「タグ: ボディ」の記事一覧

ボディに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

【買ったばかりの新車でも発生するクルマのきしみ音!】ディーラーに持っていけば対応してもらえるのか?

国産メーカーは音への対策に苦労している!  クルマで不快なものの代表格が、きしみ音だろう。止まっているときはもちろん出ないが、走り出すと足まわりやボディのあちこちから、キシキシ、ミシミシという音がすることがある。さすがに…

続きを読む...

【落ちない汚れの正体とは?】クルマのボディにつく「ウロコ」の原因と除去方法

ウロコはクルマの見た目の印象を悪化させる  クルマのガラスに付くウロコはご存知だろうか。雨水に含まれるカルシウムなどがガラス表面について乾燥して固着するのをウロコと呼ぶ。自動車ではピンとこない人でも、温泉の洗い場にある鏡…

続きを読む...

【洗車やワックスがけを小まめにやっても効果なし! 】次第にクルマのボディが退色する理由と対策

一番劣化しやすい色は赤!  新車のときはピカピカでも、次第にくすんでくるというか、シャッキリしなくなり薄ぼんやりしてくるボディカラー。これは避けようがなく仕方がないものとは思うのだが、ボディの退色はなぜ起こるのだろうか。…

続きを読む...

【エンジンやミッションだけじゃない!】交換後に「ならし」が必要なクルマパーツ4+αとその方法

交換直後は普段より控えめな運転を心がけるべし  新車時のエンジンは、今やならしが不要と言われるが、機械である以上、やらないよりはやったほうがいい。そもそもならしの目的はなにかというと、こすり合う部品同士や動く部分などにア…

続きを読む...

手入れをしてもシャッキリしない? クルマのボディ塗装の経年劣化は避けられないのか

経年劣化は避けられない  人のお肌は次第に劣化というか老化していくけど、クルマの塗装はどうなのだろうか? 新車のときはツヤツヤだが、お手入れをしていても、次第になんだかパリッとしなくなってくるのは、皆さんも経験があるので…

続きを読む...

いま世界各国のメーカーが「ワイド&ロー」をデザインテーマにする理由とは

本能的にカッコよく見えるデザイン  新型モデルの登場時など「ワイド&ロー」という言葉を使って、その魅力をアピールしているケースは多い。たとえば、2018年10月にマイナーチェンジを発表したホンダNSXのニュースリリースに...

続きを読む...

早く走り出したいのに前が見えない! フロントガラスの凍結を防ぐ方法とは

専用シートか古くなった毛布やシーツで代用できる  近畿地方でも木枯らし一号が吹き、北海道や東北などでは雪の季節になった。本格的な冬になると厄介なのが、朝のフロントガラスの凍結だ。  冷え込みの厳しい朝は放射冷却で、空気中.…

続きを読む...

昔は赤いクルマが禁止! 現在使ってはいけないボディカラーはあるのか?

入れていけない文字はあるがパトカーのような黒白の塗り分けも可  ボディカラーの選択肢が増えて久しい。かつては白/黒/銀(灰)ばかりという印象のあった乗用車も多彩なボディカラーをまとうようになっている。今やルーフとボディを…

続きを読む...

艶出しだけが目的じゃない! クルマのボディにワックスをかけるべき理由とは

見た目をよくするだけでなく塗装を保護できる  愛車のボディケアといえば、ワックス掛けだろう。ただ洗車をして汚れを落とすだけでなく、さらにひと手間かけたという満足感も味わえる。そもそもワックスをかける目的はなんだろうか? …

続きを読む...

時代によって流行がある! 一世を風靡したクルマのテール形状4選

流行の形状には名前も付けられている  クルマにとってデザインは重要なものだが、ただ感性に任せて自由にやっているというわけではなく、専門的に定番化されたディテールというのもあって、それをうまく取り入れたりもする。そうするこ…

続きを読む...

【今さら聞けない】クルマのボディは外板が樹脂でも大丈夫なのか?

剛性などの強度という意味ではまったく問題ない  大丈夫です。一般的なスチールのボディパネルに対して、樹脂は弱いというイメージがあることでしょう。しかし実際のボディパネルは極めて薄く、金属でできているものの、ヘナヘナです。…

続きを読む...

【剛性感との混同も】ボディ剛性って何?

よほどの人でない限り普通に走ってボディ剛性はわからない  自動車雑誌だけでなく、カタログにも登場するのがボディ剛性という言葉です。クルマ好きの間では結構使われる用語ですが、じつは難しい用語なんですね。少し間違った使い方、…

続きを読む...

【ムービー】直撃インタビュー! レクサスLSのデザインに込められた意図とは

まるでクーペのように流麗なデザインをもつ大型セダン  11年ぶりのフルモデルチェンジとなったレクサスLS。2017年1月にデトロイトモーターショーで初披露され、さらに先日日本でもお披露目されて話題となった。  今回はレク...

続きを読む...

イケてるオヤジが「セダン」を選ぶべき理由とは?

ミニバンやSUVの走りが向上した今でもセダン独自の魅力がある 筆者は、セダンを2台も所有するほどのセダン好きである。独身だからということもあるが、基本的に自分が所有するクルマはセダンかクーペしかありえないと考える、今では...

続きを読む...

1 / 212

デイリーランキング