こんなスゲーのが30年前にあったんだ! 第一次SUVブームで登場した「最新モデル」を蹴散らす存在感のクルマ6台 (1/2ページ)

こんなスゲーのが30年前にあったんだ! 第一次SUVブームで登場した「最新モデル」を蹴散らす存在感のクルマ6台

この記事をまとめると

■1990年〜2000年代に人気となったSUVをピックアップ

■各メーカーが個性的なクセのあるモデルを出していたのが当時の特徴だ

■今も続くビッグネームもこの頃生まれた

約30年前にもSUVが大ブームに!

 昨今、世界的なSUVブーム。それも日本ではコンパクトSUVの人気が絶大だ。5ナンバーサイズのトヨタ・ライズ、ダイハツ・ロッキーを始め、ホンダ・ヴェゼル、トヨタ・ヤリスクロス、スズキ・クロスビー、スバルXV、そして輸入車でもVW T-CROSSなどが売れている。

【関連記事】目の付け所はいいのに時代がついてこなかった! 登場が早すぎて消えたSUV5選

T-CROSS全体画像はこちら

 しかし、日本国内でのコンパクトSUVブームは決して今に始まったことではない。今から約30年前の1990年から2000年初頭にかけて、すでに国産コンパクトSUVのブームが始まっていたのだ。

 その口火を切ったのが、1990年に初代が発売されたダイハツ・ロッキーだ。5ナンバーサイズの全幅1580mmというナローなボディに本格的なラダーフレームを用い、取り外し可能なレンジトップボディを採用。フルタイムとパートタイム4WDを揃えた玄人向けのクロスカントリーモデルだった。販売自体はそれほど振るわなかったものの、今思えば、ダイハツもこんな本格的なクロカンを作っていたと、感慨深い。

ロッキー全体画像はこちら

 翌1991年には三菱から初代RVRが登場した。カンガルーバーを備えた、かなりワイルドなコンパクトSUVであり、2リッターと1.8リッターNAエンジンのほか、シリーズ途中にはなんとランエボに搭載されていたターボエンジンのディチューン版を搭載。さらにランエボと同等のエンジンを積んだハイパースポーツギヤや、3ドアのオープンモデルであるオープンギヤなどの幅広いバリエイションを揃えていた。

初代RVR画像はこちら

名前:
青山尚暉
肩書き:
2022-2023日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員
現在の愛車:
フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアント
趣味:
スニーカー、バッグ、帽子の蒐集、車内の計測
好きな有名人:
Yuming

画像ギャラリー


新着情報