「タグ: レヴォーグ」の記事一覧

レヴォーグに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

スカイラインとレヴォーグの「手放し運転」は本当に使える? 実際に公道で試してみた

どちらも高速道路での使用が前提となる  今、夢の自動運転に向けた第一歩として、国産車のごく一部に「手放し」運転が可能なクルマが登場している。そう、2019年に日産スカイラインのハイブリッドモデル用として「プロパイロット2...

続きを読む...

かつて高性能車の証だったグレード名「GT」! 最近激減している理由とは

スポーツモデルの代名詞といえるグレード名だった  かつてトヨタが「名ばかりのGT達は、道を開ける」というキャッチコピーを掲げたことがあった。それは1979年にスポーツクーペである「セリカ」がDOHCエンジンを搭載した際に...

続きを読む...

最高のハンドリング! 極めて高い安全性! それでも新型レヴォーグが抱える「問題点」とは

気持ちいいハンドリング性能や先進安全装備は高評価だが……  SUBARUレヴォーグが2020~21年の日本カー・オブ・ザ・イヤーに選ばれた。レヴォーグが選ばれた背景にあるのは、変わることのない実直な技術開発の姿勢だろう。...

続きを読む...

レヴォーグはレガシィの正統な後継車か? 5代目ツーリングワゴンと徹底比較した!

引き締まったボディだが後席は大人が足が組めるほどゆったり  スバル・レヴォーグが2代目の新型になった。先代に対して走りの進化は著しく、12.3インチのフル液晶メーターと11.6インチの縦型ディスプレーが基本のデジタルコク...

続きを読む...

ここまでやるか新型レヴォーグ! 高評価連発の「アイサイトX」の凄すぎるところ3つ

試乗した多くの人が新型レヴォーグを絶賛!  新型レヴォーグに搭載されるSUBARUの最先端運転支援システム「アイサイトX」。ジャーナリストや一般ユーチューバーなど、試乗した人たちから幅広く高い評価を受けており、試乗したほ...

続きを読む...

栄光はどのクルマに? 日本カー・オブ・ザ・イヤー2020-2021「10ベストカー」発表

今年も魅力的かつ個性的な10台が選出された!  1980年に創設された、日本カー・オブ・ザ・イヤー。先日発表された33のノミネート車のなかから、最終選考に駒を進めた10台となる「10ベストカー」の発表が行われた。  日本...

続きを読む...

なんでミニバンやSUVで勝負しない? SUBARUが不人気ジャンルの「ワゴン」に「入魂」するワケ

スバル以外の国産メーカーはミニバンやSUVへの傾注が目立つ  かつて「RVブーム」と呼ばれた時代、ステーションワゴンには、セダンやクーペにはない積載性と、ミニバンやSUVにはない運動性能の高さが得られる万能性が魅力とされ...

続きを読む...

新型スバル・レヴォーグが正式発表! 新世代アイサイトを全車標準化し310万2000円から

約9割がアイサイトX搭載グレードを選択!  スバルは、先進安全技術とスポーティな走りを高次元で融合させた新型「レヴォーグ」の市販モデルを発表した。発表会の場は、なんと日本航空(JAL)の整備場。スバルにとってJALは、ド...

続きを読む...

【試乗】新型レヴォーグプロトは高級感と快適性が抜群! ハンドリングのリニアさも最高

走る前から見た目と装備面に納得!  新型レヴォーグのプロトタイプに試乗する機会を得られた。まだ登録前なのでサーキットというクローズドコース内だったが、限界走行を試すのではなく、ロードコースを想定してのインプレッションを行…

続きを読む...

正式発表は10月15日予定! 2代目となる新型スバル・レヴォーグの先行予約がスタート

大好評の先代モデルをさらに深化させて早くもヒットの予感!  スバルは、8月20日(木)より新型レヴォーグの先行予約を開始した。正式発表は10月15日(木)を予定している。2014年に初代モデルが誕生し、スポーティさを追求...

続きを読む...

新型レヴォーグ・プロトタイプは現行とまるで別モノの衝撃進化! 木下隆之×石田貴臣【動画】

クローズドコースで走行性能もアイサイトもチェック!  今年発売されるクルマのなかでも、最注目のモデルがSUBARUレヴォーグです。ステーションワゴンが少ない日本市場における貴重な存在ともいえます。そんなレヴォーグのプロト...

続きを読む...

【試乗】新型レヴォーグ・プロトは4WSばりのカミソリハンドリング! 「手放し」まで手に入れた「アイサイトX」にも驚き

切り出した瞬間にノーズが動く「鋭い刃物」のようなハンドリング  新型SUBARUレヴォーグ・プロトタイプに触れて、驚かされたことは数限りない。基本的にはキープコンセプトであり、スバルの歴史上のひとつのモデルに過ぎない。だ...

続きを読む...

レヴォーグの孤軍奮闘状態! ヨーロッパじゃ人気なのに日本で「ステーションワゴン」が「衰退」するワケ

日本市場ではもはや風前の灯ともいえるほど縮小傾向  日本にステーションワゴン・ブームを巻き起こしたモデルといえば、なにを思い浮かべるだろうか。1980年代までのワゴンは、「ライトバン」と呼ばれた商用車をベースに乗用仕立て...

続きを読む...

スポーツモデルが消える! WRX・BRZ・レヴォーグが空白になるスバルの戦略の謎

今夏には一時的にスポーツモデルが1車種になってしまう  2019年の年末にWRX STIの販売が終了。2ペダル版のWRX S4は「GT/GT-S」系のグレードが終了し、今買えるのはSTIスポーツのみとなった。レヴォーグや...

続きを読む...

その走りは超革新! 大注目の新型レヴォーグプロトタイプのSTI Sportモデルが初披露【東京オートサロン2020】

ドライブモードセレクトや電子制御ダンパーを初採用!  2020年1月10 日(金)から12日(日)の3日間、千葉県・幕張メッセで開催している東京オートサロン2020。今回のスバル/STIブースで一番の注目車はなんといって...

続きを読む...

1 / 3123

デイリーランキング