「タグ: ガソリンエンジン」の記事一覧

ガソリンエンジンに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

フォルクスワーゲンT-Rocにガソリンエンジンモデルを追加! 安全装備なども充実

オシャレなカラーコディネートにも注目  フォルクスワーゲン グループ ジャパンは、人気クロスオーバーSUV「T-Roc」にガソリンエンジンモデルを追加設定し発売した。全国希望小売価格(税込み)は、TSI Styleが35...

続きを読む...

世界的な電動車の促進には「きな臭い」裏事情が見え隠れ! 日本メーカーの「高効率エンジン」が標的になる可能性も

海外では自動車製造反対といった過激なデモも行われている  菅首相が2050年までに脱炭素社会の実現を表明し、その流れで2030年代前半までにガソリン車の販売禁止を日本政府が進めようとしている。すでにヨーロッパを中心に、日...

続きを読む...

「純ガソリンエンジン車禁止宣言」で「ガソスタ」激減の可能性! ハイブリッド車すら所有は困難に

純ガソリンエンジン車オーナーは維持が難しくなる!?  日本政府として2050年のカーボンニュートラルを目指すという方針を打ち出している現政権ですが、それを先取りするかのように東京都の小池百合子知事が、2030年に東京にお...

続きを読む...

選び方ひとつで「家計」へのダメージが変わる! 生活スタイルから考えるクルマの「パワートレイン」6つ

身近でスタンダードとされながらも進化し続けている  クルマを選ぶ時に、あなたは何を優先するでしょうか? デザインやインテリア、価格や安全装備など、いろんな要素があって悩ましいですよね。どれもこれも全てが理想通りというクル…

続きを読む...

MAZDA3セダンに待望の1.5リッターガソリンエンジン搭載車を追加設定

ファストバックとともに4種類のエンジンが選択可能に  マツダは、スタイリッシュなデザインで人気のMAZDA3のセダンに、スカイアクティブG 1.5ガソリンエンジンモデルを設定し、5月21日より発売した。  MAZDA3は...

続きを読む...

シトロエンC5エアクロスSUVに180馬力のガソリンエンジン仕様を追加し409万円で発売

ディーゼルよりも軽快な走りを楽しむことができる  グループPSAジャパンは、シトロエンブランドのSUV「C5エアクロスSUV」にガソリンエンジン仕様を追加し、4月9日より発売開始した。メーカー希望小売価格(税込み)は、4...

続きを読む...

乗用車でバカ売れしているのになぜ? 国産メーカーがハイブリッドの教習専用車を作らないワケ

もはやハイブリッド車は日常に溶け込んでいる  1997年に初代プリウスが登場して早20年以上。もはやハイブリッド車は特別なものではなく、すっかり日常に溶け込んでいる。車種も軽自動車からミニバン、SUV、スポーツカーに至る...

続きを読む...

リッター40kmは超えられない? 純粋なガソリンエンジン車はどこまで燃費を伸ばせるのか

ハイブリッドのトヨタ・プリウスは40.8km/Lの燃費を実現  国土交通省が年度末に燃費の良いクルマの順位を発表しており、昨年度の結果によるとガソリンエンジンの登録車で1位は、トヨタ/ダイハツのパッソ/ブーンの28km/...

続きを読む...

英仏では2040年にエンジン車の販売を禁止! 純粋なエンジン車にはいつ乗れなくなる?

トヨタは2050年までに対2010年比でCO2排出量を90%削減  ヨーロッパでは、フランスやイギリスの政府が2040年からエンジン車の販売を禁止すると、昨2017年に宣言した。国内でも、たとえばトヨタが2050年までに...

続きを読む...

現行モデルで初のガソリンエンジンを搭載したメルセデス・ベンツV 260 longが登場

ブラック/ホワイト125台ずつ計250台のみの限定販売  メルセデス・ベンツは、大型ミニバンのVクラスに、現行モデルとしては初となるガソリンエンジンを搭載した特別仕様車「V260 long」を設定し、注文を受け付けている...

続きを読む...

ハイブリッド全盛時にエンジンのみで売れている男気全開のクルマ5選

ハイブリッドしか売れないというわけではない  2018年上半期の登録車(軽自動車、輸入車を除く)の販売ランキングにおいてトップになったのは日産ノート、以下トヨタ・アクア、トヨタ・プリウス、日産セレナ、ホンダ・フィットとい...

続きを読む...

ついに日本メーカーも電動化が加速! エンジン車は本当に消えるのか

石油精製を考えればガソリンや軽油はなくならない  欧州に端を発した「EVシフト」の波が収まる様子はない。中国で施行されるNEV(新エネルギー車)法の影響もあり、いまやグローバルに自動車は電動化へと進んでいる。もちろん、初...

続きを読む...

【意外と知らない】エンジンの圧縮比って何?

燃焼室容積と排気量によって決まる  圧縮比というのはエンジンにとって、とても重要なスペックです。ピストンがシリンダーのなかを上下に動きますが、その上限と下限の動きで生れる容積が排気量ということになります。そして上限の時に…

続きを読む...

デイリーランキング