• TOP > お役立ち情報

「お役立ち情報」の記事一覧

【手動操作も必要】ヘッドライトのオートモードの過信は禁物!

明るくても手動点灯することで安全性が向上するシーンもある ヘッドライトの点け忘れが危険につながるという認識は確実に広まっている。とはいえ、無灯火を防ぐのにドライバーのマナーアップだけでは難しいのも事実。 世界的にオートラ.…

続きを読む...

【注意】歩行者への水はねは道交法違反!

何より歩行者を思いやって徐行や間隔を空けることが重要 雨の日に、歩いているとき、クルマのタイヤが跳ねあげた水しぶきで、靴やズボン、持ち物が濡れた! という経験はないだろうか。おそらく水をひっかけたドライバーだって、わざと…

続きを読む...

軽自動車に白ナンバーを装着! 料金所の認識や数々の疑問をチェックした

ETCレーンも問題なく軽として通過! 再発行や破損時の疑問も確認 本日、希望していたラグビープレートができたので早速ナンバーセンターへ。ここは軽自動車検査協会の支部に隣接した場所。 今まで装着していたナンバープレートを外...

続きを読む...

【100万円で狙える】女子ウケ抜群! デートで見栄をはれる中古輸入車4選

かなり新しい王道のBMWやメルセデス・ベンツも購入可能 クルマでモテる、などというのは、はるか昔の話であることは百も承知ではあるが、それでもやはりくたびれたポンコツよりも、見栄えのいいクルマに乗っていたほうが評判がいいと...

続きを読む...

【噂の真相】駐車違反を放置すると車検が受けられないって本当?

違反金が未納だと検査は受けられても車検証は交付されない 駐車違反の取り締まりを受けると、フロントガラスに放置車両の確認・標章が貼られる。この標章を見て、運転者が慌てて警察署に出頭すると、反則金だけでなく、1から3点の違反...

続きを読む...

【停止線や前のクルマとの距離が空いてしまう】クルマの前端位置の掴み方とは?

パイロンや風船を使えば20-30分程度でマスターできる クルマの前方の車両感覚、バンパーすれすれの位置もちょっとわかりづらい車両感覚のひとつ。壁や前のクルマに対し、ぎりぎりのところで停車したつもりでも、クルマを降りてみる...

続きを読む...

【プロカメラマンの写真講座②】スマホでも使える愛車撮影のコツ3つ

ボディへの映り込みやゴチャついた背景を避ける プロカメラマンが伝授する愛車を上手に撮るコツのその2をお届けする。前回は構図・配置・アクセントを作るという3つに着目をした。今回は「画角」「光」そして「アングル」についてお伝...

続きを読む...

当て逃げ・いたずら・鳥糞などから愛車を守る駐車のコツとは?

混んでいるときは外装のキレイなクルマの隣のほうがリスクは少ない 当て逃げ、盗難、いたずら、動物のフン害……。駐車中のトラブルは意外に多いもの。そうしたリスクを少しでも減らす方法について考えてみよう。 当て逃げは、狭い駐車...

続きを読む...

1 / 3012345...102030...最後 »