「タグ: 自動運転」の記事一覧 - 2ページ目

自動運転に関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

トヨタの子会社が米国ライドシェア企業リフトの自動運転部門を買収する意味とは

自動運転部門の買収によって1200人規模のドリームチームができる  トヨタの子会社で、AIや自動運転領域の開発で知られているウーブン・プラネット・ホールディングスが、アメリカやカナダでモビリティネットワークを提供している...

続きを読む...

「手放し」&「よそ見」のレベル3自動運転に乗った! 新型レジェンドの驚きと課題

渋滞時に作動させると動画鑑賞も可能!  自動車はまた一歩未来に近づいた。「未来のクルマは自動操縦になり、走行中に車内のモニターでTVや映画を見るほか自由に……」と言うその”自由の内容”はまだまだ制限されるものの、夢に描い...

続きを読む...

「自動運転車」でレースをするほうがよほど簡単! レーシングドライバーから見た公道での自動運転の難しさとは

自動運転はEVだけのものじゃない!  ホンダ・レジェンドが世界初となる「レベル3」の自動運転システムを搭載し型式認定を受け、市販化されたと話題になっている。レベル3は「一定の条件下で機械に運転を任せ、ドライバーはスマホを...

続きを読む...

スバル&日産でも簡単には追随できない! ホンダが達成した「自動運転レベル3」の圧倒的な凄さ

キーとなるセンシング技術はLiDARと呼ばれるセンサーだ  2021年3月は自動車史に残る偉業が達成された。それはホンダから「レジェンド・ハイブリッドEX・Honda SENSING Elite」の発売が始まったからだ。...

続きを読む...

「手放し」&「よそ見」中の自動運転で事故が起きたら? 保険の扱いとは

現時点で国の制度ではレベル4まで想定している  ついに日本の公道を自動運転レベル3の自動運行装置搭載車が走り始めた。言わずもがな、それはホンダセンシング・エリートを搭載したレジェンドだ。  高速道路(一部は除く)での渋滞...

続きを読む...

やっと「よそ見」ができるレジェンドが公道に放たれた「自動運転」! なかなか普及しないと感じる理由とは

新型レジェンドの登場でついに自動運転「レベル3」が量産化  自動運転といえば、最近ではホンダが世界初のレベル3自動運転を新型レジェンドに搭載したことが大きな話題となっている。  新開発Honda SENSING Elit...

続きを読む...

なぜ100台限定? なぜリース販売のみ? 「手放し」&「よそ見」運転可能な「レジェンド」の謎

革新的な技術だが利用できる範囲はまだ限定的  ホンダが世界で初めて自動運転レベル3相当の自動運行装置の型式指定を取得したというニュースが流れたのが2020年11月のこと。そして2021年3月、高速道路渋滞時など一定の条件...

続きを読む...

ついに登場! 自動運転が可能なレベル3のホンダ・レジェンドが100台限定発売

ひと目で先進技術を搭載しているとわかる演出も  ホンダは、自動運転レベル3相当の技術を採用した「Honda SENSING Elite」を搭載する新型レジェンドを3月5日に発売した。100台の限定生産で、1100万円(税...

続きを読む...

トヨタが「自動運転社会」に向けて本格始動! ウーブン・プラネット・グループの中身とは

ウーブン・シティは2月23日から建設に着手  トヨタの自動運転技術・システム開発を担当する「TRI-AD」(トヨタ・リサーチ・インスティテュート・アドバンスト・デベロップメント)がこの2021年1月、「ウーブン・プラネッ...

続きを読む...

クルマの電動化で「従来の技術」は通用しない? 自動車整備士を取り巻く環境変化とは

一級整備士資格が新設されたことで対応可能に!  自動車業界100年に一度の大変革期といわれている。そのおもな変革を示すのがCASEというアルファベットで「コネクテッド・オートノマス(自動運転)・シェアリング・エレクトリッ...

続きを読む...

賛否両論の「自動運転」&「EV化」! 安全や環境対策以外に秘めた「大いなる可能性」とは

本当の意味で万人に役立つ移動手段となる可能性を秘めている  新しい技術の可否については、さまざまな視点があり、それぞれに理由があるはずだ。そのなかで、自動運転とワンペダル操作について、期待を述べたい。  自動運転について.…

続きを読む...

走行中のスマホ操作も可能! ホンダが「レベル2の手放し」を飛ばして「レベル3」の自動運転車を販売するワケ

レベル3では車両や周辺状況の監視から解放される  2020年の自動車関連重大ニュースのひとつが、11月にホンダが自動運転レベル3に求められる国土交通省の型式指定を取得したことだ。ホンダでは「トラフィックジャムパイロット(...

続きを読む...

自動運転ともサポカーとも違う! 自動車メーカーも使い方があやふやなイマドキ用語「ADAS」とは

「サポカー」は概念であり海外では通じない  最近、クルマに関する記事でよく見かける、ADAS(エーダス)。アドバンスド・ドライバー・アシスタンス・システム(先進運転支援装置)のことだ。  商品名では、スバルのアイサイト、...

続きを読む...

自動運転化の加速で「自動車保険」も変革の時! 責任の所在が曖昧な事故への対応とは?

自動運転中の事故を想定した保険も登場してきている  自動運転での課題というのは、車両性能だけでなく、インフラなど多岐にわたる。そのなかで、とくに問題なのが、事故を起こした場合の責任問題だ。レベル3以上になればドライバーは.…

続きを読む...

デイリーランキング