「タグ: 補修」の記事一覧

補修に関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

いまクルマの「再塗装」価格が高騰! そのお値段とは?

全塗装は仕上げに凝ると100万円を突破することも!  キズが増えてきたとか、凹んではいないけど、塗装にキズを付けてしまった。さらには気分を変えるために、全塗装をしたいという場合、鈑金はしないとしていくらぐらいかかるのだろ...

続きを読む...

補修が高い! 色褪せしやすい! リセールが安い! ボディカラーのあれこれ8選

やはり紫外線は人の肌同様に塗装にも悪影響がある  ボディカラーというのは、クルマやそのオーナーの個性を表現する重要なポイントだ。もちろん自由に好みで選べばいいのだが、美しさを長持ちさせるには、色によって特性というか気をつ…

続きを読む...

車内に漂う「くたびれ感」! 長年乗った室内の「古臭さ」は6つの方法で取り除く

ムリだと思っていてもじつはキレイにできる可能性アリ  外装というのは、紫外線の影響で劣化するのはイメージしやすいが、内装も同様に劣化する。クルマというのはグラスエリアが大きいので紫外線は侵入するし、止めたままであれば熱や…

続きを読む...

昔の常識が通用しない! 「板金屋」も「ユーザー」も泣くぶつけると「超高額」な最新車の技術3つ

何層にも塗り重ねられているため調色が難しくなっている  理由はどうであれ、どんなに気をつけていても、走行する以上クルマのボディはキズが付いたり、凹んでしまうもの。屋外を走っている以上、致し方ないのだが、場合によっては放置…

続きを読む...

キレイに見える「道路」が年中「ほじくり返されて」いる? そこかしこで「舗装工事」を行う事情

地中には水道管・下水管・電線などが埋まっている  せっかくきれいに舗装したのに、また掘り返して同じように舗装しているのをよく見かける。年度末は予算消化のために工事が増えることもあり、イライラする人も多いのではないだろうか…

続きを読む...

臭いやセルフ補修にも注意! クルマ売却時に査定に響く意外なポイントとは

臭いの感じ方は人それぞれであるため難しい  愛車を手放すときは、少しでも高く売りたいと思うのは当然のこと。同じ年式の同じ車種でも、事故歴の有無や走行距離など、車両の状態によって買い取り価格が変動するのはご存じのとおりだ。…

続きを読む...

愛車を売却するときキズや凹みがある場合は「お金をかけて事前に補修」or「そのまま査定」ドッチがお得?

直しても査定が大幅アップすることはない!  下取りや買い取り専門店での査定時に気になるのが、ヘコミなどの不具合は事前に直したほうがいいのかどうか。たとえば、ボディが凹んでいて査定額が5万円マイナスになるぐらいなら、自腹で.…

続きを読む...

ズボラなオーナーは避けるのが正解! 最近多いクルマのマットカラーに潜む維持の難しさ5つ

輸入モデルを中心に純正採用も増えてきた  2トーンカラーや多層コートなど、塗装のバリエーションは増えているし、機能もいろいろと増えてきた。なかでもプレミアムモデルで注目なのが、マットカラーだ。  マッドだと泥とかの意味に...

続きを読む...

ボディへの飛び石放置はNG! 誰でもできる対処法とは

この記事をまとめると ■飛び石で塗料が剥げても白い下地が出ている場合はさび止めが活きているので緊急性はなし ■白い下地が見えていない場合は鉄板までキズが達しているのですぐに対処したい ■中性洗剤で洗っってタッチペンのイン...

続きを読む...

「バンパーが外れた」「ミラーが折れた」ガムテープでの応急処置は違反にならない?

灯火類やガラスでなければシッカリ固定されれば問題ない  クルマをぶつけてしまって、バンパーが外れかかったり、フェンダーが曲がったり、ドアミラーがグラグラしてきたりという問題が生じたとき、応急処置で役に立つのはガムテーム。…

続きを読む...

自分で直せるクルマの小キズと直せないキズの「見分け方」と「直し方」

まずはキズの度合いを爪でチェック  クルマは走るもの。走る以上は避けられないのがキズだ。大きなキズやヘコミは、気にしていれば防げないことはないが、細かいキズは気をつけてもなかなか難しく、知らない間に増えていくばかりだ。こ…

続きを読む...

【意外と知らない】クルマの内装の傷の直し方とは?

超極細のコンパウンドか保護つや出し剤で小さいキズは直せる  車内には土足で乗るし、さまざまな形状の荷物を積むこともあるだけに、内装にキズが付くことは珍しくない。そのままにするのもなんともみっともない感じなのだが、なんとか…

続きを読む...

洗車感覚で経年劣化を修復できる「99工房モドシ隊」シリーズが新登場!

気軽に出来るクルマのお手入れ ソフト99コーポレーションが展開する、DIY補修用カー用品ブランド「99工房」に、“洗車以上補修未満”をコンセプトにした、経年劣化を洗車感覚で簡単に修復できる「99工房モドシ隊」シリーズが新...

続きを読む...

DIY用品だけで古く汚れたフィアット・パンダがここまで美しく復活!

誰でも気軽に手を出せる補修用品のみでこの輝き!  2016年12月初頭に紹介したソフト99の補修用品ブランド「99工房」の20周年を記念してスタートしたレトロカー再生への道。薄汚れたフィアット・パンダを購入し「99工房」...

続きを読む...

破れたシートなどの表皮を低コストで補修する

 今のクルマはよくできていて、10年10万kmぐらいは普通に走る(使える)。  クルマの寿命が延びたことで愛車と長く付き合う人も多いだろうが、機能的には支障がなくても、やはり長く乗っていると痛んでくるところも……。  例...

続きを読む...

デイリーランキング