日本の高速道路は高すぎる! アメリカや欧州はなぜ「基本的に無料」なのか (1/2ページ)

noteで書く
日本の高速道路は高すぎる! アメリカや欧州はなぜ「基本的に無料」なのか

日本の高速道路は世界屈指の高額設定となっている

 コロナ前、海外から日本に多くの観光客が押し寄せていた。

 そのなかには、日本へのリピーターもどんどん増えていったが、何度目かの来日となると自由に移動したいということで、レンタカーを借りる人も増えていった。

 そんな彼らが、実際にレンタカーを使ってみてビックリするのが高速料金である。

 欧米と比べて、日本の高速道路料金は2倍や3倍というレベルではなく、東名高速など長距離になると、欧米の5倍から10倍というほどの超高額になってしまうからだ。

 その他の料金としては、駐車料金は東京など都市部ではかなり高いとはいえ、ニューヨークやロンドンよりは安い印象がある。また、ガソリンやディーゼル燃料は欧米と比べると日本は安い場合が多い。

 そうしたなかで、高速道路の料金の高さが目立つ。とくに、ETC(自動料金徴収システム)を使わないと料金割引にならず、相当高額な料金を払うことになる。

【関連記事】【わずかな速度違反も許さない体制が敷かれた!】劇的な変化が起きている知っておくべきオービスの最新事情6つ

ETCのイメージ画像はこちら

名前:
桃田健史
肩書き:
-
現在の愛車:
トヨタ・ハイエースキャンパーアルトピア―ノ等
趣味:
動物たちとのふれあい
好きな有名人:
聖徳太子(多くの人の声を同時にしっかり聞くという伝説があるので)
noteで書く

画像ギャラリー


新着情報