「タグ: 乗り心地」の記事一覧

乗り心地に関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

選ぶなら家族のブーイング覚悟! 後席に「ちょっと難あり」な「なんちゃって」ファミリーカー7選

弾むような乗り心地など家族が満足するものではないモデルも存在  クルマ好きな家族持ちの男性が、ファミリーカーを買うときにいちばん苦労するのが、家族からの条件を満たしながら、どれだけ走りの良さを手に入れるか、というところで…

続きを読む...

かつての「鉄板」は通用しない! 女子が望む今どき「デートカー」事情とは

クルマを「もって」なくても問題なし! 「デートカー」という呼び名そのものに、ちょっと昭和のかおりがするかもしれませんが、それもそのはず。バルブ景気で日本中が活気にあふれていた1980年代半ばから1990年代前半にかけて、...

続きを読む...

硬すぎる「足」に家族も唖然! 走りを追求するために「やりすぎた」国産ファミリーモデル4選

ミニバンの皮をかぶったスポーツカーと言わしめたモデルも!  欧州車は乗り心地が硬い、日本車は乗り心地がよい……そんなことを言われていたのは、はるか昔のこと。今では欧州車も、たとえメルセデスベンツのスペシャルスポーツモデル...

続きを読む...

やっぱりノーマル? 改造車の個性もアリ? 規制緩和で超多様化しているタクシー事情

タクシー車両はもともとすべて改造車だった  大昔のタクシーと言えば、トヨタ・クラウンや日産セドリックが当たり前であった(小型タクシーではトヨタ・コロナや日産ブルーバード、三菱ギャランなどもあったが)。後席ドアの開口面積な…

続きを読む...

長時間の運転が疲れるのはクルマのせいでもある! 運転疲労が少ない車種の選び方とは

車体の大きさや乗り心地、直進安定性などが疲労軽減に効果あり  運転にあまり慣れていない人はもちろん、ベテランドライバーでも、長距離運転が苦手という人は少なくないはずだ。筆者自身はシニアの領域だが、モータージャーナリストと…

続きを読む...

空気圧が落ちにくいのは間違いないが……一時期流行ったタイヤの窒素ガス充填は必要か?

抜けにくいことや空気圧が安定するメリットがある  一時、タイヤ専門店や量販店で力を入れていたのが窒素ガスの充填だ。空気の代わりに窒素ガスを入れるというもので、もちろん無料ではなく1本500円から1000円ぐらいかかる。現...

続きを読む...

【最高級ミニバンはアルファードよりもグランエース?】アルヴェルを超えたか徹底比較

インテリアや走行性能をアルヴェルと徹底比較!  今、ミニバンファンの間で話題になっているのが、トヨタから登場したビッグサイズの高級ワゴン、日本専用の上級送迎車として開発されたグランエースだ。そのボディサイズは全長5300...

続きを読む...

【試乗】「遊べる軽」のスズキ・ハスラーは「使える軽」だった! バカ売れ間違いなしの超絶進化

新型スズキ・ハスラーはインテリアも走りも大きく進化!  最初に言い切ってしまおう。オールラウンダーなスモールモビリティーを探しているユーザーにとって、新型ハスラーは絶対に“買い”であると!!  2014年にデビューした初...

続きを読む...

カタログじゃ絶対わからない! クルマの購入前に確認しないと後悔する8つの盲点とは

シートの座り心地などは実際に座って体感しなければわからない  新車を購入する際、カタログやメーカーのサイトをじっくりと眺め、ショールームで簡単に確認し「よし、これがいい」と、1台のクルマに決めたのはいいものの、実際に所有.…

続きを読む...

自動車メーカーにもの申す! 一刻も早く全モデルに標準搭載すべき装備11選

先進安全機能はより多くの新車に標準装備してほしい  2020年以降、世界的に自動ブレーキの新車装着が義務づけられるが、これからの新車に不可欠だと思える装備はまだまだある。ここでは、何はともあれ、これからのクルマに標準化し...

続きを読む...

レーシングドライバーが斬る! クルマの足まわりの「硬い」「柔らかい」ってそもそも何?

硬い・柔らかいは曖昧な表現で人によって捉え方は異なってしまう  自動車雑誌やネット記事で新車のインプレッションなどを見ていると「このクルマは足が硬い」とか「サスが柔らかくて乗り心地がいい」とか評されていることが多い。それ…

続きを読む...

SからLクラスまで本当に3列目が使えるミニバン3選はコレだ!

3列目シートが補助席じゃないクルマも増えてきた!  ミニバンは3列目席があるから意味がある。しかし、どのミニバンでも快適に3列目席でくつろげるとは限らない。  とかく、格納などの要件によって形状、クッション性が犠牲になり...

続きを読む...

【新型スバルXV詳細解説】車高の低いインプレッサに迫るハンドリングと乗り心地

横風や路面アンジュレーションなどの外乱にも強い  次世代プラットフォームのシャーシやサスペンション性能によって、新型XVはハンドリングと乗り心地とのバランスを高いレベルに引き上げている。  ボディやシャーシの剛性を大幅に...

続きを読む...

【疑問】タイヤ交換時期に履き替えるならランフラットの選択はあり?

ランフラットにするとスペアタイヤを下ろせるというメリットがある  輸入車を中心にランフラットタイヤの標準化が進んでいます。ランフラットタイヤはパンクなどでタイヤの空気圧が低下しても、ある程度の距離を走行可能なタイヤです。…

続きを読む...

1 / 212

デイリーランキング