一度消滅したのに復活して一躍人気になった奇跡のミニバン! まもなく新型登場が噂される「シエンタ」のミラクル人生 (1/2ページ)

一度消滅したのに復活して一躍人気になった奇跡のミニバン! まもなく新型登場が噂される「シエンタ」のミラクル人生

この記事をまとめると

■トヨタのSクラスミニバン「シエンタ」の歴史を振り返る

■販売終了からの再生産という復活劇を遂げた過去がある

■シエンタの新型がそろそろ出るとの噂が出ている

販売終了から復活したSクラスミニバンの代表格を振り返る

 間もなくフルモデルチェンジを実施するというウワサのトヨタのコンパクトミニバンのシエンタ。そこで今回は、そんなシエンタの歴史を簡単に振り返ってどんなクルマだったのかを再確認してみたい。

【関連記事】新車でもないのになぜ? 登場から4年も経つトヨタ・シエンタが突如販売トップに躍り出たワケ

シエンタ全体画像はこちら

 初代のシエンタは2003年9月に発売をスタート。コンパクトな5ナンバーサイズのボディに7人乗車が可能な3列シートと両側スライドドアを備えたモデルとなっており、ノアやヴォクシーほどの大きさはいらない(もしくは運転する上で不安)だが、便利なスライドドアやいざというときに3列目のシートが欲しいというユーザーに向けてリリースされた。

初代シエンタ画像はこちら

 メインのターゲットは小さな子どもがいるファミリー層で、主に女性が運転することを想定しており、ルックスも丸型ヘッドライトを備えた柔和なものとなっているほか、シートアレンジにおいては大きな力を必要としないような工夫もなされていたのだった。

 パワートレインは同時期のヴィッツなどに採用されていた直列4気筒1.5リッターの1NZ-FE型エンジンとなり、多人数乗車を想定していたことやスライドドア採用で車両重量が増加したこともあって、1リッターや1.3リッターの設定は存在しなかった。

 2008年末には当時の実質的な後継車種としてパッソセッテが登場し、シエンタは2010年8月に生産を終了。本来であればそのままフェードアウトとなるハズだったのだが、パッソセッテの予想以上の販売不振によって、2011年5月に2度目のマイナーチェンジを実施してまさかの復活。

パッソセッテ全体画像はこちら

 このタイミングで角型ヘッドライトを採用してアクティブなエクステリアをまとった「DICE(ダイス)」というグレードも追加し、女性以外のユーザーも積極的に取り込む姿勢をみせていた。

シエンタダイス画像はこちら

NO IMAGE
名前:
小鮒康一
肩書き:
-
現在の愛車:
日産リーフ(2代目)/ユーノス ロードスター/マツダ・ロードスター(2代目) /ホンダS660/ホンダ・オデッセイ(初代)/ 日産パルサー(初代)
趣味:
長距離ドライブ
好きな有名人:
ザ・リーサルウェポンズ

画像ギャラリー


新着情報