正式発表は10月15日予定! 2代目となる新型スバル・レヴォーグの先行予約がスタート

正式発表は10月15日予定! 2代目となる新型スバル・レヴォーグの先行予約がスタート

大好評の先代モデルをさらに深化させて早くもヒットの予感!

 スバルは、8月20日(木)より新型レヴォーグの先行予約を開始した。正式発表は10月15日(木)を予定している。2014年に初代モデルが誕生し、スポーティさを追求したステーションワゴンとして、日本のみならず海外でも人気を得ているモデル。2019年の東京モーターショーでプロトタイプが公開され、いよいよ、市販されることになる。

【関連記事】【試乗】新型レヴォーグ・プロトは4WSばりのカミソリハンドリング! 「手放し」まで手に入れた「アイサイトX」にも驚き

新型レヴォーグのフロントスタイリングイメージ画像はこちら

 新型レヴォーグは、スバルが代々受け継いできた「より遠くまで、より早く、より快適に、より安全に」というグランドツーリングのDNAを継承している。それにプラスして先進安全装備といった最新技術を結集し、「先進安全」「スポーティ」「ワゴン価値」という3つの価値を進化せている。

 ラインアップは、基本となる3グレードにアイサイトX搭載グレードが加わった合計6グレード。基本となるGT、上級モデルとなるGT-H、そして走りを極めたSTI Sportという構成で、アイサイトX搭載グレードはEXの名がプラスされる。

 ひとつ目、先進安全はやはりアイサイトの進化だ。新世代アイサイトは360度センシングが可能となっており、3D高精度地図データを組み合わせた高度運転支援システム「アイサイトX」を搭載したグレードを設定。さらにドライバーの負担を減らし、安全なドライブを楽しめるようになっている。

アイサイトXに組み込まれる360度センシングのイメージ画像はこちら

 ふたつ目のスポーティは、パワートレインの進化だ。新たに新開発した1.8L水平対向直噴ターボエンジンを搭載。グレードによる違いはなく、どれも177馬力(130kW)/5200-5600rpm、300N・m(30.6kgf・m)/1600-3600rpmというスペックだ。さらに、スバルグローバルプラットフォーム(SGP)+フルインナーフレーム構造を採用したことで、走りの質感をグッと高めている。

新開発の1.8L水平対向直噴ターボエンジンのイメージ画像はこちら

 エクステリアデザインは新コンセプトとなる「BOLDER」をスバルの量産車で初めて採用。これはこれまでのスバルのデザインコンセプトである「Dynamic×Solid」をさらに深化させたもので、クルマがもつ価値を大胆に際立たせることをテーマに掲げたコンセプトだ。これにより、先代よりもさらにアグレッシブでスポーティな雰囲気を大胆に表現した。

新型レヴォーグのリヤスタリング画像はこちら

 そして3つ目のワゴン価値は、快適性や積載性を実現するワゴン車に求められる機能をさらに磨き上げている。機能性も大幅に高められており、大型センターインフォメーションディスプレイやアイサイトX搭載グレードにはフル液晶メーターで構成される先進的なデジタルコクピットも採用。運転する際に必要な情報の認知や操作を、従来モデルよりもスマートに支援してくれる。

GT-H EXグレードのインパネ画像はこちら

 また、8月22日(土)にはスバルの公式You Tubeチャンネル「SUBARU On-Tube」において、新型レヴォーグの魅力を紹介するオンラインイベント「THE LIVE! NEW LEVORG徹底解剖」を16:00〜17:30の予定で生配信する。新型レヴォーグの開発陣やモータージャーナリストなどスペシャルゲストによるトークショーなどが行われる。

 そのほかにも、新型レヴォーグの実車を実際に見ることができる先行展示イベントも、8月22日より全国のスバル販売店や大型商業施設にて順次開催される予定。安全性と運動性能を大きく進化させた新型レヴォーグに注目だ。

 商品概要やキャンペーンの詳しい情報などは、下記の特設サイトをチェックしてほしい。

https://www.subaru.jp/levorg/levorg/

画像ギャラリー