「ダイハツ ロッキー」の記事一覧

ダイハツ ロッキーに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

こんなスゲーのが30年前にあったんだ! 第一次SUVブームで登場した「最新モデル」を蹴散らす存在感のクルマ6台

この記事をまとめると ■1990年〜2000年代に人気となったSUVをピックアップ ■各メーカーが個性的なクセのあるモデルを出していたのが当時の特徴だ ■今も続くビッグネームもこの頃生まれた 約30年前にもSUVが大ブー...

続きを読む...

4月の新車販売台数でトヨタ・ルーミーが登録車トップ! 謎の急上昇の裏事情

この記事をまとめると ■2022年4月単月での通称名別販売ランキングが発表された ■ホンダN-BOXに続いて2位となったのは納期が短いトヨタ・ルーミーだった ■現状の販売ランキングはメーカーがいかに生産台数を確保し販売し...

続きを読む...

もはや使い尽くされている! 全然違うクルマなのに「復活車名」が付けられるワケ

この記事をまとめると ■懐かしの車名が今になって復活する理由に切り込む ■名前は同じでも、当時のクルマとスペックなどはかけ離れているケースも多い ■車名が復活する理由のひとつに「商標権」の問題があった 車名復活は「使える...

続きを読む...

懐かしの「名前」が蘇ったと思ったらアレ? 前と「まったく違う姿」で復活したクルマ5選+α

この記事をまとめると ■一度消滅した後に復活したクルマを紹介 ■初代モデルとは姿形は全然別物になっているケースも ■車種名やグレード名がメーカー違いで被ってる例もある 昔「聞いたことあるぞ?」な車名たちをおさらい  車名...

続きを読む...

じつは「産みの苦しみ」が理由の場合も! 昔と全然違うクルマなのに「復活車名」が付けられるワケ

この記事をまとめると ■最近多い過去のクルマの車名が復活している理由を考察 ■日本では100車種以上の乗用車が販売されており、登録車名はさらに多い ■昔から馴染みのある車名なので、覚えてもらいやすいというメリットがある ...

続きを読む...

【試乗】完全新システムなのにハイブリッドの完成度高し! ロッキー&ライズの仕上がりに大満足

この記事をまとめると ◼︎ロッキーとライズに設定された「e-SMARTハイブリッド」に試乗 ◼︎1.2リッターの新開発エンジンを搭載したモデルも登場 ◼︎「良品廉価」の名に相応しい仕上がりとなっている コンパクトSUV界...

続きを読む...

気合い満点のカスタムカーが毎年大人気! ダイハツが東京オートサロン2022に出展

この記事をまとめると ■ダイハツが2022年のオートサロンに出展 ■ロッキーやアトレーなど新型車を使ったカスタム車を展示 ■子ども向けの体験型ブースも設置される オートサロン2022のダイハツブースがアツい!  軽自動車...

続きを読む...

「隙間」を突いてバカ売れ必至! 新登場ロッキー&ライズ「ハイブリッド」の立ち位置が「絶妙」すぎた

この記事をまとめると ■トヨタ・ライズ&ダイハツ・ロッキーは2019年11月に登場したコンパクトSUV ■2021年11月のマイナーチェンジで新開発のハイブリッドシステム「e-SMART」を搭載 ■これによるコン...

続きを読む...

HVの燃費はいいがFFのみ! 逆にターボは4WDだけに! バカ売れ必至の悩ましすぎるロッキー&ライズの選び方

この記事をまとめると ■ロッキー&ライズにハイブリッドモデルが追加されグレードが増えた ■今では選べなくなったモデルも一部存在する ■どのグレードがおすすめなのか検証する ロッキー&ライズ、果たしてどれが”買い”なのか ...

続きを読む...

よくよく考えると「スズキ」と「ダイハツ」のコスパは圧巻! 良品廉価マジックの秘訣とは?

この記事をまとめると ■効率良くクルマを製造販売するシステムが確立されていると車両価格も抑えやすい ■軽自動車を開発してきたメーカーは本質的に原価を低減させる開発と販売を行っている ■販売台数ランキングでも軽自動車の販売...

続きを読む...

「小さかろう」「よかろう」って最高じゃないか! 3ナンバーに負けない「走り」「使い勝手」の5ナンバー車5選

この記事をまとめると ■3ナンバーは今では当たり前のサイズだが、まだまだ5ナンバーの需要は高い ■5ナンバーでも車内空間が広いクルマはまだまだある ■5ナンバーでも運転が楽しいスポーツカーを選ぶことが可能だ 5ナンバーサ...

続きを読む...

スズキのカローラ! トヨタのMAZDA2! 日本人には信じられない「海外の衝撃OEM」事情

この記事をまとめると ■日本でもそれぞれのメーカーのメリットが合致すればOEM販売が行われる ■日本では見られない日系メーカー同士のOEM供給車が海外では見かけることがある ■電動化時代に突入するとさらにOEM販売が盛ん...

続きを読む...

大人気ロッキー&ライズにハイブリッド追加! 100%モーター駆動の「シリーズ式」を新規開発した理由を直撃した

この記事をまとめると ■シンプルなシリーズ式で行こうということで新型ハイブリッドシステムを開発 ■DNGAプラットフォームの開発にはすでにある程度のハイブリッド化に配慮していた ■重量物を低い位置に搭載して重心を下げるこ...

続きを読む...

ダイハツから久々にハイブリッドモデルが登場! 今度のロッキーはシリーズ式で燃費28.0km/Lを実現

この記事をまとめると ■ダイハツ・ロッキーにシリーズ式ハイブリッドシステムの「e-SMART HYBRID」を搭載 ■新開発1.2リッター直3エンジンと発電・充電制御の最適化により燃費28.0km/Lを実現 ■従来の1リ...

続きを読む...

2021年上半期に2番目にクルマを売ったのはスズキ! 3位はダイハツ! トヨタ以外は「軽自動車勝負」の現状

この記事をまとめると ■トヨタの販売力は誰しもが知るところだろう ■2021年上半期もっとも多くクルマを販売したメーカーもトヨタだ ■この記事では2021年上半期に売れたトヨタ車以外のクルマを紹介したい スズキがトヨタに...

続きを読む...

デイリーランキング