「タグ: 自動運転」の記事一覧 - 5ページ目

自動運転に関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

半自動運転を謳う日産プロパイロットは本当に使える装備か?

改善希望点はあるものの疲労軽減は間違いない  今や、上級クラスの新型車には装着されていて当たり前になりつつある、追従機能付きACCやステアリング制御など先進の運転支援技術。全車速で追従機能が使えるクルマでは、もはや出発か...

続きを読む...

男の休日「バスフィッシング」に日産エクストレイルが最適なワケ

遊びに全力を注ぐ男を助けるタフな相棒  休日を全力で遊ぶのが大人の男の嗜みであり、「疲れた」というエクスキューズは愚の骨頂だ。遊びこそが明日への活力を生み、脳を活性化させる唯一の方法なのである。  そこで、遊びの相棒に選.…

続きを読む...

クルマ好きが危惧する自動運転時代! 便利だがレベル4以上はもはやクルマじゃない

自動運転には5段階のレベルがある 「自動運転なんて、もってのほかだよ!」。根っからのクルマ好きは、そんなことを言う。確かにそうだ。クルマは運転することが、なによりの楽しみというのは正論だ。でも、どんなに運転が好きでも、疲.…

続きを読む...

それでも人間よりは安全? Uberの自動運転車による死亡事故は自動運転の未来にどんな影響を与えるか

「人間の運転による事故は多数起こっている」とは言えない事情  交通事故による死者数は減っている。日本ではバブル期の1990年に1万4592名だった死者数は3694名で過去最少となった。こうした傾向は、自動車先進国といえる...

続きを読む...

「自動運転」に危険はないのか?

自動運転由来の事故の可能性もあるが社会全体では安全になる  たとえば「絶対に墜落しない飛行機」を作ることは可能だと言われています。しかし、その生産コストも運用コストも膨大になり、アメリカまでの運賃が数億円にもなってしまう…

続きを読む...

VWグループが自動運転の今後を語る

グループ内でもブランドごとに実装される自動運転技術は異なる  フォルクスワーゲングループの研究部門・自動運転責任者であるヘルゲ・ノイナー博士が、先日東京国際交流館で開催された「SIP-adus(内閣府総合科学技術・イノベ...

続きを読む...

運転技術に応じた保険料計算からローン審査まで! 単にクルマのスマホ化じゃないコネクティッドカーとは

単にネットワークの情報を入手できるシステムじゃない  自動運転が注目を浴びる中、その周辺技術のひとつとしてコネクティッドカーがあります。これはクルマを情報ネットワークと繋いで(=コネクトして)、さまざまなサービスや管理機…

続きを読む...

OKIが未来の自動車の「安全」や「便利さ」をもたらすテストコースを開設

これからの自動運転時代を見据えた内容  OKIが情報通信事業の工場である本庄工場(OKI情報通信本庄工場/埼玉県本庄市)の敷地内に、全長約300mのITSテストコースを完成させ、開設記念式典を執り行なった。 OKIはこれ...

続きを読む...

スバルが自動運転車のテストができる試験場を開設!

インターチェンジやサービスエリアを想定したテストも可能  旭川市と稚内市のほぼ中間に位置する北海道美深町(びふかちょう)。昨年の平均気温5.5度、最低気温はなんとマイナス30.7度という、日本でも屈指の寒さを誇るこの町に...

続きを読む...

日産の自動運転技術で約7割のドライバーが「楽になった」と実感

対象者の97%が自動運転技術を活用  2016年8月にフルモデルチェンジした日産セレナでは、自動運転技術「プロパイロット」を初採用したことが話題となりました。つまり、2017年の夏休みは、はじめて「プロパイロット」が活躍...

続きを読む...

ホンダの八郷社長が「直近の商品展開から自動運転まで」今後のビジョンを語った!

ホンダが進むべき方向「2030年ビジョン」を定めた  本田技研工業(ホンダ)はほぼ毎年、世界各国の新聞・雑誌・ジャーナリストを対象に、二輪・四輪・パワープロダクツ各部門の最先端技術を紹介するイベント「ホンダミーティング」...

続きを読む...

自動運転「プロパイロット」搭載! 日産Xトレイルがマイナーチェンジ

2列シート車には待望のスライド機構も採用  2017年6月8日、日産の人気SUVであるXトレイルがマイナーチェンジを実施した。注目は、セレナに続いて同一車線内における運転支援システム「プロパイロット」の採用。アグレッシブ...

続きを読む...

【販売ランキングに異変】日産が32年ぶりに1位・2位独占と躍進した理由とは?

じつにサニー・ブルーバード以来のこと  2017年1月の登録車ランキングに驚いた自動車ファンは少なくないだろう。ここ数年、トヨタのハイブリッドカーがトップを独占しているイメージもあったが、1位がノート、2位がセレナと日産...

続きを読む...

【部分自動運転採用】BMW5シリーズがハイテク満載で7年振りにフルモデルチェンジ

プラグインハイブリッド車もラインアップ  BMWは新型5シリーズを1月12日に発表。販売は2月11日より全国の正規ディーラーで開始される。5シリーズは初代からの累計で、全世界に約800万台が販売されている人気車種だ。第7...

続きを読む...

DeNAが日産の自動運転車両を活用した新しい交通サービス基盤を開発

2017年内に日本国内で実証実験を開始する  個人間カーシェアリングも行うDeNAは、日産の製造する自動運転車両の新たな交通サービスのプラットフォームを開発することを発表した。具体的な計画、実証実験の詳細は協議の上、実証...

続きを読む...

デイリーランキング