「トヨタ/レクサス ルーミー」の記事一覧

トヨタ/レクサス ルーミーに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

ちょっと商品力が……と思ったらまさかの大ヒット! 実力以上に売れまくった国産車6選

この記事をまとめると ■売れなさそうなのに大ヒットしたクルマをピックアップ ■乗り換え需要が高まっている時期にリリースするのがヒットの理由のひとつだ ■使い勝手より見た目重視で成功したモデルもある ジャーナリストは「?」...

続きを読む...

乗降性の良し悪しはボディブローのように効いてくる! Sクラスミニバン&プチバン4台をガチ比較した

この記事をまとめると ■人気ジャンルのSクラスミニバン4台の後席を徹底比較 ■Sクラスミニバンは小さいが故にシートのサイズなども乗降性に大きく関わる ■極端な差がないので走りで選ぶのもアリな車格となっているのも特徴的だ ...

続きを読む...

モデル末期なのに販売ランキング1位の謎! ルーミー爆売れの理由とそれでも販売現場が喜べない裏事情

この記事をまとめると ■トヨタ・ルーミーが2022年4月の通称名販売台数ランキングでトップになった ■ルーミーがトップになった理由は納期の短さと派生モデルの廃止にある ■ただしルーミーのように薄利なモデルばかりを販売して...

続きを読む...

4月の新車販売台数でトヨタ・ルーミーが登録車トップ! 謎の急上昇の裏事情

この記事をまとめると ■2022年4月単月での通称名別販売ランキングが発表された ■ホンダN-BOXに続いて2位となったのは納期が短いトヨタ・ルーミーだった ■現状の販売ランキングはメーカーがいかに生産台数を確保し販売し...

続きを読む...

ヤリスがN-BOXを引き離して圧巻の2連覇! 「トヨタ一強」が鮮明になった2021年の年間新車販売の中身

この記事をまとめると ■2021暦年での年間新車販売台数のトップは2年連続でヤリスだった ■ヤリスは年間を通してヤリスクロスが計上され、フリート販売でも安定して売れた ■年間販売台数のトップ10にトヨタが5台入り「トヨタ...

続きを読む...

いいクルマだからこそ気になる! 人気車5台に潜む「意外な欠点」とは

この記事をまとめると ■売れ筋車種の欠点やデメリットをピックアップ ■乗ってみないとわからないポイントもあるので検討中の人は試乗必須だ ■今の新車にはほぼ必ず付いている装備が無いという場合もあるので要注意 大人気なクルマ...

続きを読む...

強すぎるトヨタの国内販売! そんななかトヨタに唯一勝ったクルマとは?

この記事をまとめると ■トヨタグループで2021年に売れたクルマは、国内メーカーの売り上げの約半分を誇る ■トヨタ一強に思われるが、一部敵わない車種もある ■ただ、総じて見るとほぼトヨタ一強とも言える状況に変わりはない ...

続きを読む...

狭い道もビビる必要なし! 駐車の不安もない! 5ナンバーなのにめちゃめちゃ荷物が積める有能コンパクトカー4選

この記事をまとめると ■5ナンバーでも積載力のあるクルマを紹介 ■3ナンバー車もビックリなくらい荷物が入るクルマもある ■ただし、全高が高いので一部の駐車場には入らない場合も 5ナンバーでもワンランク上の積載能力を持つク...

続きを読む...

同じミニバンなら広いほうがいいに決まってる! 後席まわりを「実測」して広さランキングを決めてみた

この記事をまとめると ■国産ミニバンやトール軽を寸法のプロ(!?)が徹底比較! ■軽自動車でも普通車より広い車内を持つクルマがある ■LLクラスミニバンの車内は圧巻の広さだった 車内の寸法を徹底考察! 広くて快適なクルマ...

続きを読む...

開発時間の短さが奏功! 新しくもない「ルーミー」がいま実質販売1位に君臨する理由とは

姉妹車を廃止し一本化したことで販売台数が大きく伸びた  最近のクルマの売れ行きで、とくに注目されるのがトヨタ・ルーミーだ。2021年1月から5月の小型/普通車新車登録台数を見ると、毎月一貫して1位がトヨタ・ヤリス、2位は...

続きを読む...

いつまで使わない3列席のミニバン乗ってんの? ムダを省く「断捨離」的クルマ選びのススメ

手ごろな価格で買えるトールワゴンは断捨離にオススメ!  わが家も一時そうだったのだが、家族のためにミニバンを所有し、しかし子離れ(結婚、家族の減少など)で家族が減っても、なんとなく多人数乗用車であるミニバンに乗り続けてい…

続きを読む...

成功or失敗? 2020年のマイナーチェンジ車7台の「進化度」と中身を採点!

デザインの進化は見られても機能面で大きな変化はなかったものも 軽自動車 1)ホンダN-BOX(12月)  外観の変更に加え、超音波センサーを追加して駐車時の事故防止性能を高めた。ただしN-WGNやN-ONEが装着する電動...

続きを読む...

大幅値引きに唖然! いま「ルーミー」とそのライバル「ソリオ」が狙い目なワケ

トヨタの全店併売化によって同車種の値引き競争が熾烈を極める  スズキの新型ソリオが登場して、再び脚光を浴びているのがトヨタ・ルーミー。ボディサイズやキャラクターからいけば、ソリオとルーミーはライバルといっても構わないのだ…

続きを読む...

仁義なき兄弟バトルの勝者は? トヨタの「消えた」&「消えゆく」兄弟車6選

今後トヨタからも純粋な兄弟車は登場しないだろう  2000年代以降ディーラー系列(トヨタならカローラ店やネッツ店、日産ならサニー店やプリンス店)がトヨタ以外統合されたため、トヨタ車以外の純粋な兄弟車というのはほとんどなく...

続きを読む...

登録車では圧倒的人気! いまコンパクトカーが「バカ売れ」するワケ

クルマの値上げと所得の伸び悩みがコンパクト人気を押し上げた  日本ではコンパクトな車種の人気が高い。もっとも販売比率が高いのは軽自動車で、新車として売られるクルマの約37%を占める。その次に好調なのがコンパクトカー(5ナ...

続きを読む...

デイリーランキング