「タグ: クラリティ」の記事一覧

クラリティに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

トヨタ新型ミライがいくら「いいクルマ」でも普及が難しい「水素ステーション建設」という壁!

厳しい建設条件とまだまだ少ない登録台数から増加は厳しいか  トヨタの燃料電池車(FCV)であるMIRAI(ミライ)が、2代目へフルモデルチェンジをする。そのWEBサイトのなかに、「水素ステーション一覧」というコンテンツが...

続きを読む...

世界が電動化へ「まっしぐら」の中なぜ逆行! ホンダが「クラリティ」のEVを生産終了したワケ

クラリティ3兄弟の末弟として北米のみで販売されていた  ホンダから登場した電気自動車「Honda e」が好調だ。もともと年間の販売計画が1000台と控えめなこともあるが、先行予約が始まって早々に同車の公式サイトには『注文...

続きを読む...

ホンダ・クラリティが一部改良を実施! カラー変更で上質感をアップ

ドアミラーをルーフと同色にしイメージチェンジ  ホンダは、燃料電池車「クラリティ フューエルセル」を一部改良した。メーカー希望小売価格(税込み・参考価格)は、783万6400円。  クラリティ フューエルセルは、燃料電池...

続きを読む...

【ムービー】2018-2019日本カー・オブ・ザ・イヤー「イノベーション部門賞」ホンダ・クラリティPHEV受賞インタビュー

クラリティは将来性のある存在  2018-2019日本カー・オブ・ザ・イヤーのイノベーション部門賞に、ホンダ・クラリティPHEVが選ばれた。このイノベーション部門賞は、もっとも先進的な技術をもったクルマに送られる賞となる...

続きを読む...

トヨタ&ホンダがリードする水素FCVの未来に暗雲! 中国製EVが世界を席巻する可能性も

技術云々ではなく実用性を確保できるかが問題  トヨタは、2014年に燃料電池車(FCV)のMIRAIを発表し、政府が進めるFCV導入のロードマップへの責任を果たした。またホンダも、2016年3月にクラリティ・フューエルセ...

続きを読む...

【試乗】走りの完成度高し! ホンダ クラリティPHEV唯一の弱点は価格のみ

EVモードで約100km走行できる足の長さがいい  まずは燃料電池自動車(FCV)のクラリティ フューエルセルとしてデビューしたホンダ クラリティに、新たなラインアップが加わった。2つ目のパワートレインとしてプラグインハ...

続きを読む...

【今さら聞けない】燃料電池って何?

水素と酸素の化学反応で電力を生み出す発電装置  燃料電池というのは、水素と酸素を反応させて水が生成される時に、弾き出される電子を受け取って、それを流す装置です。水の電気分解というのを化学の実験でやりませんでしたか? 食塩…

続きを読む...

EVレース第3戦でミライvsクラリティの燃料電池車ガチ対決!

JAVRA第3戦が初となるツインリンクもてぎで開催  栃木県にあるツインリンクもてぎで、JEVRA(全日本電気自動車グランプリ)シリーズの第3戦が開催された。もてぎでの開催は、このEVレースシリーズ初となる。EVにとって...

続きを読む...

【ワイパー革命】ホンダ・クラリティが採用した驚きのワイパーとは

車両の軽量化にも貢献する画期的な仕組み  燃料電池車であるホンダ・クラリティ フューエルセルには新しいワイパーが採用されている。それがスマートクリアワイパーだ。 ボンネットには、ウォッシャーノズルが存在しない。ワイパー本...

続きを読む...

【燃料電池車】MIRAIとクラリティは無改造で航続距離50km伸びるワケ!?

燃料電池車両の航続距離のカギはタンク容量と許容圧力!  トヨタに遅れること1年4ヶ月、いよいよホンダの燃料電池車亮であるクラリティが発表された。気になるのは、トヨタのMIRAIとホンダのクラリティの航続可能距離の違いだ。...

続きを読む...

ホンダ・クラリティ フューエル セル一号車を経済産業省に納車

FCVと水素ステーションの普及に向けて取り組みを推進  2016年3月17日、東京・霞ヶ関にある経済産業省にホンダ・クラリティ フューエル セルの第一号車が納車された。納車式には、星野剛士 経済産業大臣政務官(中央)とホ...

続きを読む...

デイリーランキング