「タグ: 高齢者」の記事一覧

高齢者に関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

どんなことをする? 料金は? いま話題の「自動車運転外来」の中身

この記事をまとめると ■高齢ドライバーが運転をやめるべきタイミングは判断が難しい ■そこで開設されたのが「自動車運転外来」 ■内容や料金などについて解説する ドライブシミュレーターを使って運転能力を評価  もはや社会問題...

続きを読む...

「免許返納」が難しいならせめてクルマの乗り替えを! 高齢者には「ドラポジ」と「サポカー」が重要だった

この記事をまとめると ■運転免許証の自主返納制度が始まって23年が経過した ■運転免許証を返納すると運転経歴証明書が発行され、本人証明として利用可能 ■運転免許証の返納を考えている人の中には返納に踏み切れない事情を抱えて...

続きを読む...

踏み間違い事故は年間6〜7千件も起きている! 高齢者はなぜアクセルとブレーキを踏み間違えるのか?

この記事をまとめると ■近年、ペダル踏み違い事故が注目を集めている ■高齢者の踏み違いの多くは道路以外の場所で起きている ■装備の利用など、防止する方法を紹介する 高齢者の踏み間違い事故は道路以外の場所で目立つ  近年注...

続きを読む...

運転がおぼつかないという意味? 周囲はどう気を遣うべき? クルマの「高齢者マーク」はナゼ必要なのか

この記事をまとめると ■高齢者マークを貼るのは努力義務なので強制ではない ■過去に強制だった時期が存在するが、1年ほどで法が改正されてしまった ■付けたほうが円滑で安全な交通に寄与できる 高齢者マークは貼らなくてもとくに...

続きを読む...

高齢者用免許制度か? 最高速度制限か? 高齢者の自動車事故ゼロに向けた「本当に必要」な施策とは

この記事をまとめると ■交通事故を減らすためにさまざまなが検討されている ■自動運転の実用化は東京パラリンピック選手村で内発生した事故の検証が鍵を握る ■交通事故を減らすには何かひとつをすればいいのではなく多角的な視野が...

続きを読む...

挑戦に「遅すぎる」ことはある? 運転免許は「何歳」までに取得しておくべきか

まれに60代で教習所に通い始める人も 「人間、志を立てるのに遅すぎることはない」、「始めるということを忘れなければいつまでも若くある」、「なりたかった自分になるのに遅すぎるということはない」といった名言があるが、中高年に...

続きを読む...

この時代に安全装備がイマイチ! 初心者や高齢者が「選んじゃアカン」クルマ&グレード5選

エントリーグレードを安価にするために安全装備レスも存在する  ここ何年かで急速に進化し、装着車が激増、というか、ほぼ全車に装着が完了している、自動ブレーキとも呼ばれるAEB=衝突被害軽減ブレーキだ。ご存じのように、ついに...

続きを読む...

高齢者が家族にいるなら絶対ミニバン! 足腰が弱くても乗り降り「楽ちん」な5台とは

開口部高が1200mm以上あると足腰に負担がかかりにくい  高齢者の両親などをドライブや通院などに連れていってあげる場合、やはり、クルマの乗り降りのしやすさがポイントになる。  高齢になると足腰が弱くなるのは当然で、80...

続きを読む...

同じ「車種・年齢・条件」でも保険料が3倍違うことも! 自動車保険の金額の複雑な決まり方

自分が気をつけていても同車種に乗る他人が上げてしまうことも  自動車を所有しているのなら、保険に入ることが必要。強制保険とも呼ばれる自賠責保険は、加入していることが義務化となっている。ただし、自賠責保険がカバーしてくれる…

続きを読む...

老化を自覚したらどうする? 高齢者のクルマの選びのポイントと運転での注意点

手元が見えにくいと運転中では命取りになる  高齢者の運転による交通事故が多くなり、今年4月6~15日の春の交通安全運動期間でも、子どもをはじめとする歩行者の安全確保、自転車の安全利用の推進、二輪車の事故防止とともに、高齢...

続きを読む...

欧米に比べて自動車社会の急激な発展が一因! 海外では高齢者事故が大きな問題とならない理由

“池袋暴走”が大きな転機になったことは間違いない  新型コロナウイルスや株の暴落など、最近は超ド級のニュースが多い。そのようななか、あまり目立たなくなったが、高齢ドライバーによる事故発生に関する報道はいまだに続いている。...

続きを読む...

踏み間違い防止に通報機能も! 高齢者必見のクルマの買い替え不要な後付け安全装備

後付けが難しいSOSコールのように自動通報ができるものも  高齢者が運転するクルマによる悲惨な交通事故が相次いでいる。家族に高齢でも日々運転を楽しんでいるような親がいるとすれば、心配は尽きないはずだ。  最新の先進安全運...

続きを読む...

免許返納が圧迫! いま新車ディーラーを悩ませる販売不振と車検誘致の減少

最近のクルマは故障が少ないため乗り換える機会が減った  ここしばらくは、“恒常的”といってもいいほど新車販売の調子が良くない。景気動向に左右されているのならまだマシとの話もあるが、すでに景気動向にも左右されず販売不振傾向...

続きを読む...

【天才ドライバーでも避けられない老化!】それでもクルマを運転するなら気を付けるべきことと対策とは

老化を最初に自覚できるのは視力の衰え  国民の4人に1人が65歳以上という、少子高齢化時代を迎えている日本。  運転免許の保有者数で見てみると、平成28年末の運転免許保有者数は、約8,221万人で、そのうち75歳以上の免...

続きを読む...

【クラウンやスカイラインに負けず劣らず!】いま高齢者の愛車にミニとニュービートルが人気な理由

自動車感度が高い世代ならではの選択!  以前から気になっていることがあって、それはミニやニュービートルに乗っている70歳前後の方が多いということ。それぐらいの御年とくれば、クラウンやスカイラインなど、セダンに乗るのが一般...

続きを読む...

デイリーランキング