「タグ: ホイール」の記事一覧

ホイールに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

冒険者に捧ぐ漆黒のホイール! オフローダーの力強さを際立たせるカラーを追加設定

この記事をまとめると ■オフローダーブランド「ウェッズアドベンチャー」の中心シリーズが「マッドヴァンス」だ ■「マッドヴァンス」シリーズに待望のフルマットブラックが追加された ■マットなボディカラーの車両とトータルコーデ...

続きを読む...

言葉は難しいし数字だらけでわかりにくい! 「素材・製法・構造・サイズ」までいまさら聞けないクルマのホイールの基本のキ

この記事をまとめると ■ホイールはクルマのカスタマイズの要 ■さまざまな種類のホイールがあるため選択に迷う人も少なくない ■この記事ではホイールの基本である素材、製法、構造、サイズについて解説する クルマ好きがよく言う鍛...

続きを読む...

ナゼか前がすぐ汚くなる! 輸入車のフロントホイールが「黒く」なるワケ

この記事をまとめると ■輸入車はフロントホイールが汚れやすい ■これはブレーキダストが付着したものだ ■輸入車が汚れやすい理由はブレーキパッドの素材にある 輸入車が汚れやすい理由はブレーキパッドの素材にある  輸入車オー...

続きを読む...

たった1本を回すだけでホイールの脱着可能! 便利なハズの「センターロックナット」が量産車に普及しないワケ

この記事をまとめると ■センターロックはレース由来の技術でピット作業時間の短縮のために使用される ■信頼性の点で4〜5個のナットを使って固定する方式のほうが安全係数は高い ■市販車の延長を骨子とするNASCARでは最近ま...

続きを読む...

知られざる「消耗品」! 交換イメージがなくとも「寿命」のあるクルマの6つの部分

新品に替えると違いに気づくものもある  厳密に言ってしまうと、自動車そのものが寿命のある消耗品ではあるが、基本的には交換が不要なものと、調子や性能維持のために定期的に交換が必要なものに分かれる。前者はボディパネルやインパ…

続きを読む...

他に類を見ない足もとの高級感! 愛車の存在感を増すウェッズホイールの魔力

高級ミニバンやプレミアムスポーツにおすすめ  クレンツェは、アルミホイールメーカー「WEDS(ウェッズ)」のトップブランド。  高級ミニバンやプレミアムスポーツモデルをターゲットに開発されたそのデザインは、他に類を見ない...

続きを読む...

心にもキズを負うホイールの「ガリッ」! 予防策とガリッたあとの対策とは

低偏平タイヤの場合はとくに注意が必要だ  ボディよりもキズつけやすいのがホイールだろう。厳密に言うと、40や50あたりの低偏平タイヤ、つまり横から見て薄いほうが、65あたりの高偏平よりもキズを付けやすい。路肩に寄せたとき...

続きを読む...

自分でタイヤ交換する際の悩み! ナットの「締め具合」の判断と「やってはいけない」行為

締め付け時にやってはいけないことも多数!  パンク時だけでなく、ローテーションしたり、夏タイヤとスタッドレスの履き替えなどで、ホイールの脱着はけっこうするもの。その際に気になるのが、ナットの締め付け具合だろう。基本は10...

続きを読む...

軽バンや軽トラは要注意! 商用車に乗用車用のタイヤやホイールは基本「NG」だった

この記事をまとめると ■いま軽バンの人気が高まっており、ドレスアップも流行している ■タイヤ・ホイールを交換する際、商用車には乗用車とは異なるルールが存在する ■それぞれの規定について詳しく解説する 商用車は高い耐荷重が...

続きを読む...

コロナ禍で「自動車用品」販売もダメージ! そんな「逆境」で売り上げを伸ばした「用品ジャンル」とは

洗車用品は巣ごもり需要が大きく影響か  新型コロナ禍の影響はさまざまなところに及んでいるが、当然自動車業界もダメージを含め、大きな変化をもたらした。新車販売なども日々話題になっているが、用品についてもじつは顕著なデータが…

続きを読む...

日産マーチ&ノートニスモS専用! ニスモから本格ホイール「LM GT4S」が期間限定で発売

サーキット走行派にオススメの本格ホイール  ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル(以下、ニスモ)は、マーチニスモS(K13)およびノートニスモS(E12)向けのアルミロードホイール「LM GT4S」を、期間限定...

続きを読む...

国際的なルールで決まっていた! 応急用タイヤのホイールに「黄色」が使われるワケ

国連協定規則で標準と識別できる色が条件となっている  日本の道路は舗装化が進み、昔のように年中パンクを直しているという時代ではなくなった。筆者も運転歴は30年を超えるが、公道でパンクしたことは二度だけだ。とはいえ、万が一...

続きを読む...

昔はタイヤがまる見えだった! いまのクルマの「ホイール」と「フェンダー」の隙間が減ったワケ

クリアランスは少なくなってきている  最近の日本車は、スポーツカーにしても、SUVにしても、じつにカッコ良くなった。このカッコ良さという感覚は、デザインのバランス感を意味する。  カーデザイナーは「タイヤをボディの4隅に...

続きを読む...

慣れていても意外と知らない! ホイール交換時にやるべき「小ワザ」6つ

一番上のナットは最後に取り外し、最初に付けると良い  ホイールを交換するというのは、よくあることではないけど、クルマを保有していれば「なくはない」もの。スペアタイヤに履き替えたり、定期的にローテーションしたり。さらには夏…

続きを読む...

なぜ前が凸で後ろが凹? バスやトラックのホイール形状がタイヤによって異なる謎

ひとつのホイールで複数の車輪に対応するための手段  前後異径など、サイズの違いはあっても、乗用車の場合、見た目が違うことはない。一方、トラックやバスなどの商用車になると、前後で形が違うことがある。フロントはセンター部分が…

続きを読む...

デイリーランキング