「テクノロジー」の記事一覧 - 10ページ目

【今さら聞けない】自動車のプラットフォームって何?

メーカーによって異なるがアンダーフロアなどシャーシの基礎部分  プラットフォームの本来の意味は、周りよりも一段高くなった平らな場所のことです。駅のホームが、まさに英語ではプラットフォームです。それが基礎部分を指す言葉とし…

続きを読む...

【疑問】エンジンオイルの「フラッシング」って効果あるの?

オイル交換を怠ったり交換サイクルの不明な中古車を購入したら実行  ガソリンスタンドなどオイル交換をお願いすると、注入口のキャップを外したりして「エンジンのなか、汚れてますね。フラッシングも一緒にどうですか?」なんて言われ.…

続きを読む...

【今さら聞けない】チタンマフラーって何がいいの?

重量・強度・耐食性など性能面ではメリットだらけ  そもそも、クルマ好き、機械モノ好きの人々は、チタン、カーボン、アルミ、削り出し、といった言葉に弱い。チタンというだけで、価値があるような気がするのだから、チタンマフラーの…

続きを読む...

新型スバルBRZがシャシーやボディの改良で目指した走りとは?

目に見えない部分の積み重ねでドライバビリティを向上  4つのタイヤがしっかりと路面を捉えて意のままのハンドリングを実現しながら、上質なドライブフィーリングを追求した新型BRZの進化のポイントは、ボディ、サスペンション、V...

続きを読む...

【疑問】なぜ最近のMTは操作が軽くギヤが入りやすいのか?

シンクロやリンクなどMTも進化している  MT、つまりマニュアルトランスミッションは、採用しているクルマも、それに乗るドライバーも少数派になってしまったが、ダイレクトなフィーリングやレスポンスなど魅力があるだけに、走り好...

続きを読む...

【開発陣に直撃】スバルBRZのエンジンはビッグマイナーチェンジでどう進化したのか?

自然吸気エンジンにこだわって馬力を向上  BRZはスポーツカーである以上、運動性能・機能性の進化が求められる。スバルはそういった部分に真摯に取り組むメーカーだ。  2012 年の登場から4年が経過した。その間、年次改良を...

続きを読む...

【今さら聞けない】ミッドシップって何?

前後タイヤ軸の間にエンジンを配置するレイアウトを示す  クルマのエンジン搭載位置と駆動輪のレイアウトをアルファベットで示すことがある。FFといえば、フロントエンジン・フロントドライブ(前輪駆動)であるし、FRはフロントエ...

続きを読む...

【今さら聞けない】ブレーキディスクの穴はなんのためにある?

熱やガスを逃がして性能を維持する  ブレンボなどハイパフォーマンスタイプのブレーキローターには、ディスク上に穴があけられているものが多い。こうしたものを、「ドリルドディスク(ローター)」という。同様に、ディスクの表面に放…

続きを読む...

【疑問】流行のエンジン小排気量化に伴う気筒数の減少はどう影響する?

現実には過給エンジンのデメリットを感じるケースもある  パワートレイン(エンジン)のトレンドを示すものとして「ダウンサイジング」というキーワードは、すっかりお馴染みになっている。いまや、あえてダウンサイジング系パワートレ…

続きを読む...

【疑問】ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリーは劣化しないのか?

EVやPHVは明確に航続距離可能距離が減る  今や当たり前となったハイブリッドカー、普及しつつある電気自動車、ハイブリッドカーと電気自動車の中間的な存在であるプラグインハイブリッドと、クルマは電動化がドンドン進んでいる。...

続きを読む...

【疑問】なぜスポーツマフラーは音が大きいのか

排気効率のいいマフラーほど消音効果が小さい  自動車用のマフラーというのは、日本語でいえば消音器。つまり、排気ガスの温度と圧力を下げ、エンジン内の爆発音=排気音を小さくするためのパーツ。このマフラーには、大きく分けて、多…

続きを読む...

【意外と知らない】なぜリヤよりもフロントタイヤが太い市販車はないのか?

市販車ではリヤが出るようなスピン方向のセッティングはNG  FRやMR、RRなど、後輪駆動のハイパワー車は、リヤタイヤが太いのが定番なのに、FF車は前後同サイズが基本。FFのフロントタイヤは、操舵と駆動力を一手に引き受け...

続きを読む...

ウィークリーランキング

  1. 衝撃のリッター1km未満車も! エコ全盛の今では考えられない極悪燃費車5選

    衝撃のリッター1km未満車も! エコ全盛の今では考えられない極悪燃費車5選

    街乗りで実質4〜5km/Lがほとんどの中……さらに強者も 今やクルマの...

  2. レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    一般には語られない難しすぎる操縦性 今や500馬力は当たり前。700馬...

  3. 中古ゆえに安いはずが新車よりも高値が付くクルマのパターン3つとは

    中古ゆえに安いはずが新車よりも高値が付くクルマのパターン3つとは

    当然鍵は希少性だが売れまくった車種でも高値になる可能性も クラシックカ...

  4. トヨタはC! ホンダは音楽! メーカーごとの不思議な車名の共通性

    トヨタはC! ホンダは音楽! メーカーごとの不思議な車名の共通性

    最近は共通性が崩れつつあるケースも 最近はそうでもないが、かつてクルマ...

  5. 走り好き必見! 予算100万円でサーキットデビュー可能な中古モデルたち

    走り好き必見! 予算100万円でサーキットデビュー可能な中古モデルたち

    普段乗りからサーキットまで1台でこなせるモデルも多数 サーキット=本格...

  6. 「燃費なら日本車」の時代は終わった! 国産車を脅かす好燃費の輸入車4選

    「燃費なら日本車」の時代は終わった! 国産車を脅かす好燃費の輸入車4選

    ハイスピードの欧州育ちゆえに高速巡航の実燃費はとくに優れる 最近のクル...

  7. 一般人には理解不能! クルマ好きのやりがちな行為5つに意味はあるのか

    一般人には理解不能! クルマ好きのやりがちな行為5つに意味はあるのか

    昔は意味があったが今となっては不要な行為も サーキットのパドック、ある...

  8. 「ハチマキ・ヨンメリ・水中メガネ」一風変わった愛称で親しまれたクルマ7選

    「ハチマキ・ヨンメリ・水中メガネ」一風変わった愛称で親しまれたクルマ7選

    愛称が付けられるということは人気車種の証 大好評の第1弾に引き続き、ま...

  9. 悲しき開発者の熱い想い! 中身は凄いが売れなかった残念なクルマ4選

    悲しき開発者の熱い想い! 中身は凄いが売れなかった残念なクルマ4選

    技術やコンセプトにこだわりの詰まったクルマばかり クルマに限らず、いい...

  10. 先代の3倍の売れ行き! トヨタ・カムリ成功の裏にあるプリウスの苦悩

    先代の3倍の売れ行き! トヨタ・カムリ成功の裏にあるプリウスの苦悩

    先代カムリの700台に対し2400台という月販目標 2017年7月10...