「タグ: 違反」の記事一覧 - 3ページ目

違反に関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

制限速度内の公道ドリフト! 一方通行をバックで逆走行! 明らかなマナー違反の行為の違法性は?

どちらも道交法に反する行為で当然罰則の対象  今回は交通マナーとルールに関する2つのケースについて考えてみよう。ひとつ目は若気の至りで身に覚えのある人もいるかもしれないが、制限速度の範囲内で、交差点等でテールを流して右左.…

続きを読む...

ドライブレコーダー装着のメリットは? 自動車保険料への影響はあるのか

エアバッグや自動ブレーキのように保険料が安くなることはない  事故をはじめ、さまざまな交通トラブルの自衛手段としてドライブレコーダーの普及が拡大している。一説には、年間の販売数は200万個を超えるというほどだ。とはいえ、...

続きを読む...

フロントガラスにフィルムを貼るのは違反なのか?

透過率の規定に注意すればフロント及び側面もOK  最近はブロンズガラスが純正採用されたりして、ウインドウフィルムの出番は少なくなってきているが、それでも需要はある。輸入車の多くは全面が透明だし、ものによってはフロントや前...

続きを読む...

クラクションはホーンなどを作るメーカー「クラクソン社」が訛ったものだった!

英語ではホーンといわないと通用しない  セロテープやタッパ、マジックテープなど、普通に使っているものの、じつはある商品の名前だったりするものは多い。たとえば、お尻が洗える便座はなんでもウォシュレットと呼ぶけど、TOTOの...

続きを読む...

ドライブレコーダーは諸刃の剣! 自らの映像で自分の過失割合が増える可能性もあり

映像の提出は任意なので弁護士や自分の保険会社などに相談が理想  交通事故に巻き込まれたときや煽り運転の被害にあったときの記録・証明・証拠として重宝するドライブレコーダー。相手方の過失を問い、自分に非がないことを証明できる…

続きを読む...

意外と街を走っている! 知らずにやりがちなクルマの違法改造4選

パーツの交換やアイテム装着などは確認してから実効  ベタベタの車高やはみ出したタイヤなど、明らかに違法改造というものは多いが、じつは大丈夫だと気軽に行ったり、付けたものが違法になるということはじつは多いのだ。もちろんそう…

続きを読む...

制限速度135km/hオーバーで逮捕の会社員! 果たして罰則はどうなる?

車種が稀少なだけに絞り込みも簡単だったハズ  制限速度を135km/hオーバーした235km/hで自動速度取締機の前を通過し逮捕されるという”事件”があった。中指おっ立て走っているドライバーの姿まで写真に写っていたという...

続きを読む...

その場所! その方法! 本当に適切? 納得のいかない警察の交通違反取り締まり3選

違反する方が悪いものの違反を未然に防ぐのも警察の役目では……  子どもの頃、警察官は正義の味方として頼もしく思っていた人は多いだろう。しかし、大人になると警察官に対していいイメージを持つ人はグッと少なくなる。その原因のひ...

続きを読む...

SA・PA内で止める場所が見つからない場合に「逆走」はアリなのか?

確認してみると「逆走NG」との回答  高速道路のマナーについて考える。SA・PAの駐車場が満車のとき、空きスペースを探してうろつく(逆走)のはアリや、ナシや……。行楽シーズンなどで高速道路の利用者がピークを迎える時期、気...

続きを読む...

時間外は駐車違反じゃない? 貨物車用に停めてもOK? パーキングメーターの疑問アレコレ

場所によって夜間は駐車違反の取り締り対象となる  都市部の路上でちょくちょく見かける、白い(駐車)枠。これは、「時間制限駐車区間」を示すもので、いわゆるパーキング・メーターあるいはパーキング・チケットと呼ばれる有料の駐車…

続きを読む...

「バンパーが外れた」「ミラーが折れた」ガムテープでの応急処置は違反にならない?

灯火類やガラスでなければシッカリ固定されれば問題ない  クルマをぶつけてしまって、バンパーが外れかかったり、フェンダーが曲がったり、ドアミラーがグラグラしてきたりという問題が生じたとき、応急処置で役に立つのはガムテーム。…

続きを読む...

クルマの「大音量カーオーディオ」による音漏れは違反にならない?

緊急車両のサイレンなどが聞こえないと安全運転義務違反も……  信号待ちなどで、隣のクルマから音漏れしているケースに出くわしたことのあるドライバーは少なくないだろう。ヘッドホンからの音漏れ同様に気分のいいものではないが、大...

続きを読む...

石焼き芋屋は釜に火を付けたまま走っても違反にならないのか?

煙突の高さなどが守られていれば違反にならない  冬になると、どこからともなく現れる、軽トラックの石焼き芋屋さん。なかなか風情があって、「石焼き芋~」なんて聞こえてくるとソワソワする人もいるのでは?  ところであの石焼き芋.…

続きを読む...

高速だけで年間33万件超の落下物! ランキング上位の落とし物とは

落とし主に大きなペナルティもあるので積載時は要注意  冬本番を迎えるこの季節、全国的にも風が強い日が多く、道路上への落下物が増える時期でもある。大きな落下物から、釘やネジ、空き缶やペットボトルまで、走行中のクルマにとって…

続きを読む...

なぜ輸入車のドリンクホルダーは使いづらいのか?

飲みながらの運転を禁止している地域もある  さまざまな輸入車に乗るが、ドリンクホルダーがまったくないクルマは今やなくて、プレミアムブランドのモデルでも付いている。ただし、使いにくいのは確かだ。  ちなみにドリンクホルダー.…

続きを読む...

デイリーランキング