自動車税にうんざりしたなら小排気量化! ダウンサイジングしても不満のないパワフル現行車7選 (1/2ページ)

自動車税にうんざりしたなら小排気量化! ダウンサイジングしても不満のないパワフル現行車7選

ダウンサイジングターボエンジンは節税にもつながる

 クルマを所有すると、さまざまな税金がかかる。そのひとつが自動車税で、エンジンの排気量によって税額が異なるのはご存じのとおり。2019年10月以降に新規登録する乗用車は総排気量(軽自動車は別、以下同/エコカー減税適用前)1リッター以下で2万5000円、1リッター超え1.5リッター以下が3万500円、1.5リッター超え2リッター以下が3万6000円、2リッター超え2.5リッター以下が4万3500円、2.5リッター超え3リッター以下が5万円~となった。

小排気量でもパワフルなクルマ

 以前より安くなったとはいえ、クルマの所有にかかわる税金をなるべく安く抑えたいと思うのは誰も同じだ。そんな悩みに応えてくれるのが、時代の潮流でもあるダウンサイジング(ターボ)エンジン搭載車である。エンジンの排気量を小さくして、ターボを付加することで、排気量以上のパフォーマンスを発揮してくれるエンジンは、たとえば1.4リッターエンジン+ターボで、それこそ最高出力170馬力、最大トルク25.5kg-mという、NAガソリンエンジンで言えば2.5リッター級のスペックを発揮していたりする。

 今回のテーマのポイントはここからで、しかし、エンジンそのものの排気量はあくまで1.4リッターなので、自動車税は1リッター超え1.5リッター以下の3万500円で済むというわけだ。もし、同じようなスペックを2.5リッターNAガソリンエンジンで得ようとしたら、自動車税は2リッター超え2.5リッター以下のゾーンに入り、4万3500円になってしまう。ダウンサイジングターボエンジンは、軽量化や燃費性能に貢献するだけでなく、日本においては自動車税の節税にもなるパワーユニットなのである。

 さて、ここでは、小排気量のダウンサイジングエンジンでも、上記のように、排気量を大きく超えたパフォーマンス、速さを楽しませてくれる国産、輸入車を紹介したい。

1)スズキ・スイフトスポーツ

 国産車の代表格がと言えば、まずはスズキ・スイフトスポーツを挙げずにはいられない。その走行性能は欧州ホットハッチを彷彿させるパフォーマンス、走りの質感の持ち主で、パワーユニットは1371ccのダウンサイジングターボエンジン。スペックは140馬力、23.4kg-mというもの。

小排気量でもパワフルなクルマ

 最高出力自体、それほど驚くほどの数値ではないものの、車重が6速MTで970kg、6速ATで990kgと軽量だから、まさに弾丸コンパクトと呼べるスポーティーなパフォーマンス、速さを発揮してくれるのだ。それで、自動車税は1リッター超え1.5リッター以下の3万500円で済むのである。

小排気量でもパワフルなクルマ

2)トヨタ・カローラスポーツ

 次に紹介する自動車税優遇車(!?)は、ガソリン車のダウンサイジング度が強いカローラスポーツだ。スイフトスポーツ同様、6速MTを用意しているあたりもスポーツ度の高さを象徴しているが、エンジンは1.2リッターにしてターボを付加。スペックは116馬力、18.9kg-mというもので、ターボが効く回転領域ではなかなかのパフォーマンス、速さを楽しませてくれるのだ(エンジンを回したときの音質はいまいちだが)。

小排気量でもパワフルなクルマ

 また、6速MT車には、国内トヨタ初のiMT(インテリジェントマニュアルトランスミッション)を採用しているのが注目点。マニュアル車を操る楽しさを誰もが体験できるように、変速・発進操作をアシストしてくれる機能を持っていて、クラッチ操作に気を使わずに済むのでありがたい。自動車税は1リッター超え1.5リッター以下の3万500円となる。

小排気量でもパワフルなクルマ

3)マツダ・ロードスター

 もっとずっとスポーティーな気分、いや、スポーツカーを小排気量で味わいたいなら、軽自動車のホンダS660やダイハツ・コペンを別にすれば、マツダ・ロードスターがグッドチョイスだろう。パワーユニットは1496ccのSKYACTIV-G 1.5で、NAながら132馬力、15.5kg-mのスペックの持ち主。

小排気量でもパワフルなクルマ

 車重が1000kg前後ということもあって、まさにライトウェイトスポーツの走りの世界を堪能させてくれるのだ。つまり、スペック以上に速い。こちらも自動車税は1496ccというのが肝で、1リッター超え1.5リッター以下の3万500円である。

小排気量でもパワフルなクルマ

4)トヨタ・ライズ/ダイハツ・ロッキー

 ダウンサイジングターボエンジンで、絶対的な速さというより、日常域のスムースな速さに満足できる、国産番外車というべき存在の兄弟車が、何と1リッター未満の996ccターボエンジンを積むトヨタ・ライズ&ダイハツ・ロッキーだ。エンジンのスペック自体は98馬力、14.3kg-mとたいしたことはないものの、エンジンとCVTのマッチングのよさと、クロスオーバーSUVにして2WD車で970~980kgという超軽量な車重が幸いし、低中速域ではびっくりするほどトルキーに、スムースにスルスルと加速してくれるのだから走りやすく、気持ちいい。

小排気量でもパワフルなクルマ

 感覚的には1.6リッター級であり、それで自動車税は1リッター以下の乗用車で最小単位となる(軽乗用車を除く)2万5000円で済むのだから、リーズナブルな車両本体価格とともに極めて買い得で経済的でもある。

小排気量でもパワフルなクルマ

画像ギャラリー