4月の新車販売台数でトヨタ・ルーミーが登録車トップ! 謎の急上昇の裏事情 (1/2ページ)

4月の新車販売台数でトヨタ・ルーミーが登録車トップ! 謎の急上昇の裏事情

この記事をまとめると

■2022年4月単月での通称名別販売ランキングが発表された

■ホンダN-BOXに続いて2位となったのは納期が短いトヨタ・ルーミーだった

■現状の販売ランキングはメーカーがいかに生産台数を確保し販売したかの結果となっている

納期が最速クラスのトヨタ・ルーミーが2位に食い込む

 自販連(日本自動車販売協会連合会)から登録車、全軽自協(全国軽自動車協会連合会)から軽自動車、それぞれの2022年4月単月の通称名(車名)別販売ランキングが発表された。例年でも年間で新車総販売台数が極めて少なくなるのが4月なのだが、2022年4月は前年比で85.6%となっており、全体の販売台数が少ない時ならではの興味深い結果となるが、2022年4月も同様の結果となっている。

 軽自動車も含めた(含軽統計)販売ランキングを作成すると、販売トップはホンダN-BOXとなっているが、これはまあお約束といった結果となるが、2位にトヨタ ルーミーが入っている。筆者はコロナ禍となり、そして今日のような納期遅延が半ば社会問題化してきたなかでの販売ランキングの見方のひとつとして、納期に比較的余裕のある車種も上位に入りやすいとしてきたが、ルーミーはまさにその好例といっていいだろう。

【関連記事】開発時間の短さが奏功! 新しくもない「ルーミー」がいま実質販売1位に君臨する理由とは

トヨタ・ルーミーのフロントスタイリング画像はこちら

 本稿執筆時点でトヨタのWEBサイトに掲載されている「工場出荷時期目途」では1~2カ月となっているので、納期としては2~3カ月が目安となる。軽自動車も含め現状では最速に近い納期になっているといえよう。登録車トップの常連となるトヨタ ヤリスは納車時期目途がガソリン車でも4~5カ月なので、納期の目安は5~6カ月となっている。セールススタッフとしても、直近での自分の実績(登録できた時点でカウント)にしたいので、ルーミーにお客を誘導するのは自然の流れだ。それでもヤリスは登録車のみのランキングではルーミーに1000台ほど及ばす2位となっている。

 年度末(2021年3月)登録を狙って受注したルーミーのなかで、3月登録に間に合わなかった分が4月にこぼれたこともあったかもしれない。ちなみにルーミーより納車環境の良い(早い)とされるパッソも3402台を販売し、登録車のみで13位と健闘している。

トヨタ・パッソのフロントスタイリング画像はこちら

 総合ランキングで5位に入っている日産ノートは、前年同期比で142.1%と絶好調にも見えるが、これはノートがルーミーに近いぐらい納期が早めとなっていることが影響しているといえる。ヤリスだけでなく、改良が入る関係でフィットも納期遅延が顕著となり、同クラスコンパクトカーで納車が早いとのことでノートに流れていることも影響しているようだ。

 法規対応のための改良後モデルの生産開始が5月13日(本校執筆時点での予定)となっていたアルファード。4月は当然工場への新規オーダーができないなかで6699台を販売しているのは人気の根強さを物語っている。

トヨタ・アルファードのフロントスタイリング画像はこちら

 11位のトヨタ ライズは、e-SMARTに関しては納期遅延となっているので、ガソリン仕様がかなりの割合で含まれているものと考えられる。

名前:
小林敦志
肩書き:
-
現在の愛車:
2019年式トヨタ・カローラ セダン S
趣味:
乗りバス(路線バスに乗って小旅行すること)
好きな有名人:
渡 哲也(団長)、石原裕次郎(課長) ※故人となりますがいまも大ファンです(西部警察の聖地巡りもひとりで楽しんでおります)

画像ギャラリー


新着情報