「タグ: 購入」の記事一覧

購入に関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

欲しいクルマに「NO出し」される夫多数! 購入時に奥さんを口説く方法とは

この記事をまとめると ■夫か欲しいクルマに妻が同意してくれないというケースは少なくない ■考えられる原因はおもに3つ ■同意を得るためのコツを解説する 直前まで購入の意思を隠すのは逆効果!  クルマ購入の決定権は奥様が握...

続きを読む...

EVをいま買わずしていつ買う! 「100万円」以上お得なケースもある「補助金」事情

予算が限度を迎えると補助を受けられなくなる  クリーン・エネルギー・ヴィークル(CEV)と呼ばれる、電気自動車(EV)、プラグインハイブリッド車(PHEV)、燃料電池車(FCV)に対する令和3年度の補助金制度が確定してい...

続きを読む...

家電は即日持ち帰り可能! なのにクルマを買っても納車まで時間がかかるワケ

登録車は駐車場を確保していることを証明しなければならない  クルマを買うとき、契約書にサインをしてから納車まで時間がかかることは珍しくない。人気モデルでは一年待ちなんてこともあるが、それは例外としても通常での2週間程度の.…

続きを読む...

見た目で選んで何が悪い! 300万円以下で輸入車「未経験者」なら「世界が変わる」超絶オシャレなクルマ5選

「クルマ選びは見た目が8割」とも言われている!  新しい生活もスタートしたし、コロナ禍でお出かけする際にも安心だし、マイカーが欲しいな〜なんて思い始めた人も多いのではないでしょうか? でも、いざクルマ選びをしてみると、い…

続きを読む...

買って後悔! 乗ってガッカリ! クルマの購入前に見逃しがちなポイント7つ

この記事をまとめると ■車購入時に使い勝手を念入りにチェックしたつもりでも見逃しやすいポイントがある ■運転のしにくさや燃費の悪さ、日常的な使い勝手は試乗では確認しづらい ■これから買う人たちはしっかりとチェックして納得...

続きを読む...

年度末セールは3月か4月登録かで「自動車税」が大きく変わる! ユーザーが行うべき「販売店」への重要な確認事項とは

4月をまたいでしまうと余計な自動車税の支払いが発生……  年度末決算セールも大詰めを迎えている。といっても、登録車はすでにこれからの受注分は、そのほとんどが3月内登録(軽自動車は届け出)は間に合わないので、登録車は、事実...

続きを読む...

えっ! そこが気になるの? 男にはわからないクルマ購入時に女性が重視するポイント7つ

重視するポイントが男女で異なることも!  人生で家の次に高い買い物だと言われている、クルマ。確かに、決して安くはない金額を出すものだけに、購入を検討するときは慎重になりますよね。とくに、家族のクルマや夫婦で共有するクルマ…

続きを読む...

なぜ存在? 輸入車の「廉価グレード」に表記される「受注生産」の中身とは

もっとも大きな課題は自動車メーカーと販売店との関係性  最近あまり聞かなくなった表現だが、たとえばグレードの廉価版などで受注生産モデルという考え方をする場合がある。この受注生産モデルという表現は、メーカーごとの発注方法な…

続きを読む...

自ら乗ってて自分で疑問! 日本にはあらゆるクルマが揃っているのに「輸入車」に乗るワケ

日本車にはないデザインや人と被らない希少性も魅力  ずいぶん昔に、イタリア車に乗っていたときのことでした。日本在住のイタリア人に話したところ、「なぜ、日本にはこんなに優秀な日本車がたくさんあるのに、わざわざイタリア車に乗…

続きを読む...

市販車なのに「タイムを出す」ヒントまで! 欧州スポーツの「取り扱い説明書」が衝撃だった

ポルシェは慣らし運転の方法や最速タイムを狙うヒントなど満載  皆さんはクルマを購入したとき「取り扱い説明書(取説)」をご覧になるだろうか。大抵の場合、グローブボックスを開くと車検証入れと一緒に格納されているものだ。  ク.…

続きを読む...

「脱・エンジン車」には「税制」の見直し必須! ディーゼルへの「減免措置」は不要か

揮発油税に消費税という二重課税など早期見直しを!  新車購入時や車検での環境適合車への減税や免税措置が、本年度で一旦終了する。だが、4月からの来年度も延長される予定だ。対象車種や、適合車種の環境性能などが順次見直されてい.…

続きを読む...

アメリカや中国の新車ディーラーで行われる「金利0%」キャンペーン! なぜ日本では実施できないのか?

金利0%のほうがユーザーとしては嬉しい気もするが……  最近世の中では、“分断”とか“二極化”といった表現がよく用いられることが多くなってきた。新車販売の現場でも愛車の乗り換えサイクルが、長期化と短期化に二極化。これは、...

続きを読む...

不便を愛せてこそガイシャ乗り! 初めて乗ると「驚く」輸入車事情3つ

国産車に慣れていると間違えがちなポイントもある  日常的に使うのであれば圧倒的に使い勝手に優れる国産車。小物入れの多さやシートアレンジの豊富さ、そしてコストパフォーマンスも国産車は非常に高いレベルにあるといえるだろう。 .…

続きを読む...

クルマ購入の「文化」がまったく違う! 欧米では当たり前の「オーダーシステム」が日本ではマイナーなワケ

「オートクチュール」という考え方をクルマに応用した  海外では、一部の高級自動車メーカーがディーラーを通じた特注扱いとして、ユーザーひとりひとりに対するカスタマイズに対応するシステムがある。一方で、日本車ではスポーツカー…

続きを読む...

これが世界標準! いま日本はキャッシュで買える「金持ち」でも新車購入でローンを組むワケ

現金一括派向けのローンも利用者が増えている  ダイハツは1月4日から行った、「大初夢フェア」のなかで、2020年12月より展開している、1.5%特別低金利ローン(残価設定ローンが対象)の実施が強調されていた。ちなみにこの...

続きを読む...

デイリーランキング