「タグ: 高額」の記事一覧

高額に関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

過去には「32億円」の損害賠償もある「物損事故」の恐怖! 自動車保険の対人対物「無制限」は必須だった

損害賠償額が億を超えるような事故も起きている  自動車保険の対物賠償保険、今では補償額=無制限に加入している人が大半だ。保険会社でも基本的に対人・対物は無制限を勧めているはず。  というのも、損害賠償額が億を超えるような.…

続きを読む...

最近の「新車が高い」は気のせい! クルマの価格のホントのトコロ

先進安全装備が価格上昇の理由だと思われがちだが……  誰もが欲しがるホンダN-BOXのような軽自動車でも上級グレードにナビなどのオプションをつけると乗り出し200万円オーバーは当たり前になっている。その理由について、AD...

続きを読む...

衝撃の「価格差」はドコに理由? 同じクルマなのに最安値と最高値グレードがあまりに開いている車種3台の中身

標準モデルと比べて2倍近い価格設定がされているモデルも!  1台のクルマの価格は、最上級グレードでも、常識的には最廉価モデルからその1.5倍以内ぐらいが一般的だ。たとえば、ホンダN-BOXを例に挙げれば、N-BOX Gホ...

続きを読む...

輸入車の維持費は国産車より高い? 長年の「金食い虫説」に結論!

車種によっては国産車よりも安いケースも  輸入車が欲しいというと、「維持費がかかるんじゃないの」とアドバイス(?)をしてくれるクルマ好きの先輩というのは少なくない。たしかにメンテナンスに用いる部品のひとつひとつも輸入品で…

続きを読む...

なんと「色」で70万円も! バイクが買えるほどの「有料ボディカラー」とその採用国産車3台

車両価格からすると誤差の範囲でも高額なカラーも存在!  新車を買おうというときに迷うのがボディカラー。カタログのイメージカラーは似合って見えるし、かといってリセールバリューを考えると無難な色も捨てがたい。はたまた気に入っ…

続きを読む...

いまや実用車でも「18インチ」は当たり前! それでも16インチの3〜4倍と「大径タイヤ」が安くならないワケ

18インチはかつてはスーパーカーの代名詞ともいえるサイズ  国産車が18インチ以上のタイヤサイズを純正採用するようになって、すでに久しい。18インチタイヤといえば、かつては憧れの大径ホイールとして羨望の眼差しを集めたサイ...

続きを読む...

【今さら聞けないタイヤ基礎知識】ゴムの塊なのになぜ高い? ヨコハマタイヤがズバリ答えます

見た目はゴムの塊でも内部は複雑な構造で走りを支える  前回に続き、低燃費タイヤの真実を追求するべくタイヤの開発エンジニアをインタビュー。今回も横浜ゴムのタイヤ製品開発本部の栗山正俊さんに、タイヤに関する素朴な疑問を問いか…

続きを読む...

20〜30年落ちでも新車時の「2倍3倍」当たり前! 恐るべき「中古価格」の国産スポーツ車4選

2000万円超やASKとなっている高額な個体もある!  お金さえあればだれでも最高のコンディションのものが購入できる新車とは異なり、中古車しか存在しないモデルであれば、時間の経過とともに程度のよい個体は減少してしまう。そ...

続きを読む...

グループ化が鍵! ランボルギーニやロールス・ロイスなど少量販売の超高級自動車ブランドが成り立つワケ

かつて高級車は王道のみが生きられた時代だった  新車価格が2000万円や3000万円。そう聞いても、あまり驚かなくなった。そう思う人が増えているのではないだろうか。  もちろん、自分で買うというのではなく、あくまでも雑誌...

続きを読む...

【いくらなんでも高額すぎ!!】リッチマンでも躊躇ほどの衝撃価格で登場した国産限定車3選

ベース車の倍以上の価格がつけられたクルマも  日本人はもともとそうなのか、限定や残りわずかと言われると急に気になってしまうという経験はないだろうか? 先日もとあるコンビーフの缶の形状が変わるとアナウンスされた瞬間、フリマ…

続きを読む...

人気車が激安! マイナー車が高額? 知っておくべき中古車買い取り査定のツボ6つ

いくら人気でも市場に溢れていると査定額が下がることも  クルマを処分する際に「新車が売れている人気車だから高い査定を期待していたのにそうでもなかった」、「不人気車かと思ったのに、意外と高く査定してくれた」という正反対な結…

続きを読む...

コンパクトカーより高いのに買う価値ある? それでも高額化する軽自動車を選んで得するポイント5つ

自動車税は10年でコンパクトカーよりも23万7000円安い  今、日本で一番売れているクルマはなんでしょう? トヨタ・プリウス、日産ノート、トヨタアクア? いえ、違います。軽自動車のホンダN-BOXなのです。軽自動車はま...

続きを読む...

若者が乗るなんて夢のまた夢! 最近のスポーツカーが高額化する理由とは

昔は手頃なスポーツモデルが多数存在した  平成~令和での30年間で、スポーツカーは100kg重く、100万円高くなったといわれている。  平成初期の代表的なスポーツカーの新車価格は、NAロードスターが170万円、シルビア...

続きを読む...

イマドキ軽自動車はなぜ高い? そんないまでも安くて満足な「キセキの軽」3台とは

最近の軽自動車の価格は1.3リッターエンジンの小型車と同等  2019年3月に発売された日産デイズ ハイウェイスターXプロパイロットエディションの価格は156万7080円に達した。国内販売ナンバーワンとなるホンダN-BO...

続きを読む...

名車じゃないフツーの古いクルマだけど新車並みのバリバリ極上車! 果たして高値が付く?

名車と呼ばれるクルマはボロボロでも高値が付く!  台数限定のモデルやスーパーカー、そしてクラシックカーなどは値段の高騰がすさまじく、新車時の価格を大きく上まわる価格で取引されていることも珍しくない。なかにはボロボロの状態…

続きを読む...

1 / 212

デイリーランキング