• TOP > お役立ち情報

「お役立ち情報」の記事一覧

意外な若者の本音! 20代の8割がクルマデートを希望している

デートでは今でもスポーツカーが大人気!  コインパーキングのタイムズなどを運営するパーク24は、同社の会員制サービス「タイムズクラブ」の会員を対象に実施した、「クルマでのデート」についてのアンケート結果を発表した。  調...

続きを読む...

クルマの電子化でディーラーメカニックが育たない! 古いクルマを直せない若手が現場に増加中

修理よりもユニット交換などクルマ自体の作りが変化 「今どき若いメカニックに任せてもクルマが直らない」という話を聞いた。あまりに漠然としていたので、新車販売業界に詳しいひとに聞いてみた。 「法定点検などの定期点検に関しては.…

続きを読む...

セルフかフルサービスか、ガソリンスタンドはどっちが正解?

じつはセルフスタンドに価格的メリットがあるわけではない  サービス・ステーションといった呼び方もあるガソリンスタンド(GS)。給油だけでなく洗車や車検、整備、タイヤ交換などクルマに関するアレコレをワンストップで対応できる...

続きを読む...

洗車で屋根を洗うときにタイヤの上に立ってもいいのか?

耐荷重の範囲内であれば問題ない  愛車を洗車するときに、ちょっとタイヤの上に立ったりすると、ルーフなどが拭き取りやすくて便利なことがある。でも、タイヤの上に大人一人が乗ったりしてもいいのだろうか?  結論からいえば、空気.…

続きを読む...

なぜアルミホイールばかり! オシャレな鉄ちんホイールが出ない理由とは

強度を考えるとアルミのように形状の自由度が少ない  タイヤと組み合わせて、クルマの足もとを飾るホイール。そのドレスアップといえばアルミなどの軽合金を用いたものが主流だ。軽量・高剛性な鍛造製、意匠の自由度が高い鋳造製といっ…

続きを読む...

新車ディーラーに他メーカーのクルマを持ち込んでも対応してくれるのか?

日本車ディーラーに他メーカーの日本車の持ち込みは問題ない  新車ディーラーの店舗にはたいていピット施設が併設され、クルマの修理や点検などを行っている。それでは、その店舗で取り扱っていない他メーカーのクルマをまったくのフリ…

続きを読む...

2車線や3車線でも首都高には「追越車線」がない! 大都会ゆえの特殊事情 

首都高全域に適用されている右側車線は走行車線  免許証を持っているドライバーなら誰でも知っているはずの、キープレフトの原則。片側二車線以上の道路では、一番右の車線は追い越し車線で、追い越し、追い抜き終了後は速やかに中央車…

続きを読む...

なぜハイヒールで運転をしていけないのか?

ハイヒールに起因した事故も起こっている  クルマを運転するときは、運転に適した格好や姿勢が要求される。道路交通法では、運転者及び使用者の義務として、「ハンドル、ブレーキその他の装置を確実に操作」することを挙げている(第4.…

続きを読む...

支払い済みでもクルマがこない……新車販売現場の悪徳セールスマンの実態

購入者が注意を払えば防げるものも多い  新車販売の業界に詳しいひとからはしばしば、「歴代先輩セールスマンが重ねてきた悪さのおかげで、どんどんセールスマンは仕事がやりにくくなっている」という話を聞く。  新車購入の世界では.…

続きを読む...

輸入車の維持費は国産車よりも高い?

交換パーツ代で考えると高いが最近はサービスメニューが充実  輸入車というか、昔ながらの言い方をするならばガイシャは特別なもの。買うのも高いし、買ってからも高い。なんていうイメージがあったりする。確かに買うのはカタログを見…

続きを読む...

タイヤの一部が摩耗する「偏摩耗」の原因5つとその対策

空気圧の適正な管理と定期的なローテーションでかなり防げる  当たり前の話だが、タイヤは走れば走るほど摩耗する。スリップサインが出るまで均一に減ってくれれば一番いいのだが、ときどき、トレッド面の一部だけ片寄って摩耗する場合…

続きを読む...

日産リーフがバカ売れすると……電気自動車の普及に潜む不安要素3つ

急速充電器の前に行列ができる可能性は大きい  モーター駆動の圧倒的なトルクと、騒音の元となるエンジンを持たないため、高い静粛性が魅力の電気自動車。当初は普及するのにはまだまだ時間がかかるという見方が大多数だったが、気がつ…

続きを読む...

古いクルマを蘇らせるレストアの費用はどのぐらいかかる?

1000万円以上もザラの世界がゆえに手抜き作業も……  最近よく聞く旧車の高騰。海外市場が引っ張りあげつつ、それに釣られて国内で流通する車両もどんどんと高くなっている。場合によっては10年前の2倍以上になってしまっている...

続きを読む...

クルマのキズは自分で直せる? 補修方法とセルフの限界とは

自分で直せるかどうかは「爪」で判断  クルマは走っている以上、キズは付くもの。わかってはいるけど、付くとイヤものだし、なんとかしたい。ただし、大きなキズならあきらめもつくものの、小さいキズは手間も費用もかけずになんとかし…

続きを読む...

1 / 5512345...102030...最後 »