「お役立ち情報」の記事一覧 - 4ページ目

今駆け込むのが吉! 「6月」が新車を安く手に入れやすいワケ

6月は増販期・上半期締め月・四半期決算月が重なっている  毎年6・7月はディーラーにとって「夏商戦」と銘打った増販期(より多く新車を売りたい時期)となっている。過去には「夏のボーナスセール」などと銘打っていたが、働き方の...

続きを読む...

突然ドアが開かなくなってパニックも! クルマのスマートキーが電池切れした際の対処法

電池切れでドアの解錠もエンジン始動もできなくなる 最近はスマートキーが標準装備されているクルマが多い。身につけていれば、ドアの解錠・施錠ができ、エンジン始動などが可能なので、その存在を忘れてしまっているというオーナーもい…

続きを読む...

ゲリラ豪雨・雷・ヒョウ! クルマの運転中に天気が急変したときの被害と対処法

クルマが走れる水深はマフラーのテールパイプの位置まで  最近は異常気象だからか、晴れていたと思っても天気が急変。ゲリラ豪雨になったり、雷が鳴ったり落ちたり。また季節外れのヒョウなんていうのもニュースになったりする。今回は…

続きを読む...

1本パンクしたら4本新品に! 最近増えているタイヤの「パンク補償」とは

タイヤ1本のパンクで4本とも新品に交換してもらえる  近頃、大手カー用品店などが導入している、タイヤ1本のパンクで4本とも新品交換してもらえる「タイヤパンク保障」というサービスがある。保証額の上限にもよるが、新品タイヤ4...

続きを読む...

レギュラー・ハイオク・軽油! クルマに指定と違う燃料を入れるとどうなる?

レギュラー仕様にハイオクを入れるのが一番被害は少ない  一昔前だとコンパクトカーのような大衆車はレギュラーガソリン、輸入車やハイパフォーマンスなスポーツカーなどはハイオクガソリン、トラックなどの働くクルマは軽油というよう…

続きを読む...

色もグレードも一緒の同一車種! それでも店舗によって買い取りや下取り査定額に差が出るワケ

自社流通や直接海外へ輸出できる場合は査定額が上がりやすい  同一車種で、グレードやボディカラーなどの条件も等しいのに、売却する業者によって金額が変わることがある。また売却する時期、売却する地域によっても、金額が変わること…

続きを読む...

クルマのエアコン「A/C」オフの送風モード! いったいいつ使うもの?

暖房時はオフにすれば燃費向上に繋がる  いまのクルマのエアコンは、温度設定さえしておけば、あとはお任せというオートエアコンが主流だが、このオートエアコンでも「A/C」というボタンを押せば、エアコンのスイッチがオフになり、...

続きを読む...

もっとも広いモデルは大型ミニバン並! 「イマドキ軽」の衝撃的な後席を実寸チェック

圧倒的な広さをもつのはバカ売れ中のホンダN-BOX  いま、軽自動車がこれまでになく“熱く”盛り上がっている。新型日産デイズや三菱eKクロスの登場で、下手なコンパクトカー真っ青の走行性能、内外装の質感だけでなく、先進安全...

続きを読む...

動いてなくても減る? パーキングブレーキのパッドやシューは交換が必要な消耗品か

パーキングブレーキも摩擦材が減ると利かなくなる  クルマのブレーキには走行中の減速に使うフットブレーキと、駐車中にクルマを止めておくためのパーキングブレーキ(サイドブレーキ)の2種類がある。  フットブレーキは油圧式が基...

続きを読む...

クルマの電源は入っていないのになぜ? 長期間乗らないとバッテリーがあがる理由

セキュリティやスマートキーなどで密かに電気を消費している  JAFの年間出動理由でも、つねにトップとなっているバッテリー上がり。ヘッドライトなどの消し忘れなどうっかりミスがあったときならわかるが、装備品のスイッチを切って...

続きを読む...

球切れのときに合図を出さないと減点や高額罰金! クルマの正しい「手信号」とは

教習所で習うも覚えていない人多数!  教習所で習った、後続車に「右折、左折、進路変更、徐行、停止、後退」を知らせる「手信号」というのを覚えているだろうか。  まさかというタイミングで、ウインカーやブレーキランプなどの電球.…

続きを読む...

車種が決まってないなら装備で選ぶ! クルマに詳しくない人必見の超絶使える装備8つ

足として使う人は日常的に役立つ装備充実のクルマがいい  クルマにそれほど詳しいわけじゃなく、デザインや居住性、性能にもとくにこだわりはない……でも、今、クルマを買う必要がある……そんな人こそ、クルマ選びはけっこう大変だ。...

続きを読む...

国交省に直撃! クルマの騒音規制改定前に装着したスポーツマフラーは車検に通るのか

いまのクルマは車検証に記載された数値プラス5dBまでならOK  年々厳しくなるクルマの騒音規制。じつは2018年の11月から、新車時の近接排気騒音が車種毎に定められた一定の値を超えるクルマに純正以外のマフラー=「交換用マ...

続きを読む...

どうせすぐに雨で汚れるから不要? 梅雨時期は洗車をしなくても問題ないのか

雨にはさまざまな不純物が含まれる  梅雨本番ともなると、毎日シトシトと雨が降り続き、洗車どころではないというのが正直なところ。ガレージであれば関係ないだろうが、屋外駐車だと洗っても意味がないように思える。しかしそれでいい…

続きを読む...

隣のクルマと何かが違う! 自分のクルマが古びた印象に見える原因7つ

黒い箇所の汚れはくすんだ印象に  大切な愛車。せっかく洗車して、ワックスをかけてもなんだかシャッキリせず、薄ぼんやりした感じがすることはないだろうか? 大切にしてあげているのに、なんだか報われないというか、モヤモヤした感…

続きを読む...

ウィークリーランキング