• TOP > お役立ち情報

「お役立ち情報」の記事一覧

じつは消耗品! 最近クルマの風切り音がうるさいと感じたら疑うべきパーツとは

ドアや窓まわりに使われているゴム部品の劣化で音が出る  運転中に耳障りなのが、風切り音だ。最近は風洞での実測だけでなく、シミュレーション技術も発達したことから、以前に比べればかなり抑えられてはきている。実際、ヒューヒュー…

続きを読む...

ヘッドライトの種類を徹底比較! ハロゲンやHIDをLEDにアップデートするメリットはあるのか

いま純正のヘッドライトはLEDが主流  クルマのヘッドライトの主な光源は、ハロゲンランプ(電球)、HID、LEDの3種類。歴史的にも、ハロゲン、HID、LEDの順に進化してきて、最近の純正ヘッドライトはLEDが増えてきて...

続きを読む...

マメに洗車をしてるのに……なぜか「くたびれ感」の出た愛車に「シャッキリ感」を取り戻す方法7つ

蓄積した汚れや小キズがくたびれたように見えてしまう原因  あんなに新車のときはピカピカして、見た目もシャッキリしていたのに、長く乗るにつれてなんともくたびれた感じになってきたなんていうことは誰もがあるのではないだろうか。…

続きを読む...

橋の上は危険? 7月は事故が多い? 意外と知らないクルマの日常走行での危険なシチュエーションとは

リスクの大きい場所を知っていれば事故の減少も可能  できれば避けたい交通事故だが、交通事故のリスクは条件によって大きく変わる。  たとえば、基本的に季節の変わり目は事故が多い。交通事故総合分析センターのデータによると、1...

続きを読む...

ベテランでも間違いがちなクルマのウインカー&ハザードの正しい使い方とは

安全な交通のためにも今一度ルールを確認しておきたい  教習所で習ったけどすっかり忘れたり、守っていないことはいろいろある。実際に即していないから必要ないものもあるが、今一度思い出すことで安全性が高まるものもある。後者の筆…

続きを読む...

失敗しない新車購入のための「良いディーラー」を見分ける方法5つ

少しでもいいディーラーと巡りあうためのヒントは5つ  “良いディーラーと悪いディーラー”というのは、個々の価値観の違いなどでその判断基準は異なる。それゆえ一概には語り切れない部分もあるが、その見分け方のヒントはいくつかあ...

続きを読む...

あの忌まわしきギラギラよさらば! そもそもフロントガラスに油膜を発生させない方法とは

意外にもボディのワックスが原因のひとつに!  フロントウインドウに付く、油膜というのはイヤなものである。雨が降ると、水滴が変に張り付いたりするし、夜ともなればまわりの明かりがギラギラとして視界は激悪になる。ワイパーを動か…

続きを読む...

ガチの悪路は走らない! そんな人にメリットの大きいクロスオーバーSUV5台とその中身

立体駐車場へ入庫できるかがポイントのひとつに  世界的にブレークしているクロスオーバーSUVには興味津々ながら、本格SUVまでは必要なし。扱いやすくて燃費も良く、比較的手ごろな価格のクロスオーバーモデルはないものか? 今...

続きを読む...

いまや20インチも当たり前! 自動車メーカーが進める大径偏平タイヤ化のメリットとは

見た目はもちろん運動性能の面でメリットは大きい  最近は純正装着でも17インチ、さらには19インチも当たり前。扁平も45や35なんていうのも珍しくない。軽自動車でも15インチを装着しているモデルは多い。つまりホイールは大...

続きを読む...

所詮軽……の時代は終わった! 200万円以下で安全&運転支援装備が充実した軽自動車4選

普通車に負けない安全装備を装着した軽自動車も多い  消費税10%へのアップがほぼ確実となった今、それまでに家族のクルマを手に入れたいな〜、って考えている皆さんも多いのではないでしょうか? 購入費用だけでなく、買ってからの...

続きを読む...

ステータス以外にある? 左側通行の日本であえて左ハンドル車に乗るメリットとは

すれ違いなどでは左ハンドルのほうがラク  道路は左側通行にもかかわらず、右ハンドル車と左ハンドル車が混在して道路を走っている日本。じつはこれは珍しいパターンで、国によってはハンドル位置の異なる車種は走行できないところもあ…

続きを読む...

スマホ&アプリの普及で変わるタクシー業界の実態! 年収1000万円ドライバーの誕生も

極端な運賃の引き下げは乗務員の収入減に直結する  東京23区及び武蔵野・三鷹市のタクシーをみると、ほとんどのタクシーの初乗り(1.052㎞)運賃は410円となっているが、なかには“380円”などといったものも走っている。...

続きを読む...

高齢の両親に薦めるならコレ! 200万円以下で安全装備充実の国産新車5選

高齢者が起こしがちなミスをカバーできるクルマをピックアップ  最近、高齢者のペダル踏み間違いによるいたましい事故のニュースが頻繁に報じられ、高齢者による事故が増加傾向にあるが、若くしても人ごとではない。日々クルマを運転し…

続きを読む...

最近搭載車が増えるパンク修理キットでは対応できないケースも! テンパータイヤのメリットとは

トラブル後にかかるコストを考えてもテンパータイヤが優勢  パンクなどのタイヤのトラブルで、走行し続けることができなくなったときにお世話になるのがテンパータイヤ。  テンパータイヤは、「テンポラリータイヤ」の略で、「間に合.…

続きを読む...

暖気や慣らしは必要? クルマに10年乗るなら新車時から守るべき行為5つ

最初はよくても時間を追うと徐々に差が付いてくる  同じクルマ、そして同じ走行距離でも、新品のような輝きをずっと維持している場合もあれば、なんだかくたびれた感じがする場合もある。その理由は新車からの乗り方、メンテ、ボディケ…

続きを読む...

1 / 10112345...102030...最後 »

ウィークリーランキング

  1. 一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    愛車選びの参考にすべき「必須」装備はこれ! 仕事柄、さまざまな新車に試...

  2. 「高い」と言われるディーラー車検のメリットとは?

    「高い」と言われるディーラー車検のメリットとは?

    車検は継続検査のみを指しディーラー車検は点検整備代も含む 車検とは自動...

  3. 【意外と知らない】新品タイヤはナラシ走行をしないと寿命が短くなる!

    【意外と知らない】新品タイヤはナラシ走行をしないと寿命が短くなる!

    タイヤは装着後に「成長」するもの クルマの消耗品の中でも重要度が高く、...

  4. ふんわりアクセルはNG!? 本当にエコなアクセルの踏み方とは

    ふんわりアクセルはNG!? 本当にエコなアクセルの踏み方とは

    ゆっくり過ぎる加速は自分自身にも社会全体でもエコじゃない 最近はガソリ...

  5. 【今さら聞けない】タイヤの溝に挟まった小石は取るべき?

    【今さら聞けない】タイヤの溝に挟まった小石は取るべき?

    神経質になる必要はないがマナーの面でも取り除いたほうがいい JAFのロ...

  6. 【噂の真相】洗車しすぎはクルマを痛めるって本当?

    【噂の真相】洗車しすぎはクルマを痛めるって本当?

    細かい所に水が入り込みサビの原因になることがある クルマ好きが、街のあ...

  7. 【噂の検証】タイヤワックスがタイヤに悪いってホント?

    【噂の検証】タイヤワックスがタイヤに悪いってホント?

    実際に試してもとくに悪影響は確認できず これは耳にしたことも多いだろう...

  8. 【噂の真相】駐車場の車止めにタイヤを当てて停めないほうが良いってホント?

    【噂の真相】駐車場の車止めにタイヤを当てて停めないほうが良いってホント?

    何度も強く当てるとクルマにストレスが溜まる スーパー、コンビニ、レスト...

  9. 衝撃のリッター1km未満車も! エコ全盛の今では考えられない極悪燃費車5選

    衝撃のリッター1km未満車も! エコ全盛の今では考えられない極悪燃費車5選

    街乗りで実質4〜5km/Lがほとんどの中……さらに強者も 今やクルマの...

  10. マメに洗車をしてるのに……なぜか「くたびれ感」の出た愛車に「シャッキリ感」を取り戻す方法7つ

    マメに洗車をしてるのに……なぜか「くたびれ感」の出た愛車に「シャッキリ感」を取り戻す方法7つ

    蓄積した汚れや小キズがくたびれたように見えてしまう原因 あんなに新車の...