「タグ: 自動運転」の記事一覧

自動運転に関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

トヨタが「自動運転社会」に向けて本格始動! ウーブン・プラネット・グループの中身とは

ウーブン・シティは2月23日から建設に着手  トヨタの自動運転技術・システム開発を担当する「TRI-AD」(トヨタ・リサーチ・インスティテュート・アドバンスト・デベロップメント)がこの2021年1月、「ウーブン・プラネッ...

続きを読む...

クルマの電動化で「従来の技術」は通用しない? 自動車整備士を取り巻く環境変化とは

一級整備士資格が新設されたことで対応可能に!  自動車業界100年に一度の大変革期といわれている。そのおもな変革を示すのがCASEというアルファベットで「コネクテッド・オートノマス(自動運転)・シェアリング・エレクトリッ...

続きを読む...

賛否両論の「自動運転」&「EV化」! 安全や環境対策以外に秘めた「大いなる可能性」とは

本当の意味で万人に役立つ移動手段となる可能性を秘めている  新しい技術の可否については、さまざまな視点があり、それぞれに理由があるはずだ。そのなかで、自動運転とワンペダル操作について、期待を述べたい。  自動運転について.…

続きを読む...

走行中のスマホ操作も可能! ホンダが「レベル2の手放し」を飛ばして「レベル3」の自動運転車を販売するワケ

レベル3では車両や周辺状況の監視から解放される  2020年の自動車関連重大ニュースのひとつが、11月にホンダが自動運転レベル3に求められる国土交通省の型式指定を取得したことだ。ホンダでは「トラフィックジャムパイロット(...

続きを読む...

自動運転ともサポカーとも違う! 自動車メーカーも使い方があやふやなイマドキ用語「ADAS」とは

「サポカー」は概念であり海外では通じない  最近、クルマに関する記事でよく見かける、ADAS(エーダス)。アドバンスド・ドライバー・アシスタンス・システム(先進運転支援装置)のことだ。  商品名では、スバルのアイサイト、...

続きを読む...

自動運転化の加速で「自動車保険」も変革の時! 責任の所在が曖昧な事故への対応とは?

自動運転中の事故を想定した保険も登場してきている  自動運転での課題というのは、車両性能だけでなく、インフラなど多岐にわたる。そのなかで、とくに問題なのが、事故を起こした場合の責任問題だ。レベル3以上になればドライバーは.…

続きを読む...

「自動運転中」の事故は等級が下がらず保険金支払い! 保険会社に「不利」な内容が実現したワケ

これからの自動車保険の在り方を先取りした画期的な内容  2020年11月11日、国土交通省が『世界初! 自動運転車(レベル3)の型式指定を行いました』と発表しました。その世界初の型式指定を受けたのはホンダのフラッグシップ...

続きを読む...

なんと日本は「自動運転車対応指数」で11位! 先進メーカーだらけなのに世界で遅れをとる理由

様々な観点からのスコアリングされる自動運転車対応指数  自動運転車対応指数の世界ランキングで、日本は今年11位となった。昨年の10位から後退してしまった。  この指数は、世界的な公認会計事務所であり、企業や国・自治体への...

続きを読む...

最近トンと「話題」に上らない! クルマ業界を賑わせた「自動運転」はいまどうなっているのか

レベル3以上の量産化も進まず一時のブームは過ぎたのか?  いま(2020年9月)から5年ほど前、テレビやネットで自動運転に関するニュースが一気に増えた。その筆頭にいたのが、グーグルやアップルなどのITジャイアンツたちだ。...

続きを読む...

物理的には不利! 車体の小さい軽自動車の安全性は普通車に劣るのか

交通事故死者数の大幅減は軽自動車の安全性向上も大きな要因!  車体の小さい軽自動車は、衝突事故の際に危険だとの見方が根強い。一方で、1998年に改定された現行の軽自動車規格による車体寸法の拡大は、衝突したクルマ同士の安全...

続きを読む...

「最近のクルマがつまらない」は嘘! いま自動車業界に足りないモノとは

この10年で急激に交通事故が減少してきている  クルマ好きの仲間から「なんだか最近のクルマはつまらないな」という言葉を聞くことが多い。クルマといえばスポーツカーが主役で、アクセルを踏めばどこに飛んでいくかわからないような...

続きを読む...

自動運転の進化や交通事故減少にも繋がる! 5G解禁で変わる自動車社会とは

クルマのバージョンアップも第五世代通信でやりやすくなる  よく耳にする5G。Gとは、ジェネレーション(世代)を意味する。1980年代、アナログからデジタルへと通信インフラが発展し始めたころが第一世代として、スウェーデンの...

続きを読む...

【ソニーにダイソン!】これだけ自動車メーカーがあるなかで今家電メーカーがクルマを開発するワケ

自動運転化を進めるためには電機産業の力を借りる必要がある  家庭電化製品のメーカーが自動車産業に食い込んできているのは、クルマが電動化し、自動運転化しようとしているからだ。自動車メーカーや自動車部品メーカーにバッテリーは…

続きを読む...

【ほかの職業よりも圧倒的に高い平均年齢】タクシードライバーの高齢化に問題はないのか

クルマ離れによりタクシーのニーズは増えている  代表的な職業ドライバーといえば、タクシードライバーを思い浮かべる人も多いでしょう。そして、タクシードライバーの高齢化が進んでいるという実感もあるのではないでしょうか。実際、…

続きを読む...

【一気にトレンドになる可能性は?】スカイラインとBMWが採用した「手放し運転」機能の採用は拡大するのか

新型スカイラインのハイブリッドモデルに採用された技術  日本カー・オブ・ザ・イヤー2019-2020で、栄えあるイノベーション部門賞を受賞したのが日産スカイライン。2019年7月に発表され、9月から発売を開始した新型スカ...

続きを読む...

1 / 41234

デイリーランキング