「タグ: マークX」の記事一覧

マークXに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

話題となったトヨタ・マークXの覆面パトカーがモデルカーとなってRAI’Sより発売

専用装備など細部まで忠実に再現!  さまざまなモデルカーでファンを魅了するヒコセブン。同社のオリジナルブランドであるRAI’Sから、ダイキャスト製43分の1スケール「トヨタ マーク X 350S +M SUP...

続きを読む...

【買うには勇気が必要!】お堅いトヨタのイメージを覆す奇抜な内装色で攻めに攻めたクルマ3選

外装色に合わせて内装の細部まで同系色にカラーチェンジした  限定車などでときどき奇抜なボディカラーをまとったクルマが登場することは少なくない。例えば先代クラウンに特別仕様車として設定された「ReBORN PINK」などは...

続きを読む...

自動車メーカーの狙いは? 生産終了に伴い「ファイナルエディション」という名の特別仕様車が登場するワケ

「これで最後」購入を迷っていたユーザーの背中を押す意味も  東京モーターショー2019で初めて実車が展示されたスバルWRX STIのEJ20ファイナルエディションや、本年度末で生産を終了することがアナウンスされているトヨ...

続きを読む...

もう買えなくなる! 新車で欲しいなら今手に入れるしかない国産モデル9選

時代の流れで消えてしまう可能性大のクルマたち  あのとき買っておけばよかったのに……。というのはクルマに限らずよくあること。人気や値段が高くなるとなおさらなのだが、逆を言えば今の瞬間にも「今買っておけグルマ」は発生し、そ...

続きを読む...

不人気がゆえにお買い得! 極上コンディションの中古が驚くほど安く手に入る現行国産セダン4選

安くてもコンディションが極上! 乗りつぶすなら最高のクルマ  新型カムリが「セダン復権」を標榜したように、日本ではセダンというジャンル自体がすでに不人気なジャンルとなりつつある。そのため、レクサスなどの一部の高級セダン以…

続きを読む...

地味で忘れられがちでもじつはイイ! 乗るとジワジワよさが伝わるスルメのような現行車5選

モデルチェンジされぬがゆえ存在すら忘れ去られたクルマも……  最近なにかと派手だったり、機能が充実していたり、目立つクルマばかりがもてはやされる。しかし派手さはないものの、乗るとやっぱりいいなぁ、とシミジミ思うクルマとい...

続きを読む...

もはや絶滅危惧種で乗るならいま! 大排気量NAエンジンを楽しめる国産モデル4選

多くが2リッター直4ターボなどに置きかわっている  現在、日本で買えるクルマのエンジンを改めて見ると、輸入車を含め、ターボやスーパーチャージャーといった過給機を持たないNA(自然吸気)エンジンがメッキリ減ったことに驚く。...

続きを読む...

話題のスープラはスーパーGT仕様が早くも登場! トヨタガズーレーシングブース【東京オートサロン2019】

間もなくベールを脱ぐスープラに注目が集まる!  トヨタガズーレーシングは、東京オートサロン2019にて、間もなく発表されるトヨタスープラのプロトタイプとともに、2020年に国内最高峰のツーリングカーレースであるスーパーG...

続きを読む...

【試乗】操る喜び満点! 新型トヨタ・マークX GRMNをドリキン土屋圭市がサーキットで試乗

従来型よりもエンジンの伸びを活かすギヤ設定に変更  2015年に限定100台が発売、あっという間に売り切れたマークXのスペシャルモデル「GRMN」の第2弾が登場した。もちろん、従来モデルに対していくつかのアップデートが行...

続きを読む...

前のほうがイケメン? マイナーチェンジで理解しがたい見た目になった国産車トップ5

街中で見かけないほど売れていないクルマも  マイナーチェンジってのは、なかなか難しい。もちろん「ちょっと変わったな~」くらいにしておけば無難なのだが、可能な限り大幅に変更して一発勝負に出る場合もある。  ところがマイチェ.…

続きを読む...

長く乗り続けたい、だからシンプルに

数多のセダンを蹴散らすほど、比類なきオーラを纏った現行マークX。ボディの小ささをコンプレックスとは思っていない。しかもパーツが少ない後期型をベースに、大胆かつ繊細なアレンジを駆使して高級感溢れるスタイルへと導く。それをド…

続きを読む...

デイリーランキング