今どきはただ座るだけじゃない! 衝撃を受けたクルマの高機能シートの世界 (1/2ページ)

今どきはただ座るだけじゃない! 衝撃を受けたクルマの高機能シートの世界

ドライバーの疲労の軽減にもっとも貢献するのがシート性能

 年々進化するクルマの装備。運転支援系のデバイスや、コネクティッド機能を備えたITカーナビなどに注目が集まるが、ドライバーの身を預けるシートの高機能化や高性能化も著しい。

 操縦性や運転支援システムがいかに進歩しても、ドライバーの疲労を低減する効果がもっとも大きいのは今もシートなので、各社ともシート開発にかける入魂度合いは高いものがある。

 最近は国産の大衆車クラスもシートのできがずいぶん良くなり、掛け心地やホールド性に優れたものが増えた。高級車クラスでは、ベンチレーション機能やマッサージ機能を備えるシートが当たり前になっている。

【関連記事】一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

シート

 なかでも注目すべきはボルボの最新モデル。V90とV60の中級グレード以上に備わるフロントシート(助手席も含む)はまさに至れり尽くせりの極みであり、とくにマッサージ機能が素晴らしく特筆に値するので、ここで紹介したい。

シート

名前:
マリオ高野
肩書き:
SUBARU BRZ GT300公式応援団長(2013年~)
現在の愛車:
初代インプレッサWRX(新車から28年目)、先代インプレッサG4 1.6i 5速MT(新車から8年目)、新型BRZ Rグレード 6速MT
趣味:
茶道(裏千家)、熱帯魚飼育(キャリア40年)、筋トレ(デッドリフトMAX200kg)
好きな有名人:
長渕 剛 、清原和博

画像ギャラリー


新着情報