「タグ: 日本」の記事一覧

日本に関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

小さい国でも主要8メーカーがひしめく! 日本が世界有数の「自動車産業」の発展を遂げたワケ

この記事をまとめると ■日本の基幹産業は自動車だと言われるようになって久しい ■自動車産業は戦後の高度経済成長期に大きく発展した ■日本の自動車メーカーの強味は「人の力」 産業の発展により自動二輪車・自動三輪車・四輪車メ...

続きを読む...

気楽に見学できる「クラシックカーショー」的な雰囲気! 億単位の稀少車が売買される「海外オークション」の世界

日本のオークションに参加できるのは業者のみ  オークションで、「あの名車が1億円で落札」、そんなニュースをテレビやネットで見ることがある。  こうした海外でのオークションは、日本とはちょっと違う印象がある。  日本の場合...

続きを読む...

アメリカでバカ売れの「ピックアップトラック」! 日本で乗る「意外な苦労」と「驚くほどの楽しさ」とは

いま国内のディーラーで購入できるのはハイラックスのみ  海外では大きな人気を誇りラインアップも豊富だが、日本で今ひとつマイナーな車種のひとつがピックアップトラック。輸入車を除き、国内のディーラーで現在購入できるのはトヨタ…

続きを読む...

日本じゃ「マニア向け」感のあるアメ車! ヨーロッパではどんな評価?

アメ車はSUVの台頭によって存在感が高まっていった  最近、日本で「アメ車」という表現を聞かなくなった印象がある。 「アメ車」といえば、第二次世界大戦後の1950年代から1960年代にかけて、東京周辺などで目立っていた。...

続きを読む...

フランスはミシュラン! イタリアはピレリ! なぜ日本は「世界規模のタイヤメーカー」が多数存在するのか?

この記事をまとめると ◼︎世界的に見ても、一国でこれだけメーカーを有するのは珍しい ◼︎品質重視の国民性がタイヤメーカーが多い理由のひとつでもある ◼︎新車開発時に使用するタイヤまで想定しているというのも理由のひとつだ ...

続きを読む...

高すぎる日本の車検! ハッキリいって「緩い」海外の車検事情

じつは多くの国で車検制度自体は存在している  よく耳にするのが、海外には日本のような車検がないということ。「アメリカなんかないよ」という言葉を聞くとなんとなく納得するし、日本の車検は厳しくて、世界でもガラパゴス化している…

続きを読む...

「パジェロはショーグン」「クリオはルーテシア」! 日本と海外で「違う車名」を名乗る3つの理由

日本では商標登録されていて使えなかった車名も存在!  クルマの名前というのは、それを聞いただけで車両のだいたいのイメージを思い浮かべることができるほど重要なもの。それだけに新型モデルが出るたびに○○らしくない、というよう...

続きを読む...

日本の高速道路は高すぎる! アメリカや欧州はなぜ「基本的に無料」なのか

日本の高速道路は世界屈指の高額設定となっている  コロナ前、海外から日本に多くの観光客が押し寄せていた。  そのなかには、日本へのリピーターもどんどん増えていったが、何度目かの来日となると自由に移動したいということで、レ.…

続きを読む...

日本はクルマに優しかった! 先進国でも大きく違う「路面」の事情

世界各国と比較すると日本はかなり恵まれている  日本のユーザーはあまり意識していないと思うが……。日本の道路は、世界各国と比較すると路面はとてもスムースであり、路面からタイヤを介してクルマへの悪影響はとても少ない。これに...

続きを読む...

スポーツカーメーカーの雄「ポルシェ」までもがEVに力を入れるワケ

スーパースポーツのEV化が加速する  ポルシェの最新EV「タイカン」が日本上陸。テスラ「モデルS」対抗として、プレミアムEV市場が活性化してきた。  従来、EV(電気自動車)というと、環境にやさしく、ゆったり、おっとり、...

続きを読む...

保守的に見える「日本車」のデザインだがじつは……! 知られざるカーデザイン事情

カッコ良かったあのクルマのデザイン「じつは……」  60年代や70年代、日本車のなかには「これまでの日本車デザインの常識を覆すようなクルマ」が目立つようになった。すべてではないが、そのなかにはイタリアのカロッツェリアと呼...

続きを読む...

日本ではスバル360やカローラ! 世界のイマドキ「国民車」とは?

今ではあまり聞かなくなった国民車とは?  最近すっかり聞かなくなった、国民車(こくみんしゃ)という言葉。いったい何を意味するのか、さっぱり分からないと思う方も多いだろう。  国民車とは、その表現のとおり、国民が日常的に使.…

続きを読む...

アメリカや中国の新車ディーラーで行われる「金利0%」キャンペーン! なぜ日本では実施できないのか?

金利0%のほうがユーザーとしては嬉しい気もするが……  最近世の中では、“分断”とか“二極化”といった表現がよく用いられることが多くなってきた。新車販売の現場でも愛車の乗り換えサイクルが、長期化と短期化に二極化。これは、...

続きを読む...

日本と海外で違う「ミニバン」の捉え方! 日本独特の文化とは

同じ「ミニバン」でも一概にライバルとはいえない  たった5時間半で完売。  シトロエンのミニバン、ベルランゴが2019年10月、日本導入初期モデルのネット予約販売で大きな話題となったことは、記憶に新しい。  人気のワケは...

続きを読む...

単なる「高級車」以上の使命があった! トヨタ・センチュリーを途絶えさせてはいけないワケ

海外と比べると本格的な国産高級車は少ない  日本の高級車というと、思い浮かぶのはレクサスLSだろうか。ドイツのメルセデス・ベンツSクラスや、英国のジャガーXJなどと競合する車種といえるだろう。  しかし英国のロールス・ロ...

続きを読む...

デイリーランキング