「お役立ち情報」の記事一覧 - 3ページ目

判断を間違えると簡単に命を落とすことも! クルマの運転中に吹雪で前が見えなくなった時にするべきこととは

前後を走るクルマに自車の存在を示すことが大切だ  冬のドライブでは、積雪により道が滑りやすくなっているのに注意するのは当然として、吹雪などで視界が遮られたときの対応も重要だ。対応を誤ってしまうと、比喩ではなく命を左右する…

続きを読む...

【スタッドレスを履いておけば十分……は間違い!】いま大手メーカーが力を入れるクルマの「冬用ホイール」とは

冬用ホイールには塩害対策が施されている  スタッドレスタイヤを交換するときに、タイヤの組換え作業の手間とその工賃、そして保管のことを考えて、ホイールとセットで購入している人も多いはず。こうしたとき、スタッドレス用のホイー…

続きを読む...

【雪は溶けるがクルマは腐食!】「融雪剤」がクルマに与える悪影響とその対策

融雪剤がクルマの下まわりに付着するとサビの原因に  雪国の方ならご存じだろうが、冬場の凍結路や積雪路には、融雪剤が撒かれることが多い。融雪剤とは読んで字のごとく、雪や氷を溶かす効果があって、路面に撒くことでスリップを抑制…

続きを読む...

【ウエットと見分けがつかない恐怖のブラックアイスバーン】濡れた路面より3.5倍も制動距離が伸びる凍結路面を見分ける方法と走り方とは

暖冬で雪が少ない道ほどアイスバーンになりやすい!  今シーズンは1月になっても暖冬傾向で、各地で雪が少ないといわれているが、雪国なのに雪が少ない道ほどアイスバーンになりやすいので要注意。  氷雪道には、新雪、圧雪、シャー...

続きを読む...

【エコランするよりエコメンテ!】普通に運転していても燃費をアップできるアイテム5選

メンテナンス時などのちょっとした心がけで燃費がアップ!  慣れてしまって実感しにくいというのもあるが、ガソリン価格は高止まりのままだ。満タンにすると、5000円はオーバー。タンク容量や燃費によっては、1万円が飛んでいくこ...

続きを読む...

【クルマに貼ってある表示どおりで大丈夫?】クルマのタイヤをサイズ変更した場合の正しい「適正空気圧」とは

タイヤの銘柄が変わってもサイズが同じなら空気圧は変えない  空気入りタイヤは、1888年に獣医だったJ.B.ダンロップによって考案、実用化されたものだが、それ以来、空気入りタイヤは、空気圧が適正に保たれてはじめてタイヤと...

続きを読む...

【10年乗るのは得or損?】新車への乗り換えは何年サイクルがお得なのか

下取り価格を考えると5年程度ならまだ価値が高い  クルマ好きにとって、クルマに乗ることはそもそも損得勘定ではない、とお叱りの声が聞こえてきそうではあるが、実際のところ1台のクルマに10年間乗り続けるのと定期的に乗り買えた...

続きを読む...

【安価でも安全性を無視することなかれ!】100万円台で手に入る自動ブレーキ+α搭載新車4選

安心が手に入る装備が満載でも100万円台で買える時代に!  2021年に新車の自動ブレーキ=衝突被害軽減ブレーキの装着義務化が決まった。だがこれから新車を買うならそれを待つことなく、自動ブレーキ搭載車を買うべきなのは自身...

続きを読む...

寒い時期は車内を暖めるだけ……なら冬場のクルマはA/Cボタンをオフにしたほうがいい?

車内の除湿を行いたいのならエアコンONは必須  寒い季節、クルマに乗っているときぐらいは、温かく快適に過ごしたいもの。車内を温かくするには暖房をつければいい。だが暖房の場合、エアコンのコンプレッサーを回さずに温風だけを出...

続きを読む...

【たかがタイヤ交換と侮るな!】スタッドレスタイヤに自分で交換する際に気をつけるべきポイント9つ

本格的な工具も必要ないため気軽に挑戦しやすい!  気象庁の長期予報によると、この冬は全国的に気温が平年並か高めで、降雪量は北・東・西日本、日本海側で平年並か少ないという見通しだ。ただ爆弾低気圧や突然の大雪に備え、できれば…

続きを読む...

日没何分前が妥当? 雨の日は点灯すべき? 手動ヘッドライトの正しい使い方とは

オートライトを義務化したヨーロッパで早めの点灯の効果が証明  いよいよ来年、2020年4月以降の新型車からオートライトが義務化になる。とはいえ、義務化されるのは新型車だけで(継続生産車については2021年10月から)当面...

続きを読む...

SUVブームで採用が増えているクルマの黒い樹脂パーツ! 白くなるのを防ぐ掃除方法とは

黒い樹脂部分は塗装されていない  以前はバンパーすべてなどに使われていた黒い樹脂パーツ。最近では採用が減っているものの、ピンスポットで使われていたり、ワゴンベースのSUVではタイヤハウスのまわりにいまでも装着されている。...

続きを読む...

クルマに詳しくなくてもたまにはボンネットを開けるべき理由5つ

最低でも各季節の変わり目には一度点検する必要あり  クルマというのは時間が経てば経つほど、そして走行距離が延びれば延びるほど、部品が劣化し消耗していくもの。そのため道路運送車両法により、ユーザーの定期的な点検を義務付けら…

続きを読む...

作動タイミングに満足している人は半分以下! 意外と知らないクルマのオートライト&オートワイパーの感度調整

オートライトの点灯タイミングに満足している人は半分以下  最近のクルマでは標準化が進んでいるオートライトとオートワイパー(※乗用車の新型車は2020年4月、継続生産中の車種は2021年10月から、ロービームの自動点灯=オ...

続きを読む...

「アウト・イン・アウト」は過去のテクニック? レーシングドライバーが解説する本当の意味とイマドキの走り方とは

実際よりも大きなRのコーナーを攻めることができる!  クルマ好きなら、走行ラインについてある程度の知識はあるだろう。サーキット走行などハイスピードでスポーツ走行やレーシング走行を行う際には「アウト・イン・アウト」の走行ラ.…

続きを読む...

デイリーランキング