「タグ: 車検」の記事一覧

車検に関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

「ナンバーが見えない」「全長のはみ出し」! いま日本で増えつつある「ヒッチメンバー」の抱える問題

ボルトやナットで取り付ける場合は保安部品扱いで構造変更は不要  新型コロナ禍でのアウトドアブームの影響か、日本車でもリヤにヒッチメンバーを付けているクルマを以前よりは見かけるようになってきた。ヒッチメンバーとは、リヤにキ…

続きを読む...

日本の車検は「厳しすぎ」! 同じクルマでもなぜ海外との差が生まれるのか?

先進国でも車検が「ゆるい」国がある!  日本での車検が厳格だ。そうした声を、ユーザーの間でよく聞く。また、海外での車検は費用も安く、書類審査も簡単だという情報もネット上にたくさん目にすると思う。どうして、国によって車検の…

続きを読む...

「シャコタン」は限界があるけど「シャコアゲ」は青天井? クルマはどこまで車高を「アゲ」てもいいのか

自動車規格によって全高のリミットが決まっている  SUVブーム、キャンプブームの影響もあって盛り上がっている「アゲ系」。いわゆるリフトアップ系のカスタマイズなのだが、車高を上げることでノーマルよりもボディがひと回り大きく...

続きを読む...

輸入車の維持費は国産車より高い? 長年の「金食い虫説」に結論!

車種によっては国産車よりも安いケースも  輸入車が欲しいというと、「維持費がかかるんじゃないの」とアドバイス(?)をしてくれるクルマ好きの先輩というのは少なくない。たしかにメンテナンスに用いる部品のひとつひとつも輸入品で…

続きを読む...

想像以上に「ハードル」は低かった! まだ少数派の「ユーザー車検」の費用と手順

車検当日前までに予約と事前の点検を済ませておくべき  自家用乗用車の場合、2年に一度(新車時は3年)義務づけられている「自動車検査登録制度」、いわゆる「車検」。  道路運送車両法には、「自動車の使用者は、自動車検査証の有...

続きを読む...

「大きくなるほど高い」けれど「軽自動車とバイクが同じ」? 高速道路料金設定の謎

免許や交通取締りと車検で車両区分が異なり高速道路料金は後者 「あらためてビックリしました。軽って、高速道路料金がかなり安いんですね」。  少し前に「フィット」から「N-BOX」に乗り換えた人が、そんなことを言っていた。最...

続きを読む...

新型車に装着される「自動ブレーキ」などの安全装備! 車検の検査項目はどうなる?

AEBの義務化に合わせて2024年から検査がスタートする  将来の自動運転につながる先進運転支援テクノロジーはもはや欠かせない機能になっている。いまや軽自動車に代表されるコンパクトカーであっても、先進安全装備の採用は進ん...

続きを読む...

これで公道走っていいの? ナンバー付きが「ウソ」のような衝撃市販車3選

光岡車初となる型式認定を受けたモデル!  もはや改めてお伝えするまでもないことではあるが、日本の公道上を走行するためには車検を受けて登録をし、ナンバープレートの交付を受けなければならない。そしてご存じのとおり車検をパスす…

続きを読む...

義務「じゃない」半年点検は必要? ディーラーの「メンテナンスパック」で得する人・損する人

車検と法定点検がセットになるためディーラー車検は割高に見える  車両法第48条において、定期点検が定められており、義務となっている。自家用乗用車では初度登録後3年目に、以降2年ごとに継続検査を受けなければならない(一般的...

続きを読む...

「12カ月点検」はたった「3割」程度しか受けていない! 「義務」だけど「罰則」のない法定点検の中身とは

法律で定められている点検は12カ月と24カ月のふたつ  クルマを所有して、維持していくために必要なのが点検だ。いくら進化しているといっても消耗品はあるし、調整などが必要な部分もあるため、乗りっぱなしではそのうち調子を崩し...

続きを読む...

かつて消耗品の定番! メンテフリーと言われるいまクルマの「スパークプラグ」は本当に「交換」しなくていい?

ひと昔前までは車検ごとに交換する消耗品だった  スパークプラグといえば、1990年ぐらいまでは消耗品の代表格。車検ごとに交換したり、こまめに点検をして先にある電極が減っていないかとか、丸くなっていないか。そしてススの付着...

続きを読む...

巨大ウイング・ハの字タイヤ・爆音マフラー!  普通の人には理解できないド派手な「改造車」は違反じゃない?

見た目の派手さじゃなく保安基準をクリアしていれば合法  街で見かけるけっこう派手なカスタムカー。タイヤはツライチ+ネガキャン。レーシングカーのようなウイングもついているし、排気音もかなり大きい気がするが、あれで本当に車検…

続きを読む...

たった1時間で終わるのは嬉しいけど不安はない? いま流行の「スピード車検」のカラクリとは

工場内で車検の検査ができる民間車検工場に限られる  クルマを維持するうえで欠かせない儀式が、車検だ。通さないことには公道は走れないし、ただ通すだけでもダメで、ひとつの区切りとしてしっかりと整備するのは基本となる。車検時は…

続きを読む...

厳しい「音量規制」で「パワーアップ」も困難! 自動車カスタムの定番「マフラー交換」のいま

排気音量は年々厳しくなる傾向にある  エンジンのパワーアップ、チューニングの第一歩としてスポーツカーから、SUV、ミニバン、軽自動車にまで定着しているマフラー交換。  パワーアップの要諦は、エンジンへの吸入空気量を増やす...

続きを読む...

ベタベタの「シャコタン」が公道走行の不思議! 「車検」に通る最低地上高は「9cm」のハズ?

一部のエアロパーツは保安基準の最低地上高に含まれない  クルマというのは、昔から低く、幅が広い方がかっこよく見えるもの。そのためカスタムするなら、保安基準ギリギリまでローダウンし、タイヤはツライチまで広げたいと思っている…

続きを読む...

1 / 41234

デイリーランキング