「タグ: 最新技術」の記事一覧

最新技術に関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

世界最長の自動車専用海底トンネルを作り上げたニッポンの技術力! 東京湾アクアラインを実現した「凍結工法」とは

この記事をまとめると ■東京湾横断道路(東京湾アクアライン)は1997年12月に完成した ■自動車専用の海底トンネルとしては世界最長と言われてる ■この工事に際に使用された「凍結工法」について解説する 世界最長の自動車専...

続きを読む...

世界を震撼させたニッポンの技術力に乾杯! 日本人が世界に誇っていい「エンジン」の超革新的技術たち

この記事をまとめると ■高性能であると認められている日本車には、そのエンジンにもスゴい技術が搭載されていた ■なかには日本のあるメーカーしか実現できなかったメカニズムもある ■日本メーカーが実現したエンジン技術は燃焼室内...

続きを読む...

「F1マチック」「ボルテックスジェネレーター」! 思わず口にしたくなる語感無双な「クルマ用語」

この記事をまとめると ■クルマに備わる「凄そう」だったり「速そう」に聞こえる名称の意味を解説 ■レーシングカーや航空技術からの応用だったりする ■決して大袈裟な名前ではなく、名前の通り凄い技術な場合が多い 「凄そう」な装...

続きを読む...

2021年はクルマの技術の当たり年だった! ジャーナリストが「驚き、感動した」新技術5選と搭載車

この記事をまとめると ■2021年の日本の自動車業界には新しく魅力的な新型車が続々登場した ■それら新型車には未来につながる最新技術・最新装備が搭載されているものがあった ■それら最新技術の中から筆者が「驚き感動した」も...

続きを読む...

画期的装備! のハズが見かけない? イマイチ馴染まず「消えゆく」クルマの悲しい装備たち

この記事をまとめると ■意気込んで開発した装備もその代限りで消えてしまうほど馴染めない場合も ■他社の失敗からヒントを得て、自社製品に応用するケースもある ■新装備を一旦は採用しつつも、しばらく経つと以前の物へ回帰という...

続きを読む...

やっぱりニッポンのモノ作りは凄かった! 世界を変えた「あっぱれ」な日本車たち 

この記事をまとめると ■誕生当時は誰からも見向きもされなかった日本の技術が後世に主役となることもあった ■HV、EV、クロスオーバーSUVなどの現在の人気カテゴリーの先鞭は日本車だった ■技術をいかに実用化して市販へ持ち...

続きを読む...

進化が仇になることもある! 思ったより「不便」に感じる最新車の装備5選

この記事をまとめると ■最近搭載が増えているクルマの最新装備の使い勝手について述べている ■実際使うとネガな要素が見える装備5つについて指摘 ■装備自体のネガだけではなく進化による車両価格の高騰もネック 便利そうに思える...

続きを読む...

リッターカーいらずの衝撃性能! あまりにスゴイ新型軽自動車3台と画期的ポイント

下手な上級乗用車をしのぐ機能を持つものも!  2019年は軽自動車が革新的進化を遂げた1年だと言っていい。基本骨格やパワートレイン、先進運転支援機能はもちろん、これまでレクサスやトヨタの上級車にしか標準装備されていなかっ...

続きを読む...

オーナーが高齢化している新型クラウンがいまどきの「コネクテッド機能」を前面に押し出す理由とは

最新テクノロジーを採用することもクラウンの伝統  プラットフォームから刷新した新しいトヨタ・クラウンもすっかり街に馴染んできた。まだまだハイヤーやパトカーになっている姿を見ないこともあり、新型になって目指した新しいクラウ…

続きを読む...

2023年には路面の状況でタイヤの溝形状が変化する商品を発表予定! 【東京モーターショー2017】

住友ゴムはダンロップとファルケンの2ブランドでブース展開  東京ビッグサイトで開催され、先日終了した「第45回東京モーターショー2017」で、東6ホールに出展している住友ゴム工業は、ダンロップとファルケン両ブランドに分け...

続きを読む...

デイリーランキング