「タグ: ダウンサイジングターボ」の記事一覧

ダウンサイジングターボに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

2リッター以下は急に「小刻み」! 「1.2」「1.3」「1.4」などエンジン排気量が多数用意されるワケ

世界各国で税制が異なっていることも要因のひとつ  国産、輸入車を問わず、エンジンの総排気量が2.0リッターを超えると500cc刻みで排気量違いを設定していることが多い印象がある。一方で、2.0リッター以下の小排気量エンジ...

続きを読む...

夢のエンジンじゃない? 燃費とパワーを両立した「完璧」に思えるダウンサイジングターボの「限界」とは

燃費を向上しながらターボで出力を補う有難い技術  ますます進むエンジンのダウンサイジング化。小排気量化により燃費を向上し、二酸化炭素排出量を減らしながら、出力はターボ過給で補う。この発想自体は古くからあったが、今日の大繁…

続きを読む...

イマドキのクルマのエンジンオイルは粘度だけじゃダメ! 「規格」をチェックすべき理由とは

APIやILSACはエンジンの進化に合わせて更新される規格  エンジンオイルを選ぶとき、どこに注目しているだろうか? 燃費重視で0W-20のような柔らかいオイルを選ぶという人もいれば、ハードな使い方での安心感につながるよ...

続きを読む...

欧州車では主流のダウンサイジングターボ! 日本車がほとんど採用しないワケ

ダウンサイジングはCO2規制への対応策  ダウンサイジングとは、言葉通り、サイズの縮小化だ。その上で、ダウンサイジングターボとは、エンジン排気量を縮小してターボチャージャーによる過給を行う考え方を指す。  欧州で見られる...

続きを読む...

自動車税にうんざりしたなら小排気量化! ダウンサイジングしても不満のないパワフル現行車7選

ダウンサイジングターボエンジンは節税にもつながる  クルマを所有すると、さまざまな税金がかかる。そのひとつが自動車税で、エンジンの排気量によって税額が異なるのはご存じのとおり。2019年10月以降に新規登録する乗用車は総...

続きを読む...

時代に逆行! 絶滅寸前! それでも小排気量ターボやHVじゃ味わえない大排気量エンジンの魅力

エンジンのダウンサイジング化は今後も加速しそうだ  従来よりも排気量が小さくて燃費や排出ガスを抑え、高効率ターボ過給により出力を補うダウンサイジングターボ。世界の主流エンジンとなってすでに久しく、多段化されたATとの組み...

続きを読む...

かつては大パワーの代償に悪燃費が当たり前! なぜいまのターボはエコなエンジンになったのか?

かつてターボエンジンは燃費が悪いのが常識だった  ターボエンジンが市販車で実用化されたのは、1973年のことだ。ドイツのBMW2002(その後継が現在の3シリーズ)という小型セダンにガソリンターボエンジンが搭載された。ポ...

続きを読む...

ターボは燃費が悪いんじゃなかった? ダウンサイジングターボは本当に効率の良い仕組みなのか

ターボはそもそも本来捨てるエネルギーを利用している  昔ながらのクルマ好きにとって、ターボ=ハイパワーであり、すなわち燃費が悪くなるデバイスというイメージがある人が多いことだろう。しかし、ダウンサイジングターボは省燃費に…

続きを読む...

【試乗】ホンダ新型CR-Vは誰が乗っても満足できる徹底マルチSUV

1.5リッターターボ車には待望の7人乗りも用意  約7年ぶりのフルモデルチェンジで、さらにでっかく、アメリカンなデザインになって帰ってきたホンダ新型CR-V。グローバルでは年間で70万台以上が売れている人気のミドルサイズ...

続きを読む...

流行の小排気量直噴ターボエンジン車に朗報! エンジンを守る最適オイルがSUNOCOから登場

一流レーシングドライバーも認めた高性能を体感 創業130年を超える長い歴史をもつ、世界有数の総合エネルギーメーカー米国SUNOCO(スノコ)社。世界に先駆けて開発・製品化された「冷凍機油」は、水分や不純物を極端に嫌うため...

続きを読む...

世界的に流行のダウンサイジングターボが日本車に少ないワケ

日本の都市環境にはハイブリッドのほうが適している  日本は、1997年にトヨタから世界初のハイブリッド車(HV)プリウスが発売され、HV人気が高まった。それに対し、ことに欧州はエンジンとモーターを併用することに対して慎重...

続きを読む...

「ハイブリッド・ターボ・ディーゼル」同じようなカタログ燃費の場合のパワートレインの選び方とは

それぞれ得意分野が異なるので自分の使用状況で決める  最近は同クラスやクラス違い、なかには同じクルマで「ガソリン、ディーゼル、ハイブリッドといった、パワーユニットは違うんだけど、カタログ燃費に書いてあるJC08モード燃費...

続きを読む...

理想のユニットにならない? ダウンサイジングターボ+ハイブリッドの組み合わせを見かけない理由とは

メルセデス・ベンツが実用化しているが小型車には向かない  ダウンサイジングターボエンジン+ハイブリッドのパワーユニット、じつはすでに存在する。ダイムラーがメルセデス・ベンツS450に搭載したM256という直列6気筒エンジ...

続きを読む...

人気のダウンサイジングターボとハイブリッド、費用面お得なのはドッチ?

市街地主体なら燃費の点ではハイブリッドが断然有利になる  国産車では圧倒的人気のハイブリッド、そして欧州車に多いダウンサイジングターボ。どちらも燃費を重視したクルマではあるものの、走り、燃費性能のキャラクターはけっこう異…

続きを読む...

【試乗】新型VWティグアンはボディ拡大でも運転はラク!

1クラス以上車格が上に感じられる堂々たるデザイン  対峙した瞬間「これはいい」。そんなクルマはなかなか少ない。今回試乗するフォルクスワーゲンの小型SUV「ティグアン」はそのレアなケースだ。対峙した瞬間ということはすなわち...

続きを読む...

1 / 212

デイリーランキング