「テクノロジー」の記事一覧 - 10ページ目

【2ペダルMT】シングルクラッチとツインクラッチの違いとは?

ツインクラッチは偶数と奇数ギヤでトランスミッションごと切り替える装置  クラッチというのは、回転力の伝わりを切ったり繋いだりする装置です。マニュアル車の一番左側のペダルを、踏めば切れる、放せば繋がります。マニュアルだけで…

続きを読む...

【復活の可能性も】マツダ・ロータリーエンジンは何が魅力なのか?

環境面で厳しいがダイナミクスの点では魅力たっぷり  世界でマツダだけが量産化に成功したロータリーエンジンは、RX-8の生産終了(12年)と同時に姿を消し、残念ながら現在搭載車はない。  しかし、15年の東京モーターショー...

続きを読む...

【今さら聞けない】燃料電池って何?

水素と酸素の化学反応で電力を生み出す発電装置  燃料電池というのは、水素と酸素を反応させて水が生成される時に、弾き出される電子を受け取って、それを流す装置です。水の電気分解というのを化学の実験でやりませんでしたか? 食塩…

続きを読む...

超薄型調光フィルムでメーターが情報表示スクリーンへと瞬時に変化

瞬間的に透明・不透明が切り替わる調光フィルムを使った提案  先日開催された第9回オートモーティブ ワールドの東海エレクトロニクスのブースでは、凸版印刷の調光フィルム「LC MAGIC」を使ったメーターが出展されていた。 ...

続きを読む...

今どきの新車でもアイドリングストップが付いていないクルマがあるのはなぜ?

JC08モード燃費の測定モードは約28%が停車状態  いまや常識化した装備のひとつがアイドリングストップ機構です。ここ5年くらいで急速に増えました。その理由はカタログ燃費です。  JC08モードは全体で1204秒の走行モ...

続きを読む...

【疑問】マフラー出口の「太さ」に意味はあるのか

細すぎない限りは本数も太さも性能とは無関係  いわゆるテールパイプの太さと性能の関係だが、サイレンサーよりエンジン側の、メインパイプより細くない限り、円形だろうが楕円だろうが、1本出しだろうが2本出しだろうが、性能とは無...

続きを読む...

【今さら聞けない】エアロパーツの役割のひとつ「ダウンフォース」って何?

主に空気の力を利用してクルマを地面に押しつける力のこと  ダウンフォースとは、主に空気の流れを利用して作り出す、クルマの車体を地面方向に押し付ける力のこと。  タイヤのグリップ力は、「F=μmg」という公式で求められる。...

続きを読む...

【意外と知らない】映画ワイルドスピードにも出てきたニトロシステムって何?

ナイトラス・オキサイドを燃焼室内に吹くことでパワーアップする  映画ワイルドスピードや、古くは漫画「よろしくメカドック」でおなじみにニトロチューン。ボタンひとつで、ニトロを噴射させると、ドーンとパワーアップするというシロ…

続きを読む...

第5回コネクティッド・カーEXPOにIoT技術を採用したトミーカイラZZ出展

常時インターネット接続でソフトウェアのアップデートなどを行う  2017年1月18日から3日間、東京お台場にある東京ビックサイトでは「第9回オートモーティブワールド」が開催されている。「オートモーティブワールド」は、「[...

続きを読む...

【意外と知らない】2ストロークエンジンはなぜ消えたのか?

構造的に排出ガス対策が難しいエンジンだった  昔は2ストロークエンジンが、とくに軽自動車や小排気量のバイクでは主流でした。それは同じ排気量であれば、一般的な4ストロークエンジンよりも燃焼回数が2倍あるので、トルクが2倍に...

続きを読む...

【噂の真相】同じエンジンでも寒いときのほうがパワーが出るってホント?

気温が低いほうが同じ体積に含まれる酸素の量が増えるから本当  人間は寒いと身体が縮こまってしまって、運動しにくくなりますね。これは体温を守ろうとして筋肉が収縮してしまうからです。体温というのは低すぎても高すぎても、人間の…

続きを読む...

【今さら聞けない】ターボ車で目にする「インタークーラー」って何?

吸気温度を下げて同じ圧力でもより多くの酸素を燃焼室に入れる役割  ターボチャージャーやスーパーチャージャーなどの過給器で加圧された空気は、温度が高くなってしまいます。その空気をエンジンに入る前に冷やさないと、加圧した効果…

続きを読む...

ウィークリーランキング