大のメリットなのにナゼ? 輸入EVやPHVが「外部給電できない」裏にある意識の違い

この記事をまとめると ■欧州メーカーのHVやPHVには外部電源供給装備がほとんど備わっていない ■欧州電動車がここ数年の登場に対し、日本の電動車は20年近くの歴史があり、装備も充実 ■最近の欧州は大規模自然災害が起こって...

続きを読む...

いまクルマを買うなら「プラグインハイブリッド」がベストな選択かも! 多数揃った国内外モデルの「買い」とは

この記事をまとめると ■電動化時代のいまプラグインハイブリッド車が注目されている ■国産車、輸入車ともにラインアップを拡充 ■それぞれを比較し、おすすめのモデルを紹介する 国産車、輸入車ともに多彩なラインアップがそろう ...

続きを読む...

急速充電は要る? EVモードの航続距離は? いま注目のプラグインハイブリッドの選び方

日常の買い物ほどの短距離走行では電気だけの走行が可能だ  これからのクルマの主役は電動車であることは間違いない。誤解してほしくないのは、電動車とは、100%電気で(モーターで)走るピュアEVだけを指すのではない。軽自動車...

続きを読む...

人気車に乗りたい! でも人と被るのは嫌! そんな人が選ぶべき「定番車」5台と個性を主張する方法

ファッション性の高さや他とは違う個性的なカラーリングが魅力!  人気車、あるいは街にあふれているようなクルマを購入候補としている場合、できれば人とは違う個性を主張したい……と思うことがあるはずだ。  たとえば、トヨタ・ク...

続きを読む...

デザイン優先の弊害! 機能部品のウインカーやブレーキランプが見えづらいクルマ3選

ブレーキランプとウインカーが離れてレイアウトされるものも  発売開始から最初の1ヶ月で4.5万台もの受注を集めたというトヨタ・ハリアー。そのスタートダッシュは市場から高い評価を受けている証ともいえますが、グッドな評価ばか...

続きを読む...

プリウスが装備充実で安心・安全性を強化! トヨタセーフティセンスや外部給電機能などを標準化

さらに装備を充実させた特別仕様車も設定  トヨタ自動車は、日本を代表するハイブリッドカー「プリウス」ならびに「プリウスPHV」の安全・安心機能を強化し、7月1日より発売した。メーカー希望小売価格(税込み)は、プリウスが2...

続きを読む...

【いま買うならHV? それともPHV?】続々増加中のプラグインハイブリッド買って得する人損する人

PHVはバッテリーが底をついても電欠の心配は無用!  世界中のクルマが今、電動化の道を進んでいる。20××年までにすべてのクルマを電動化する! と宣言している自動車メーカーもあるぐらいなのだから。  では、これから新車を...

続きを読む...

正直売れてない! それでも一度使えばわかる圧倒的な便利装備をもつクルマ6選

フロアの高さやシートの座り心地などにこだわりたっぷり! 1)トヨタ・ポルテ&スペイド (Bピラーレス、300mmフロア、アンブレラホルダー)  助手席側Bピラーレスの大開口スライドドアは子育て世代にとくに便利な乗降機能。...

続きを読む...

トヨタ・プリウスPHVが一部改良で待望の5人乗りに! V2Hにも対応して災害時の活躍も期待

より日常シーンで使いやすいモデルに進化  トヨタは、プラグインハイブリッド車(PHV)の「プリウスPHV」を一部改良して発売した。改良では乗車定員を従来の4人から5人に増やし、ゆとりのある車内空間を作り上げている。メーカ...

続きを読む...

デイリーランキング